おごりと焼肉と私。

「漢字間違えた!給付金を貰わない発言した!」など、どうでもいい首相叩きが過熱化していますね。
…あ、どうもお久し振りです、あんこです。

突然ですが、いきなり目上の方から「何が食べたい?おごるよー」と言われたら何と答えますか?
私は相当親しい人でない限り、ファミレスの格安ランチですね。夜だとしても、ファミレスかラーメン、うどん屋。特に「おすすめの所に連れて行くよ~」とでも言われない限りは絶対にそう答えます。
よく、内心では「おごり?!やったー食いまくるぞ」と思ってついて行く、というご意見をリアルでもネットでも見るのですが、全く理解出来ませんね。異世界の住人に見える。
何故なら、思うがままに飲み食い出来ない状態で何を食べてもちっっともつまらないからです。どんなに気を使うなと言われても、まともな一般人ならそんなに親しくない人に気を使わない訳がない。食べ物とお金の恨み程、怖い物はないですからね。というか、うっかり気を使わなかったりしたら他の人間に「昨日あいつにおごるって言ったら高い店連れて行かされて高い物頼みまくられてさー、礼儀知らずだと思わない?」って陰口のネタにするんじゃないのか、ええっ?!とついつい勘ぐってしまう。

焼肉

こんな私なので、仮に大好きな焼肉屋におごりで連れて行かれた時は悲惨の一言に尽きます(ただし、家族やマサル君の場合は遠慮なしなのでむしろ狂喜の沙汰)。
普段なら焼き上がり次第真っ先に取りますが、おごり主や他の参加者の目を考えると三歩どころか十歩下がってしまい、「あ、お肉焼けましたよ~」と周りに声をかけたり、あまつさえ肉焼き係まで自然にやってしまう。
ご飯も頼めない。焼肉とご飯を一緒に食べるとどうしてもご飯が焼肉のタレによって汚く染まってしまう為「うわぁ」という視線に晒されがちですし、その上どういう訳かおごる人間もメニューを頼む人間もご飯は無視して頼む率が非常に高い。私一人が空気を読まずに頼む訳にもいかず、しょうがないので泣く泣く諦めます。
また、ビールやチューハイの空き具合もつい観察してしまい、「あの~飲み物追加しますか?」などと適度に聞いたりする係までかってでる。こうなると各係とも宴の最後まで責任を持つハメになり、放棄は許されない空気となります。当然、役割に集中する為にお酒はほとんど飲めない状態。
こんな疑心暗鬼と奉仕の精神で気が休まらない訳がありません。結局、深い後悔のまま「おごり」は終了してしまいます。

断っておきますが、こんな事をするのは別に私が世話好きなイイ人だからじゃありません。本当は逆で、やれるものなら肉は焼けた物からほぼ全て自分の皿に取り上げてすかさず食らいたいし、その際にはタレと油の染みたご飯と一緒に頬張りたい。好みが別れる為に敬遠されがちなレバーやホルモンなどの内臓類も忘れず注文して焼きまくりたい(どういうわけか、「私レバーとかって絶対ダメ~!カルビと野菜しか食べれないー」という女はどんな集まりにも呪いのように存在する)。
ビールだって回りにおかまいなしに頼んで最低大三杯は飲みたい。つまみにユッケを頼むのもいい。キムチは白菜のだけでは物足りないから大根やきゅうりのも食べたい(キムチなんて一種類でいいじゃんという空気がおごりの場ではありがち)。
そして終盤になったら、冷麺やクッパかビビンバを〆として食べ、吐きそうなくらいお腹いっぱいになったらレジでお会計後にガムをもらい、幸せな余韻に浸りながら帰路につく。これが私の理想的な焼肉です。…付き合わされる人間はたまったもんじゃないと思いますが。

要するに、私は意地っ張りなくせに人一倍意地汚く食欲旺盛なのです。好きな食べ物は、誰の目もはばかる事なく心ゆくまで味わい尽くしたい。それが焼肉や寿司、レストランの料理などいつもとは違った特別な(なおかつ興奮度の高い)料理なら、尚更。
おごりはおごられる側より、むしろおごる側を立てる為に存在しているのでは、とすら考えてしまう今日この頃。

クッキーを焼いてみた。

あんこクッキー
あんこはあんこらしく、餡子味のクッキーを焼いてみました。
歯ざわりはカントリーマアム風を目指したのですが、焼きすぎてせんべいみたいになってしまいました。無念。味はまあまあでした。

○追記
前回の記事の写真が携帯で見られないことが判明したので、写真を変更して再度アップしました。

あんこの優雅なるディナー

これを書けば我が破滅。
だが、あえて書こう。
この記事はあからさまな自慢であると!
どうも、あんこです。
今日は昨年食べに行った5000円のクリスマスディナーについて詳しく書こうと思います。

場所は、毎度お馴染みの料理はいいのに何故かいつも空いている洋食レストラン。雑誌でも何度か取り上げられているのにあまりにもお客が少ないので(土曜の午後など貸し切り状態の時もあった)、マサル君とは「いつ潰れても驚かない店」だと囁き合っている。

それでは、味の感想と写真を羅列する事にします。
あくまで記録用なので、言葉足らずかもしれませんが、どうか御容赦を…。

スペシャルディナー(5000円)

☆オードブルの盛り合わせ
オ-ドブル
上から時計回りにローストビーフ、マグロのマリネ、スモークサーモン、キス南蛮、合鴨ロースト、中心はほっき貝のサラダです。
どれも手が込んだ物ばかりでとても美味でした。
今回注目したのはローストビーフ、マグロのマリネ、ほっき貝のサラダです。
ローストビーフは相変わらず肉の旨みが凝縮されていて安定したおいしさでしたし、マグロのマリネは酸味のきいたソースが絶妙で良かったですし、ほっき貝のサラダは魚卵の入ったオリジナルマヨソースが興味深くておいしかったです。

☆ミネストローネ
スープ
トマトの甘みが活かされた味でした。中心部に落としてあるサワークリームの酸味がスープの旨みを際立たせていて、とてもおいしかったです!あと、個人的にレンズ豆が入っていたのがポイント高かったです。

☆海の幸のムニエル 二色のソース
魚料理
これは本当にいい仕事がされてました!お肉料理が売り物の店なのですが、不思議とここは魚料理もすごくおいしい。
写真が小さいので分かりにくいかもしれませんが、上から海老(半生ボイル)、白身魚(恐らく鱈、バターでソテーしてある)、それに包まれたサーモン、一番下にはエリンギや色とりどりのピーマン、ピンクペッパーが敷かれていての四層になっています。ちなみにソースは、レモンバターとトマトの二種類です。手間かけているな~とちょっと感動しました。
二色のソースに三種の魚介類をつけながら食べると、まさに絶品。海老はぷりぷり、白身魚はしっとり、サーモンは肉汁がジュワッとしていて、未だに忘れられない味です。
正直、今回一、二を争うまで印象に残ったのがこの料理です。

☆モッツァレラと野菜のサラダ
サラダ
モッツァレラがとてもいい物で、多分水牛の乳で作られた本物のチーズを使っているなと思いました。
適度な弾力と牧草が香ってきそうな独特な風味、乳製品ならではの優しい甘みが新鮮な野菜とバルサミコで作られた特製ドレッシングにマッチしていておいしかったです。

☆佐賀産黒毛和牛のロースステーキとライス
肉料理
これも本っ当においしくて、思い出すたびにうずうずしてくる味です。
焼き加減はミディアムレアで、とろけるほど柔らかい肉を噛み締めるごとに、癖がないとてもジューシーな肉汁が溢れてきて言葉を失うくらい美味でした。
また、別器にたっぷり盛られてくる和風のステーキソースがこれまた絶品で、さっぱりしているのにコクのあってご飯がすすむ味でした。また、付け合わせの手作りフライドポテト、にんじんグラッセ、ボイルされたコーン(すごく甘い。多分、丸ごと茹でたとうもろこしから丁寧に包丁で切り落としてるんだと思います)もすごくおいしかったです。
今回食べた中で一番満足したのが、このロースステーキです。

☆ケーキとアイスのフルーツ添えとコーヒー
デザート
驚いたのが、このアップルパイ。何と焼き立てでした!
まだ温かいりんごとサクサクの香ばしいパイ生地に、カスタードソースのかかった冷たいチョコレートアイスをつけて食べるととっても幸せになりました。恥ずかしい事に、今まで焼きたてのパイという物を食べた事がなかったのですが、今回初めて食べてみてそのおいしさにびっくりしました。
また、そえられていたイチゴ、キウイ、桃などのフルーツも甘くてとてもおいしかったです。
コーヒーも香り高く、文句なしでした。


おまけ
☆なすと挽き肉のスパゲティ
スパゲティ
これはコースだけでは物足りないと思ってマサル君と半分こにした料理です(ステーキが運ばれる前にきました)。
なすは素揚げにされていてトロトロになっており、挽き肉の入ったミートソースはすごく濃厚で、赤ワインの風味が活きていてとてもおいしいスパゲティでした。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ