FC2ブログ

『ホットドックの丸かじり』の“一月十四日の鯛茶漬け”を再現!

今朝ニュースで、座敷わらしの宿が復活しつつあると聞き知ってほっとしました。全てのオカルトを信じる訳ではありませんが、この世には説明できない何かがあってもおかしくない(むしろないとつまらない)ので、座敷わらしがまた出没するといいなと思います。
どうも、UMAとかも興味があるあんこです。

今回作ってみる再現料理は、『ホットドックの丸かじり』にて東海林さだお先生が一月十四日に食べる事を提唱している特製の“一月十四日の鯛茶漬け”です!
めでたい鯛茶漬け図
作中で東海林先生は、「一月七日に食べるのが伝統になっている七草粥は淡白で物足りない」と嘆いており、それならいっそ一週間後の一月十四日をお茶漬けの日とし、こってりではなく物足りる程度のボリュームを持つお茶漬けを食べる事にしてみてはどうかと主張していました。確かに、お正月はお雑煮や煮物が何日か連続で出る確率が非常に高く(大量に作るので、一回で全部食べきれないのが原因かとorz。我が家の場合、雑煮・筑前煮・黒豆が四~五日間必ず夕食に出ます。好きなのでいいんですが^^;)、甘辛い味には食傷気味になりがちなんですよね…。
そんな時、豪華過ぎでも所帯じみてもなく、おまけに「めでたい」鯛茶漬けを食べると、東海林先生曰く「そう、そう」「まさに正月二週目のお茶漬け」といった感じで胃にぴったりおさまるのだそうです。ちなみに、味付けはすりゴマ醤油ダレです。
鯛茶たい!
作り方も簡単でしたし、何より私の胃が「お茶漬けを…!」とさっぱりした物を欲していたので、早速再現してみようと思います(一月十四日まで我慢しきれなくてすみません;)!

そういう事で、レッツ再現調理!
まずは、タレの準備。白ゴマをフライパンで軽く炒った後すり鉢に入れ、すりこぎでゴリゴリすりゴマ状になるまですります。すっている時、白ゴマの香りが立ち上ってすごく魅惑的です(´Д`*)。
鯛茶漬け1
ボウルに先程のすりゴマ、醤油、みりん、酒を加えてよくかき混ぜます。これで、タレの出来上がりです。
鯛茶漬け2
このタレに鯛の刺身を漬け込み、五分くらいそのままにしておきます。
鯛茶漬け3鯛茶漬け4
時間がたったら、味が染みた鯛の刺身をお茶碗に盛っておいたご飯(ホカホカに温めておくのを忘れずに)の上に乗せ、真ん中にワサビを飾ります。
鯛茶漬け5鯛茶漬け6
その上に熱いお茶を注いだら、“一月十四日の鯛茶漬け”の完成です!
鯛茶漬け7
もわもわと漂う、ゴマと醤油とお茶の匂いがついた湯気がたまりません…。完成図だけを見たら、とても約十分で出来たとは思えません!
鯛茶漬け8
それでは、いざ実食!いただきまーす!

さて、味の感想は…かなり美味。あまりの旨さに、恍惚となります。
すりゴマの油分と香ばしさが醤油ダレにまんべんなく溶け込んでおり、これがお茶に混ざると何とも形容しがたい複雑なコクと香りが生まれます。この風味豊かなゴマダレ出汁と、熱いお茶によって半生状態にしゃぶしゃぶされた鯛、全体に程よい辛さをきかしているワサビ、そしてそれらの旨味を存分に吸いこんだご飯が絶妙に合っており、たまらず一気にかっこむと得も言われぬような深い味わいが口の中をゆっくり満たしていきます。濃過ぎず薄過ぎずで、「これぞ世界に誇れる日本食」と断言出来る味でした。
あと、鯛の食感がどれ一つとして同じになっていないのが食べていて楽しく、ある物は生っぽくてプリプリと弾力があり、またある物は熱が入ってホロリと崩れ、またまたある物はその中間でしっとりしているという具合でした。これがまたお茶漬けにぴったりで、実に癒されます。
これ以上は私のつたない語彙力では到底語りきれないので、東海林さだお先生の的確な文章を『ホットドックの丸かじり』から引用すると、「熱いお茶によって、胡麻だれ醤油のきつい味がゆるむ。(中略)ゆるんで、そして熱い。熱くて、ときどき忘れていたお茶の香りが顔を出し、そのお茶には刺身に含まれていた胡麻だれ醤油の味が少し溶け出していておいしいスープになっており、そのスープと共に熱いゴハンをすすりこむと、ワサビがツーンとその存在を主張する。白身の刺身としての鯛は、鮪などとちがって少し歯応えがあり、ゴハンの粒といっしょに少し噛まれて口の中を流れていく」といった感じでした。

お雑煮やおせち料理でぐったり、お酒で荒れ気味だった胃がすっきり浄化されました。皆さんも、よろしければ一月十四日の「お茶漬けの日」(東海林先生私設)に是非鯛茶漬けを試してみてください(^^)。

●出典)『ホットドッグの丸かじり』 東海林さだお/朝日新聞社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『どんぶり委員長』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『ミスター味っ子』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『BAR・レモンハート』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ