『旬~味彩の匠~』の“焼地鶏丼”を再現!

「自分は絶対○○だ、××な事はしない」と言う人は、その後の人生で自分の言葉に復讐されてる率が高い気がします。七つの大罪の内の「傲慢」をこれ程如実に表す言葉はないので、罰がくだりやすいのかもしれませんね。私もそんな事がないよう、気をつけたいと思います。
こんにちは、あんこです。

本日再現した漫画料理は、『旬~味彩の匠~』二巻で地鶏丼勝負の際に主人公の対戦相手・老舗「とり政」の職人がこだわりの地鶏をふんだんに使って作った“焼地鶏丼”です!
焼地鶏丼図
余分な脂がないのに肉汁がたっぷりな極上の地鶏・奥久慈地鶏の胸肉ともも肉を半分ずつ使って歯ごたえの違いを楽しめるようにしたり、じっくり甘辛醤油を塗りながら炭火焼きにして肉の旨みを引き出したりと、かなりおいしそう(´Д`*)。絶対に試したい!と前々から思ってました。
地鶏肉の工夫
焼地鶏丼の調理法

ではレッツ再現!
今回使う鶏肉はもちろん奥久慈地鶏!と言いたいところだったのですが、なかなか納得出来るお店や通販サイトがなかったので、この日記の時に(詳しくはリンク先をどうぞ)同時にお取り寄せした最上の比内地鶏のお肉を使用してみました(なので、実はこの記事は書き溜めしてたものです;)!卵がおいしかったので、お肉も期待大。
焼地鶏丼1
この比内地鶏の胸肉ともも肉を一口大に切り、軽く塩を振ったら焼き鳥風に焼いていきます。本来なら炭火焼きすべきなのですが、今回は遠赤外線効果がある焼き網で焼いてみました。
焼地鶏丼2
表と裏が軽く焼けたら、自家製かえしとみりんを1:1の割合であわせて作った特製甘辛醤油タレにつけ、更に焼きます。
焼地鶏丼3
焼地鶏丼4
この時、約一時間水に浸しておいたコシヒカリを炊飯器に入れ、炊飯のスイッチを押しておきます。
焼地鶏丼のご飯
五~六回程鶏肉にタレを付けながらひっくり返し、表面にこんがりした焼き色がついてきたら焼き上がりです。
ちなみに、この画像は第二陣のお肉です。最初の内は串焼きにしながら焼いていたんですが、焦げる部分と生焼けの部分にわかれやすかったため、やむなく途中からそのまま焼くことにました。
焼地鶏丼5
ここまでタレが染み込んで焼けてくると、台所中タレと鶏肉の脂のいい香りが充満してきてお腹が刺激されました。つまみ食いしたい誘惑を抑えながら、黙々と焼き作業…。
焼地鶏丼6
地鶏肉が全部焼ける頃、甘い湯気をあげながらご飯もいい具合に炊き上がりました。
焼地鶏丼7
このご飯を丼に盛って特製甘辛醤油タレを適量かけ、さらに焼き地鶏肉をたくさん乗せて仕上げに刻み海苔を上からパラパラ散らしたら、あんこ限定“焼地鶏丼”の完成です!
せっかくなので、お店っぽく飾ってみました(右の器には何も入ってません^^;。お客さんに出したらクレーム必須)。
焼地鶏丼8
照り照りの地鶏肉がおいしそう…(´Д`;)ハアハア。こうしている間にも焼き鳥特有の香ばしい匂いがたまらなかった為、撮影もそこそこに食べる事にしました。それでは、いただきまーす!
焼地鶏丼9

お、おいしい…おいしすぎる(´;ω;`)ウッ。
とにかく、地鶏肉ばんざーい!焼き鳥ばんざーい!!な出来でした。さすが高いだけあって、こだわって育てられた比内地鶏の焼き鳥は相当においしかったです。ものすごく弾力があるんですが決してかたくなく、逆に噛めば噛むほど濃い肉汁と脂と旨味がにじみ出てきます。この脂がまた上品かつコクがあり、いくら食べてもしつこく感じなかったのが印象的でした。
あと、炭火風味に焼き上げられた皮がパリパリと味わい深く、香ばしかったです。特製甘辛醤油タレも、ふっくらとしたコシヒカリのご飯や地鶏肉によく合っており、我を忘れてバクバク食べました。しっとりしたもも肉と、グイグイと歯を押し返すような胸肉の食感の違いの楽しさもあり、満足度の高い一品です。
今回の実食にはマサル君も参加していたのですが、「うまい、うまい!」と言って食べていました。
すぐに完食。ごちそうさまでした!

以前作った“地卵ダブル丼”と“焼地鶏丼”なら、正直私はこっちを選ぶと思います。
やはり、肉の旨味は充実感もボリュームも半端ないです。卵のおいしさも確かに捨てがたいですが、こちらの方が調理法も味付けも完成しているような気がするので、そこを評価したいです。
もっとも、作中でのお値段設定は前者は300円、後者は1000円ですから、なかなか難しい選択ですが…。比内地鶏のお肉、送料も入れると結構なお値段でしたしorz。相方・マサル君が食べ終わった後、「確かにすごくうまいけど、値段からすると一回食べて満足って感じかな~。もう少し安かったらいいと思う」と言っていたのに、深く頷きました。
銘柄鳥で地鶏に近いくらいおいしくなるよう、何度か試行錯誤してみたいです。

●出典)『旬~味彩の匠~』 高倉みどり/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

おすすめ名作漫画!~SF漫画編~

久々に名作漫画をまとめてみました。今回はSF漫画です。

●SF漫画
○ARMS/皆川 亮二
ARMS
皆川先生の代表作の一つ。最初から最後まで綺麗にまとまっており、とても面白いです。帰還編に入った時はどうなる事かとハラハラしていましたが、どんでん返しで見事に収束させてくれました。かなりおすすめです。

○アウターゾーン/光原 伸
アウターゾーン
不思議な世界への案内役ともいえるミザリィが魅力的。そして、オムニバス形式の話も同じくらい魅力的です。一見の価値はあると思います。この作品の原型となった『マジック・セラー ~ラスト・コール~』も収録されており、それもおすすめ。

○レベルE/冨樫 義博
レベルE
たった三巻とは思えないくらい内容が詰まっていて面白いです。宇宙人の天才バカ王子の破天荒ぶりと、それに対する主人公の突っ込みが秀逸。原色戦隊カラーレンジャー編で笑い、食人鬼編で考えさせられました。

○バオー来訪者/荒木 飛呂彦
バオー来訪者
一部読者からはジョジョよりも好きだと言われるほど、未だに人気が高い名作。二巻という短さでよくここまで書き上げたと思います。設定もストーリーもよく、破綻している箇所が皆無なため安心して楽しく読めます。

○大奥/よしなが ふみ
大奥
男女逆転大奥のお話。実際にありえたかもと思わせられるほど説得力があります。歴史というものはこうやって紡がれていくのだなと感心させられました。これからどう決着をつけさせるのか注目の作品です。

○ククルカン/高田 慎一郎
ククルカン
マイナーですが、かなりオススメな作品です。軍隊要素アリ、恋愛要素アリ、ギャグ要素アリで、うまくまとめられていると思います。ラスト近くでファンタジー要素が入ってきて少し無茶な展開になったのが気になるところですが、それでも十分秀作だと思います。

『ミスター味っ子』の“一馬のほうれん草の冷やし中華”を再現!

ようやく『ベルセルク』の連載が再開しました。三浦先生は休めば休むほど「復帰したらまたクオリティが高い回を書いてくれるんだろうなあ」とワクワクさせてくれるので、半年近く休載でもあまり痛痒は感じませんでした。いつ最終回になるのか分かりませんが、せめて私の孫が終わりを見届けてくれたらいいな~と思う今日この頃。
あ、こんにちはあんこです(恐らく、三浦先生は某先生のように影武者を残してくれると思うので…)。

今回挑戦する漫画再現料理は、『ミスター味っ子』で冷やし中華勝負の際に一馬が出した“ほうれん草の冷やし中華”です。
ほうれん草の冷やし中華図
冷やし中華勝負で出品された中で、一番おいしそうだなと思ったのがこの冷やし中華です(未だに主人公が出した金魚の冷やし中華は不気味に見えてしまいます…)。ラー油醤油という失敗のなさそうな味付けといい、柔らかく蒸して調味した鶏の胸肉という具の選択といい、無難でありながらもすごくおいしそうだったので、作る前からかなり期待してました!ラー油も鶏胸肉も大好きなので、味が楽しみです(^^)。
冷やし中華の調味料

それでは、早速料理に入ります。
今回、偶然はかた地鶏の胸肉を購入することが出来ましたのでそれを使用してみました。一馬自身「素材にこだわっている」みたいな事を言っていましたので。
ほうれん草の冷やし中華1
皮や余分な脂肪を取り除いた後、しょうがとねぎを入れた湯で柔らかく茹でます。絵を見る限り、鶏肉の調理法はバンバンジーのタレ抜きのような感じだったので、バンバンジー風の調理にしてみました。
ほうれん草の冷やし中華2
肉に火が通ったら冷めるまでそのまま放置しておきます(すぐに湯からあげると、肉汁が出てパサパサになるそうです)。
ほうれん草の冷やし中華3

この間、冷やし中華のタレ作り。
作中に合ったように、長ネギをたっぷり刻んで用意しておきます。
ほうれん草の冷やし中華5
ボウルに長ネギやラー油、醤油、鶏がらスープ、酢などを各適量入れて泡だて器でよく混ぜたら、タレの出来上がりです。
ほうれん草の冷やし中華6
この頃にはもう鶏肉は大分冷めていたので、細く切っておきました(茹でた後の湯は味付けし、スープにして飲みました。即席にしては美味でした)。
ほうれん草の冷やし中華4

いよいよ、麺を茹でて仕上げです。
作中では幅広のほうれん草を練りこんだ麺とありましたので、ほうれん草味のフェトチーネを使用しました。一馬君が言うには、幅広の麺を使う事によってタレが麺に絡みすぎず、絶妙な味になるのだそうです。
ほうれん草の冷やし中華7
この麺を熱湯で茹で、ちょうどいいかたさになったら冷水でキュッとしめます。
ほうれん草の冷やし中華8
麺を皿に盛り付けて上からタレをたっぷりかけ、鶏の胸肉を飾り付けたら“一馬のほうれん草の冷やし中華”の完成です!
ほうれん草の冷やし中華9ほうれん草の冷やし中華10

では実食。まずは麺から。
うん、麺にコシがあっておいしい!一馬君が言った通り、タレが絶妙な量だけ麺に絡んで口の中に入ってきます。冷やし中華のタレもピリッと辛くてさっぱりしており、今まで手作りした中で一番おいしいタレになっていました。あと、長ネギの爽やかな食感がタレと麺にピッタリ合っていていい感じです。
ほうれん草の冷やし中華11
お次は、メインの鶏の胸肉バンバンジー風。これもブラボー(須原椎造風)!柔らかくしっとりと仕上がっており、一安心。淡白な味わいの鶏胸肉に濃いタレがマッチしており、おいしくいただけました。これは一品料理として作ってもいいと思います。酢と鶏肉って相性がいいです。
ほうれん草の冷やし中華12

さすがミスター味っ子の最大のライバルが作っただけあるなと思いました。大満足です(´∀`)。

●出典)『ミスター味っ子』 寺沢大介/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

『大江戸きっちん』の“浅利御飯”を再現!

お土産に頂いた「荒城の月」のあまりの旨さに悶絶しました。濃い玉露に合う和菓子は、やっぱりいいですね。ケーキもいいですが。ただ、不思議とポッキーとかのお菓子は昔からあまり好きではありません。
どうも、あんこです。

今回挑戦する再現料理は、江戸時代へタイムスリップしてしまった老舗料亭の若旦那が、ご先祖様のお店を復興させようと奔走する漫画・『大江戸きっちん』にて、ご先祖様が若旦那に作ってあげた“浅利御飯”です。
浅利御飯図
元はと言えばご先祖様のまかないに過ぎなかった料理ですが、若旦那のいる現代では常連さんから長く愛されている立派な看板メニューとなっています。シンプルながらもアサリの出汁がご飯全体にきいていて、それが従業員からお客さんにまで幅広く人気なのだとか。この話を読むと、過去から未来までに受け継がれる人と人との繋がりをひしひしと意識させられます。
隠れメニュー
『大江戸きっちん』は料理漫画界の隠れた名作だと思います。よろしければ、是非探して読んでみてみてください。

ということで、早速再現調理を始めます!
今回使うアサリは、大粒の地アサリ。普通のアサリより身も出汁もいいので助かります。このアサリを一晩前から塩水で砂抜きさせておき、あらかた砂をはかせ終えたら殻と殻をこすり合わせながら洗います。
浅利御飯1
アサリの細かな汚れが取れたら、水と酒と醤油を加え昆布を敷いた土鍋の中に入れ、フタをして強火にかけます。
浅利御飯2
アサリの口が開いたら少し冷まして身を落ち着かせます。
浅利御飯3
その間、三つ葉をちょうどいい大きさに刻んでおきます。
浅利御飯4
アサリと出汁がぬるいくらいに冷めたら、ザルでこしてアサリと汁に分けます(汁はキッチンペーパーで再度こしておくと仕上がりが断然違ってきます)。アサリはこの時、殻から身を外しておきます。
浅利御飯5浅利御飯6
汁に砂が残っていなかったら、この出汁でご飯を炊いておきます(濃い目の味が好きな方は、醤油や塩でさらに濃く調味して下さい)。ご飯が炊けたらすぐに、別に分けといたアサリの剥き身を入れて混ぜ、ちょっと蒸らします。
浅利御飯7浅利御飯8
程よくなじんだら三つ葉を散らして混ぜ、“浅利御飯”の完成です!出来上がった時、辺りに三つ葉とアサリのいい香りがしてすごく癒されました。
浅利御飯9浅利御飯10
それでは、実食。いただきます!
浅利御飯11

感想。おいしい!ご飯もアサリもふっくらウマー!!
これは定番になりそうです。ご飯がアサリの出汁を吸って味わい深い味になっており、いくら食べても飽きません。そしてアサリの方も、噛めば噛むほど旨味が溢れてきます。ふっくらとして柔らかいので、噛むのに疲れることもありませんでした。
あと、三つ葉の清涼感溢れる香りや、シャキシャキした歯ざわりがいいアクセントになっていました。あるのとないのとでは、大分違ってくると思います。一見単純ながらも奥が深い料理で、感心しました。

ついでに、作中でおにぎりにされていたシーンもあったので試しに握ってみました。
浅利御飯12
浅利御飯13
おこげが出来ていたので、そこの部分も一緒におにぎりにしました。パリパリしてとてもおいしかったです!

●出典)『大江戸きっちん』 ながはまとしみ/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

『ミスター味っ子』の“下仲主任のサラダ風冷やし中華”を再現!

最近、迷惑メールが多くなりました。一番面白かったのは、「寂しいアナタ、心も体もすっきりする関係はどうですか?」です。「寂しかったらすぐにアッチ方面へ逃避か。お前がいない方がすっきりだよ」と小一時間(ry。
こんにちは、あんこです。性格の悪い管理人ですが、よろしくお願いします。

本日再現してみる漫画料理は、『ミスター味っ子』初期で陽一君が参加した冷やし中華勝負の際に、対戦相手の一人だった下仲主任が出した“サラダ風冷やし中華”です。
サラダ風冷やし中華図
この冷やし中華の特徴は野菜が沢山入っている所で、クレソン・アルファルファ・カイワレ・レタス・アサツキなどの多様な野菜が大量に使われていました。野菜を多く使う事で爽やかさを演出し、具にローストビーフ、タレにフレンチドレッシングを使う事でフランス風の味に仕立てあげたそうです。下仲主任曰く、「フランス料理の一品としての冷やし中華!それが私の結論」「フランス料理こそが世界の料理の帝王だ!」というのが持論で、セオリーに沿った冷やし中華を作る気にはどうしてもなれなかったとの事でした。
…その割にはあまりフランスらしい野菜(エシャロットとかアーティチョークとか)がないのですが、あまり突っ込まないでおきます(アサツキとかもろ日本じゃ…←まだ言ってる)。
サラダ風冷やし中華の野菜
まあそれはともかく、見た目は結構おいしそうだったので早速再現してみようと思います。

そういう事で、再現調理始め!
まず、作中に書いてあった野菜を用意し、水洗いをしておきます。残念ながらアルファルファが手に入らなかったので(3軒スーパーを回りましたがありませんでしたorz)、準備出来たのはクレソン、カイワレ、レタス、アサツキの四種類です。
サラダ風冷やし中華1
野菜から水気が切れたら、程よい大きさに切っておきます。
サラダ風冷やし中華2
次はドレッシング作り。
フレンチドレッシングを調べてみたところ、マヨネーズやケチャップがベースとなった一般的なフレンチドレッシングはアメリカ発祥の物で、本場のフレンチドレッシングは「ヴィネグレットソース」という酢・油・マスタード・レモン汁を和えたシンプルなものである事が分かったので、それを作ってみました。
ただ、万が一のために普通のフレンチドレッシングも買っておきました(キュー○ーのです。残念ながらうっかり写真を撮り忘れてました…)。
サラダ風冷やし中華3
この間、簡易なローストビーフも作りました。使用した肉は、牛もも肉のブロックです。
サラダ風冷やし中華4サラダ風冷やし中華5
ローストビーフを薄く切って冷やしたら、細いちぢれ中華麺を茹でておきます。
サラダ風冷やし中華6サラダ風冷やし中華7
茹で上がったらザルにあけ、流水と氷で徹底的にぬめりを洗い流します。
サラダ風冷やし中華8
器に野菜、ローストビーフ、麺を盛り、ドレッシングをやや多めにかけて完成!
見た目はとてもおいしそうなので、期待大!!
サラダ風冷やし中華9
では、いただきまーす。ズルズル、シャクシャク…。


・・・・・・・。
ぐぐぐ…。


う~ん、微妙。マズイというか、ひたすら微妙です。もしかしたらドレッシングのせいかと思い、アメリカ風のフレンチドレッシング(○ューピー製)をかけても結果は同じでした。
野菜とローストビーフはむしろドレッシングとよく合っていておいしいのですが、いかんせん中華麺との相性が壊滅的に悪いです。ずっと口の中でいがみ合ってました。麺自体はツルツルシコシコしていてとてもおいしかっただけに、すごくもったいなかったです。
見た目は良くても、食べてみると「………(黙ってムシャムシャ)」という料理の典型例でした。
単に私の腕が悪かっただけかもしれませんが、今回は失敗です。無念。
何か悔しいので、今度は一馬の冷やし中華でリベンジしてみたいと思います。

●出典)『ミスター味っ子』 寺沢大介/講談社
     『DEATH NOTE』 原作:大場つぐみ 作画:小畑健/集英社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ