一応ハッピーだったクリスマス。

今回、私とマサル君は無事にデートに行く事が出来、夕食はフレンチを一緒に食べに行った(12/12の日記?忘れて下さい)。
一般人の悲しさで、本格的なフレンチは初めてだった私達は遠足に来た小学生のようにはしゃいだ。ビバ・ビンボー!
5000円という値段も本格的な所にはさすがに一瞬引いたが、それ以外は平穏無事に過ぎていった…。
しかし、そこはレストランとは名ばかりの修行所のような場所だった。
料理もサービスもまあまあ良かったが、最大の問題が一つ。
遅い!料理の来る間隔が遅すぎる!!
まず前菜が来るのに30分、すぐに平らげて待っていてもさらに40分というように、とにかく待ち時間が長い!何度「わざとかお前~!」とか、「ギブミー・フレンチ!!」と叫びかけたことか。
シーンと静まり返っているから大声でしゃべらないように気をつけなきゃいけないし、ナイフを皿にちょっとこすっただけで怯えた子犬のような目で回りに許しを請わねばならないシックで上品な(椅子を振り上げて暴れたくなる)空気の中、マサル君としょうがなくえんえんと話し続けたのであった。
結局、約2~3時間かけて悪夢の晩餐は終わった。
レジに向かう私たちの鼻息が闘牛の如く荒々しかったのは言うまでもない。
後で調べたら、今回はまだ短いほうで、本格的なフレンチとなると4~5時間かかるのもザラだという。く、狂ってる!あんな無音地獄の食事を何時間も耐えられるフランス国民が、私は恐ろしい!

とりあえず、今度はピソ○ーノとかアットホームと評判なロシア料理の店がいいと言うと、マサル君も力強くうなづいたのだった。

一枚の紙から始まった悲喜劇。

おととい、マサル君の似顔絵を描いた。
落書きのつもりで適当に描いていたのだが、段々物凄く似てきたので、止まらなくなってしまった。
無駄に盛り上がった髪!平行線の目!緩みきった口!
か、完璧ダ…(ジーコの口調で)!
なもんで、マサル君にその絵をプレゼントした。
マサルは往生際が悪いのか自分をミスチルの桜井さん似だと勘違いしているのか、執拗に「違う!俺はもっと男前だ!」などとのたまっていたが、マサルが友人達にその絵を写メールで送って返事をもらってから、私の正当性が確定した。
バイク大好きな職人さんは
「雰囲気が似てる。特にノーテンキなとことか」
と言ったらしいし、
数少ない女友達さんは、
「似てる~」
と肯定しまくったという。
ふははは!どうだ、マサル君!どうやらこの勝負、私の勝ちのようね(←え?!これ、勝負だったっけ?)!
ところが次の瞬間、マサルが発した言葉で私は硬直した。

「お母さんにも見せたよ」

………Σ(゚Д゚;)?!
………………Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)。
………………………ヒィー(((゚Д゚;)))ガタガタ!

マサル君、蒸発していい?

あんこの気まぐれキッチン!その1

え~、という訳で、半年くらい前から料理の楽しさに目覚めた私・あんこが、おいしかったレシピを紹介します。
もともと私は極度の面倒くさがりな為、「おいしい物は作ってもらうに限る!」と、どこの成金オヤジだという態度で通していたんですが、何だか作る楽しみに目覚めてしまいました(笑)。それに、自分で作れると好きな時に手軽に安く再現できる良さもある事に気付いたのもあります。
よかったら、試してガッテン!

*キャベツのアンチョビクリームパスタ*
材料(2人分)
・キャベツ  …大き目の葉を3枚
・ベーコン  …2枚
・アンチョビ …2尾
・にんにく  …1片
・生クリーム …200cc
・牛乳    …200cc
・白ワイン  …適量
・塩、胡椒  …適量
・オリーブ油 …適量
・パスタ   …お好きな量
作り方
1、キャベツを一口大に切り、ベーコンを1cmの拍子切りにする。
  にんにくは包丁の腹で押しつぶしてから中から芯を取り、みじん切りに。アンチョビはみじん切りにしたら白ワインを少々ふって、臭みを消しとく。
2、フライパンににんにくとオリーブ油を入れ、弱火でじっくり火を通す。
この時香りが出るように、フライパンを傾けて油をフチにため、そこでにんにくを揚げるようにして炒ること。
3、にんにくがほんのり色づいたら中火にし、ベーコンを入れる。
こんがりしてきたらアンチョビと白ワインを一回し入れ、よく混ぜる。
4、ソース状になったらキャベツを加えて炒め、しんなりしたら生クリーム、牛乳を入れて煮立て、仕上げに塩・胡椒をふっておく。
5、茹で上がったパスタを4のフライパンに入れ、よく絡めて完成!

以前、マサルが「うまいうまい」と言ってガツガツかっこんでたパスタで、私自身好きな一品。
生クリームや牛乳は人それぞれの好みがあると思うので、お好きな分量に変えてもOK。
カルボナーラほど濃くもないので、クリーム系苦手な人にもオススメです。

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ