FC2ブログ

『美味しんぼ』の“煮込み餃子麺”を再現!

成人女性が「女子」と自称他称されていたり、「歴史の本を読むのが好きです」と言うと「歴女なんだ~」と返されるおかしな風潮に、何だかむず痒くなってきている今日この頃(マスコミのおかげですね、ほんとうにありがとうござry)。おととい、早くもっとマシな呼び名が出来たらいいのにね~と相方・マサル君に話すと、「じゃあ、おなごってのはどう?」と返されました。うへっ、おなごとは恐れ入った(by野武士のグルメ帯文)。
どうも、何かと言うとゴローちゃんを思い出すあんこです。

今日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』の東西新聞社恒例の「夜食自慢大会」にてある社員が紹介した“煮込み餃子麺”です!
煮込み餃子麺図
作中では、実に様々な人達が「自分の夜食が一番!」と言わんばかりに自作の夜食を紹介していたんですが、中でも異彩を放っていたのがこの“煮込み餃子麺”です。作り方は手軽で(餃子を一から作るのでしたらそうでないかもしれませんが;)、焼き餃子をお湯で煮たものの中に中華麺、醤油、ラー油を入れてざっと混ぜるだけで出来上がります。
煮込み餃子麺作り方
スープには何も手を加えない為、本当に単純な作り。しかし、ブラックさんは「このざっかけなさが嬉しい」と述べており、他の社員さんも「こんなのありかよ」「でもうまい」と好評でした。
餃子麺を食べたブラックさん
何だか気になったので、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、餃子作りから。今回も餃子のあんは前の餃子作成の時と同じく、こちらの方のレシピを参考にして作らせていただきました(私の場合、あんは調味料を入れる前に挽き肉と塩だけで白っぽくなるまでよく練り上げたり、時々エビのぶつ切りを入れたりします。中華スープの素をお湯で溶いたものを入れてもジューシーになっていいです)。ちなみに、ニラをうっかり買い忘れてしまったのでニラなしバージョンになってしまいました…無念;。
このあんを、餃子の皮へせっせと包んだら、とりあえず餃子の出来上がりです。実を言うとこの包み作業、昔から大好きなのでかなり楽しんでしました(^^*)。
煮込み餃子麺2煮込み餃子麺3
この餃子を、ホットプレート(フライパンでも十分OK!)でこんがり蒸し焼きにします。ちょっと蒸しの行程が不十分だったせいか皮が少しカチカチになってしまいましたが、後々“煮込み餃子麺”にする時にはふやけてちょうどよくなる為、ここではあまり神経質にならなくても大丈夫です。
煮込み餃子麺4煮込み餃子麺5
煮込み餃子麺6
この餃子を小鍋で沸かしたお湯の中へ投入し、沸騰したらあらかじめ硬めに茹でて湯きりしておいた中華麺を加えて少し煮て、醤油、ラー油で好みの濃さに味付けします。
煮込み餃子麺7煮込み餃子麺8
煮込み餃子麺9煮込み餃子麺10
麺がいい硬さになったら餃子やスープと一緒に器へ移し、仕上げに刻んだ白ネギを散らせば“煮込み餃子麺”の完成です!
煮込み餃子麺11
餃子の刺激的な匂いがふわ~っと香ってくるのがたまりません。つるっとした光沢を持った焼き餃子も想像以上においしそうで、これは期待が持てそうです。
煮込み餃子麺12
それでは、麺が伸びないうちにいざ実食!いただきます!
煮込み餃子麺13

さて、味の感想ですが…旨し!意外とちゃんとした味でよかったです!
スープは餃子からいい塩梅に出汁が出ており、なかなかの味へと仕上がっています。肉汁のコクと白菜の甘味、そして皮のとろみが控え目に溶け出しており、ツルツルの麺と実に合っていました。シャキシャキと小気味よい刻みネギ、ラー油のピリッとした辛さも全体を引き締めるいいアクセントになっていますし、この味が即席で出来るとは驚きです。スープ単品だけで楽しむにはちょっと薄過ぎるかもしれませんが、そのあっさりした後味は麺と餃子を引き立てるのに成功しているので、これはこれでありだと思いました。
あと餃子は、旨味がギュッと濃縮された餡のなめらかな食感と、クタクタに煮込まれてツルンッとしている皮の舌触りが心地よく、ちょっと味が濃い目なワンタンみたいな感じでした。一回こんがりと焼かれた分普通に茹でただけの餃子よりも香ばしく、水餃子とはまた違った魅力を持っています。このワンタン風焼き餃子が中華麺と非常に相性ぴったりで、するすると食が進みました。考えてみれば、ラーメン&餃子セットというメニューがあるくらいですし、合っていて当たり前の組み合わせなのかもしれません。

スープに鶏がらスープの素を加えて濃い目の味付けにしたり、溶き卵を入れたりしたりなど、様々なアレンジを施してみたらもっとおいしくなりそうです(このままでもあっさりしてるので夜食にはいいのですが)。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『どんぶり委員長』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『ミスター味っ子』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『BAR・レモンハート』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ