たけのこの味噌煮のレシピ

 コメント欄にて無記名さんからたけのこの味噌煮のレシピについてご質問がありましたので、大まかなレシピをこの記事に記したいと思います。
 一応、分量は母から確認しましたが、たけのこの大きさによっては少々変動するとの事でしたので、出来ましたらちょこちょこ味見をしてご自分好みにご調節して頂けますと幸いです。

 ※以前、喫茶店風ナポリタンレシピのご質問をされた方もいらっしゃったのでその確認もしようとしたのですが、(当時食べに行った喫茶店で使われていた)鯨ベーコンが見つかったら色々レシピが変わるかもしれないから…という理由で正確な分量は教えてもらえませんでしたので、当分お答えできない状態です;。申し訳ございません。


◎たけのこの味噌煮
材料<2~3人分>
・下茹で済のたけのこ…1株(400g程度)
・合わせ味噌      …大さじ4
・合わせ出汁      …適量(鍋やたけのこの大きさによって変動)
・砂糖           …大さじ1.5
・日本酒         …大さじ2
・油            …大さじ1.5
作り方
①たけのこは流水で軽く洗った後ザルにあけて水気をきり、1.3mmくらいの厚さのいちょう切り(小さい所は半月切りでOK)にします。
 ※この料理は穂先よりも中間~下部分の食感がある所の方が美味しくなります。
  その為、穂先部分はもったいないので他の料理に流用する事をお勧めします。
②油を鍋にひいて中火で熱し、たけのこを入れたら油分が全体になじむよう軽く炒めます。
 ※後々煮ますので、そこまでしっかり炒めなくて大丈夫です。焦げないよう注意します。
③たけのこに油がなじみだしたら、合わせ出汁をヒタヒタになるよう注ぎ、中火~弱火の中間の火加減で煮ます。
④沸騰してきたら砂糖と日本酒を投入し、味見をしつつフタをしてコトコト煮ます。
⑤味がたけのこに染みたら、味噌を半分だけ入れて溶かし、弱火で煮ます。
⑥出汁の量が半分くらいになったら残り半分の味噌を溶かし入れ、また少し煮ます。
⑦ふつふつしてきたら火を消し、フタをしたまま冷まして味をたけのこに含ませます。
⑧食べる前にまた煮詰め、水分がほぼ飛んでトロリとしたら火を消し、
 器へ味噌ごと盛り付けたら完成です!
 ※この時、山椒の葉をあしらうと、見た目も風味も増します。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ