FC2ブログ

『風流つまみ道場』の“ボイルエビ料理三種”を再現!

『ARIA』を久々に読み返していると、紙容器に入っているじゃがバターが無性に食べたくなりました。屋台で売られている食べ物って、どうしてあんなにおいしそうなんでしょう…是非とも解明したい謎です(´Д`*)。
どうも、鉄板でカリカリになるまで炒められた縁日焼きそばが結構好きなあんこです。

本日再現する漫画料理は、『風流つまみ道場』にて錦ちゃんがある春の夜の晩酌メニューとして用意した“ボイルエビ料理三種”です!
ボイルエビ料理三種図
本作の主人公・錦ちゃんが、記念すべき単行本第一話の中で「春が来ると、何となくおめでたい気分になるよな」と言いながら作ったのがこの三品のおつまみ。「おめでたいといえば、エビ!なんたって長寿の縁起物だからな」という理由でエビ尽くしにしたそうですが、確かにあの紅色とピンクが混じったような色合いは、見ていると気分的に華やぐものがあります(^^)。
料理名は「エビマヨ」「エビタマ」「エビカツ」で、どれも短時間で出来る割には手がかかっているように見える料理ばかりなのが嬉しいところです。使うエビはこれまたお手軽で、普通のスーパーでパック詰めにされて売られているボイルエビでいいのだとか。これなら価格も安い上に、下処理をする手間を省いてすぐ調理に入れるので、忙しい時に重宝しそうです。
ボイルエビで簡単おつまみ
しかし、最初の方こそ錦ちゃんは料理の上出来さに「うははは~、春のエビ尽くし晩酌は極楽だなぁ~っ」とご機嫌だったものの、ついうたた寝している時におじいちゃんになっても一人でおつまみを作っているという夢を見てしまい、「あんな老後は寂しすぎる!誰かつまみ作ってくれ~!」と独り身の辛さを叫ぶのでした…;。
晩酌も慣れるとなかなか楽しいものですが、錦ちゃんの言う通りそれが毎日ずーっと続くとなると、ちょっと張り合いがないかもしれませんね(´∀`;)。
春のエビ尽くしは最高!before

錦ちゃん、ただ今彼女募集中の独身after
エビは好物なので、前々から試してみたいと考えていました。詳細なレシピもある事ですし、早速再現してみようと思います!

そういう事で、レッツ再現調理!
まずは、ボイルエビの準備。生エビから殻と背ワタを全て取り除き、多量の水と少々のお酒を入れて沸騰させておいた鍋へエビを投入し、数分間茹でます。エビの色が赤く変わって火が通ったらザルにあけ、水気をきります。これで、自家製ボイルエビは出来上がりです。
※本来なら、原作に対して忠実に再現する為にもボイルエビを購入するべきだったんですが、せっかくなので自分で作ってみました。再現度が低くてすみません。
ボイルエビ料理三種1ボイルエビ料理三種2
ボイルエビ料理三種3ボイルエビ料理三種4
次は、いよいよおつまみ作り。
一つ目は、エビマヨ。アスパラのはかまと下部三センチの皮を包丁でそぎ落として二~三センチ幅の長さに切り、塩入りのお湯で適度に茹でておきます(ブロッコリーや絹さやで代用してもいいそうです)。
ボイルエビ料理三種5ボイルエビ料理三種6
殻むき済のボイルエビはボウルに入れて塩、こしょう、料理酒をふり、よく混ぜて味をなじませます。
ボイルエビ料理三種7ボイルエビ料理三種8
油をひいて熱したフライパンにさっきのボイルエビとアスパラを加えて手早く炒め、マヨネーズと豆板醤を入れてさらに炒め合わせます。豆板醤とマヨネーズが混じってソースっぽくなったら火を消し、お皿へ盛ればエビマヨの出来上がりです!
ボイルエビ料理三種9ボイルエビ料理三種10
ボイルエビ料理三種11
二つ目は、エビタマ。殻むき済のボイルエビを包丁で細かくしすぎない程度にたたき、溶き卵と長ネギのみじん切りが入っているボウルに投入してざっと混ぜます。途中、軽く塩味をつけておきます。
ボイルエビ料理三種12ボイルエビ料理三種13
油をしいて熱したフライパンに先程のエビ入り卵液を流し込み、片面が焼き固まってきたら両端を折りたたんでひっくり返し、中がちょうどいい半熟状態になるまで火を通します。形を整えて食べやすい一口サイズに切り、醤油をかけた大根おろしと一緒にお皿に盛り付けたらエビタマの出来上がりです。
ボイルエビ料理三種14
三つ目は、エビカツ。殻むき済のボイルエビに、片栗粉→溶き卵→パン粉の順に衣をつけます。
ボイルエビ料理三種15ボイルエビ料理三種16
ボイルエビ料理三種17
やや多めに油を入れて熱したフライパンに、衣つきのボイルエビを並べながら加え、両面をじっくり揚げ焼きにします(中に火を通す必要はないので、短時間ですみます)。衣がキツネ色になったらキッチンペーパーの上に乗せて余分な油をきり、そのままお皿へ盛ったらエビカツの出来上がりです!
ボイルエビ料理三種18ボイルエビ料理三種19
これら三種類の料理を冷めない内に机へ運べば、“ボイルエビ料理三種”の完成です!
ボイルエビ料理三種20
エビのきれいな赤が美しく、見ているだけで和みます。お酒のおつまみとしても、ごはんのおかずとしても合いそうな感じです。
ボイルエビ料理三種21

一番目は、エビマヨ。いっただきまーす!
ボイルエビ料理三種22ボイルエビ料理三種23
ボイルエビ料理三種24
さて、味ですが…エスニック風なエビマヨでウマーーー!
マヨネーズのまろやかで柔らかな酸味と、豆板醤のビリッとくる結構刺激的な辛味が複雑に入り交じり、エビにとって最高のソースになっています。マヨネーズのおかげで辛過ぎるという事もありませんし、濃厚で後を引く味わいに仕上がっている為ビールに無茶苦茶ぴったしでした。アスパラのサクサクした爽やかな歯触りがいい箸休めになっていましたし、正直お酒を飲む時は普通のエビマヨよりこちらの方が好みかもしれません。衣がない分、あっさりしているのが魅力的です。
プリプリっと引き締まったエビの身を噛むごとにピリ辛マヨソースがにじみ出し、気がついたら箸が止まらなくなります。例えるとするなら「マヨネーズ風味のさっぱりエビチリ」といった味わいで、辛い物好きにもそうでない人にも等しく人気が出そうな感じでした。

二番目は、エビタマ。いただきま~す!
ボイルエビ料理三種25
ボイルエビ料理三種26ボイルエビ料理三種27
味はというと…エビと卵の相性が最高で旨しっ!
細かく切ったせいかそのままで食べるよりもずっと弾力ある食感になったエビ、シャキッと小気味良い歯触りのネギ、フワフワトロ~リととろける半熟卵が口の中で合わさると、まさに三位一体って感じです。「エビタマ」という名前通り、カニ玉のエビバージョンって感じで、カニ玉よりも食感がやや賑やかな所が特徴的でした。ただ、味の方は中華風ではなくシンプル和風塩味な為、ビールというよりは日本酒が合う調味です。
大根おろしをのっけて食べるとまた違った味わいになり、舌がさっぱりとよみがえります。外はしっかりなのに中がふんわりというギャップがたまらず、初めて食べるのにほっと安心する旨さでした。

三番目は、エビカツ。いただきます!
ボイルエビ料理三種28
ボイルエビ料理三種29ボイルエビ料理三種30
さて、味の感想ですが…こりゃ美味!こんなに小さいのに、ボリュームがあります!
カリカリとフワフワの中間に位置する衣からエビが丸ごとプリンッ!と飛び出し、噛むとおいしいエビのエキスがじわじわ出てきます。見た目はフリッターっぽいですが、実際はミニ版エビフライって感じの味わいで、油で一度揚げ焼きにしたおかげで旨味が内側に100%閉じ込められている気がしました。エビ本来のしっとりした身を最優先に楽しみたい場合は、恐らくこのエビカツがダントツ一位の調理法だと思います。
何もつけずに食べても十分ウマーですが、作中でおすすめされてる通りウスターソース+和辛子を混ぜた特製ソースをつけて食べても、ぐっと力強い味になってナイスです。ビールにはもちろん、日本酒、焼酎、ハイボールなど、基本的にどんなお酒にも合いそうな無敵おつまみでした。

さすがに三品を同時に作るのは結構手間がかかりますが、一品だったらパッとすぐに作れちゃいそうです。ボイルエビだけでこんなにバラエティ豊かな料理を作れるとは、目からウロコの再現でした。

●出典)『風流つまみ道場』 ラズウェル細木/芳文社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『どんぶり委員長』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『ミスター味っ子』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『BAR・レモンハート』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ