『じったんの時短レシピ』の“トマトのミルフィーユ”を再現!

 先日、スーパーで「鳥肌の立つカレー」という穏やかではない名前のレトルトカレーを発見し、思わず足を止めました。
 何でも、専門店越えを目指して完成させたが為にここまで過激なネーミングにされたそうなのですが、ここまでくるともはややり過ぎな観があり、隣で見ていた知人が「逆にまずそう…」と呟いたのが印象的でした;。

 どうも、カレーのトッピングはチーズが好みな当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『じったんの時短レシピ』にて珠里さんがあるスペシャルゲストの為に大急ぎで作った“トマトのミルフィーユ”です!
トマトのミルフィーユ図
 それは、ある日曜日の夜のこと。
 珠里さんはすっぴん(の上に美顔ローラーコロコロ)・上下ジャージ・散らかった室内という、色んな意味でゆるみきった状態で休日を満喫していたのですが、たまたまつけていたTVで某国の王女様が社交界デビューし、華やかなホールで優雅にダンスを踊っている映像をリアルタイムで目撃します。
 通常、ここまで我が身と違う境遇を目の当たりにさせられると「それに比べて自分は…」と自嘲しそうなものですが、珠里さんは真逆で、「いいなぁ社交界、セレブ、出会い、玉の輿」「わたしもさ、こんないい女なんだからこういうとこ行ったらモテるんじゃないの?社交界の華みたいな、鹿鳴館的なとこで」とかえって都合のいい妄想に磨きをかけており、初見時はそのポジティブさに驚愕したものです;。
 こういう「自分に問題はない!出会いがない、男に見る目がないのが独身の原因!」という都合のいい…もといタフな考え方は、『深夜食堂』のお茶漬けシスターズを彷彿とさせるものがありますが、珠里さんの場合人の悪口は一切言わず、ひたすら明るい夢を見るだけに留めていますので、まだ好感が持てます;。
 あ、ちなみに当管理人がアラサーで独身なのは、ほぼ100%当管理人の責任です( ^¬^ )。
ジャージ姿で美顔ローラーを転がし、TVに強気発言…人には見られたくない一コマですね;
 そんな時、タイミングよく菜月さんから「美味しいワイン買ったから一緒に飲もうか」「しかもスペシャルゲストつき♡あと15分くらいで着くからヨロシクー」というタイムリーな電話がきた珠里さんは、とっさに「社交界の妄想+ワイン+スペシャルゲスト=玉の輿(おとこ)!」という、『キン肉マン』のウォーズマン理論も真っ青な超計算式をたたき出し、大急ぎで料理&掃除&メイクを始めます。
 その際、珠里さんが「“鹿鳴”とは来客をもてなす宴という意味!時間はなくともサッとできる珠里流鹿鳴レシピ」と言って僅か10分そこそこで準備した料理が、この“トマトのミルフィーユ”です!
 作り方は簡単で、平たくて少し深みのある耐熱皿へとろけるスライスチーズ→一口サイズに切ったベーコン→輪切りにしたトマト→とろけるスライスチーズ→一口サイズに切ったベーコン→輪切りにしたトマト(※上から見てです)の順に具を乗せていき、200度に余熱したオーブンで10分焼いたら出来上がりです。

 ポイントは、二層式にする時きっちり半量ずつにすることと、チーズはたっぷりめに使うことの二つで、たった三つの材料で時間がない時でもさっと作れるのが魅力的です。
 正直、こんなに簡単なので巷ではありふれたレシピなのでは…と失礼ながら疑ったのですが、ネットやレシピで調べてみてもここまでシンプルな調理法は見つからなかった為、これは完全な珠里さんのオリジナルレシピと言えそうです←これは『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』の“リピ確実!アボカドエビ丼”をご紹介した時も思った事ですが、極限まで無駄をそぎ落としつつ絶品なレシピは、ある意味凝ったレシピを考え出すよりも至難の業なのかもしれません)。
トマト・チーズ・ベーコンを二層にする事によって、旨味を染み込ませます
 製作者の珠里さん曰く、「塩分!旨味!酸味!なんとワインに合いますこと!」な一品だそうで、二層式にしたおかげでトマトにベーコンやチーズの旨さががっつり染み込むのがたまらないと表現していました。
 あり合わせの物でとっさにこれだけの料理を手際よく作れる女性…珠里さんの言う通り、こんなに料理上手でデキるいい女性が売れ残るなんておかしい世の中だとしみじみ思います(←但し、だからといって出会い頭に料理を口に突っ込んでアピールする訳にもいかないのが困った所…。ごく自然に自宅へ招いて手料理を振る舞うという、両思いほぼ確定のシチュエーションを生み出す女子力がなければそのスキルを存分に活かせないのがやるせないですね…)。

 こうして、たった15分以内にすべての準備を終えた珠里さんですが、菜月さんの言うスペシャルゲストは同じく親友のセクシー女性・光恵さんだった為、一気に不満げな形相になっていました;(※光恵さんは何も悪くありません)。
 個人的には社交界よりも、こういう気の置けない友達との家呑み会の方が気楽で楽しいので、読んでいて羨ましかったのを覚えています。
結局、スペシャルゲストはセクシー担当の友人・光恵さんで、じったんはがっかりしてました;
 先日いいトマトが手に入ったので再現する事にしました。
 作中には大体のレシピが図入りで載っていましたので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、食材の下準備。平たくて少し深みのある耐熱皿へ、ヘタを取って輪切りにしたトマトを敷き詰め、上から一口サイズのベーコンを散らします。
 そこへさらにとろけるスライスチーズを乗せて、具にフタをします。
トマトのミルフィーユ1
トマトのミルフィーユ2
トマトのミルフィーユ3
 それをさらにもう一度繰り返して二層状態にし(上から見てチーズ→ベーコン→トマト→チーズ→ベーコン→トマトになってます)、あらかじめ200度に熱しておいたオーブンで約10分焼きます。
トマトのミルフィーユ4
 表面に焦げ目がつき、チーズが十分にとろけたらオーブンから取り出し、そのまま火傷しないよう気を付けながらテーブルへ運べば“トマトのミルフィーユ”の完成です!
トマトのミルフィーユ5
 焼けたトマトの甘やかな風味と、強烈に香ばしいチーズの香りがふわ~っと漂い、これだけで食欲がぐんぐん湧いてきます。
 よくある組み合わせではありますが、大抵は炭水化物と一緒に組み合わせていますので、単独だとどんな感じになるんだろうとワクワクしてきます。
トマトのミルフィーユ6
 それでは、チーズがよくのびる内にいざ実食!
 いっただっきまーすっ!
トマトのミルフィーユ7


 さて、感想はと言いますと…甘味・酸味・塩味が黄金比率で集結しており、それが赤ワインの渋いタンニンと抜群の相性!ベーコンが出汁としても具としても活躍しててナイスです!
 ベーコンの芳しい薫製香と、熟成された塩気が全体に重厚感と深みを与え、たったあれだけの行程とは信じられない程高級感のある一皿に仕上げています。
 生トマトのフレッシュで爽快感のある甘酸っぱさと、煮トマト特有の凝縮されたコクある甘さが両立しているミディアムレアのトマトが美味で、そこへ癖のない分どんな食材にも合うとろけるチーズがまったり絡んで一体化すると堪えられません。
 噛むごとにトロトロジュクジュワ~っと崩れて汁気が迸るジューシートマトには、二層に重ねたおかげでベーコンとチーズの旨味が芯までじわりと染み込み、単なる焼きトマトとは一線を画しています。
 皿の底にはトマトからでた水分が結構な量で溜まっていますが、トマトのほのかな酸味とベーコンの油分が入り交じった奥行きのある出汁はもはや「即席トマトのさっぱりコンソメスープ」と呼んでいい逸品で、思わぬ副産物でした。
 上のチーズはカリッと火が通って香ばしく、まるでモッツァレラのようにのびてコシがあるのですが、下のチーズはデロデロにとろけて半分液体状になって食感が全然違うのが面白そく、火の通りが違うだけでこんなに味が変化するとは…と感心です。


 赤ワインの他にも白ワインやビールにもぴったりで、お酒がすすみます。
 ベーコンの代わりにハムを使ってみたら出汁は薄まったものの、あっさりしている割には満足感のある出来でしたので、そちらもおすすめします。

P.S.
 前回の記事を更新して以来、当ブログに温かなコメントを下さった皆様、誠にありがとうございます。毎回励みにしております。頂いたご情報は、全てブログ運営に役立てていこうと考えています。今回も更新が遅くなり、すみませんでした…。

●出典)『じったんの時短レシピ』 岡村みのり/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

『どんぶり委員長』の“パスタを超える絶品ナポリタン丼”を再現!

 先日、会社の仲がいい人達とある定食店で食事したのですが、そこで店員さんから「おすすめは海鮮丼です」と言われ、皆と一緒に迷わず海鮮丼を注文しました。
 海鮮丼はお店によってご飯がかなり異なり(温かいご飯か冷たいご飯か、人肌の酢飯か冷えた酢飯かなど)、こちらのお店は温かいご飯だったんですが、当管理人は人肌の酢飯派だったので、「刺身が値段に見合わないくらい豪華でおいしいけど、酢飯だったらもっと嬉しかったな…」と、贅沢にも少し残念に思いつつ食しました。
 しかし、何人かのメンバーが「酢飯かと思ったー」「具が美味しいだけに惜しいなー」と言いだしたのを聞いて激しく親近感を感じ、より結束が深まったので「温かいご飯でよかった!」と思いました。
 面白いことに、「海鮮丼は酢飯派」の方々とは普段から話も気も合う傾向にありましたので、改めて食は人付き合いにおいても重要な要素なんだと感心したものです(←※もちろん、例外もあります)。

 どうも、茶碗蒸しには三つ葉が入っているとちょっと嬉しい派でもある当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『どんぶり委員長』にて委員長が吉田君へやや強引にリクエストして作ってもらった“パスタを超える絶品ナポリタン丼”です!
パスタを超える絶品ナポリタン丼図
 それは、委員長が吉田君に丼を作ってもらうようになって間もない頃のこと。
 学校の食堂で礼儀正しくナポリタンを食べていた委員長は、マナーもへったくれもなくナポリタンを激しくすすり食い&食べ物を口に入れて話す吉田君を目撃し、イラっとします(←委員長の気持ちも分かるのですが、音を出してラーメンやおそばを食べる文化の国にいるせいか、当管理人は「美味しそうに食べてるな~」とそこまで不快になりませんでした;)。
 吉田君はそんな委員長に全く気付くことなく、友達と「ちょっと麺の量が少ないんだよなー」「まーな、大盛りでもこれだからなー」と残念そうに喋り合うのですが、そこで吉田君はなんとご飯を追加注文しに行こうとします。

 友達は止めるのですが、吉田君曰く「だって同じ炭水化物だろ?パスタに合うものはご飯にも合うんだよ」との事で、そのセリフを漏れ聞いた丼好き委員長は「という事は…このナポリタンもどんぶりにできるって事…!?」とすっかりナポリタン丼で頭の中がいっぱいになり、とうとう放課後には吉田君へ逆壁ドン(←男女逆になると甘さが激減し、「脅している女生徒といじめられっこ男子生徒」風になるのは何故なんでしょう…?)をしながら「アタシのためにナポリタンでどんぶり作ってくれる?」と要求していました。
 初見時は「そんな暴論な…」と思かけましたが、考えてみればペペロンチーノソースをご飯に混ぜ込んだりボンゴレソースを炊飯器に入れて炊きこんだりラーメンスープでお米を煮込んだりしても十分美味しいことが以前の再現で判明していますので、もしかしたら真理かもしれない…と納得したものです。
まさかの逆壁ドン!吉田君の心底嫌そうな顔が妙にツボにはまりました;
 こうして、吉田君が委員長の勢いに負けて家庭科室で渋々作ってくれたのが、この“パスタを超える絶品ナポリタン丼”です!
 作り方はお手軽で、熱したフライパンへオリーブ油・にんにく・ソーセージ・玉ネギ・ピーマンを入れて炒め、塩水を足して大体火を通したらケチャップで味付けし、そのまま丼ご飯の上へ乗せてパルメザンチーズをふりかけたらもう出来上がりです。
 ポイントは、塩水を入れた後は水分が飛ぶまでしっかり炒めること(通常はパスタの茹で汁も一緒に加えてソースを仕上げるのを、塩水で再現したそうです)、具材は玉ねぎ→ソーセージ→ピーマンの順に入れてそれぞれちょうど良い火の通り加減にすること、ケチャップの量は気持ち少な目にすることの三つで、大雑把な食事シーンとは裏腹に芸が細かいな~と吉田君を見直したのを覚えています。

 個人的にナポリタンはケチャップをきかせるのが好きなタイプだったので、ケチャップはやや薄めの方がいいというのはちょっと解せなかったのですが、吉田君や委員長が言うには、ケチャップが濃いめだとパスタにはないご飯独特の旨味がかき消されてしまうとの事で、なるほどな~と感じました←お刺身を食べる時、魚の個性を消さないよう醤油はどぶ付けせず、ちょこんとつけた方がいいというのと同じですね)。
ケチャップは気持ち薄めにした方が、ご飯の味がよく分かってナイスだそうです
 その後、はやる心を抑えながら委員長は上品に食べ始めるのですが、「んふううう…!!めちゃめちゃ合うううう…!!」「同じような材料を使った料理にチキンライスとかあるけれど…ナポリタンの具材を食べるなら、断然何の味付けもしてない白飯っ…!!白飯の美味しさも一緒に味わうことのできるどんぶりで食べるべきっ!!」と虜になり、お行儀が悪いのも気にせず無我夢中でかっこんでいました。
 その為、感想を聞きたがった吉田君は黙って丼にくらいつく委員長の姿に少々戸惑っていましたが、最終的には「…まぁパスタの時との食べ方の差でわかるけどな…」と一人頷いていました←カニと同じで、心底美味しい食べ物に集中していると人は無言になるものです)。

 そして食後、委員長はさっきまでのがっつきようを誤魔化すかのように「うん、まあまあ合うわね」と涼しい顔で言うのですが、口にケチャップをつけ、丼にご飯を一粒も残さずにキレイに平らげていた為全く締まらず、吉田君を呆れさせていました;。
 それまで吉田君は、委員長に丼を作るのを「いや、だからなんでオレがさぁ…」と嫌々な感じでしたが、このお話以降は態度が軟化してむしろ積極的に丼作りに協力していますので、もしかしたらこの時の委員長の激しいかっこみっぷりを見て、初めて「誰かにご飯を作る喜び」に目覚めたのかもしれません。
何だかんだ言いつつ、口にケチャップつけるほど夢中になってました
 冷蔵庫にナポリタンの材料が偶然揃っているのを発見し、どうせだったら前々から気になっていたこの丼を食べたいと思い再現する事にしました。
 作中にも巻末にも詳細なレシピがきっちり記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、上に乗せる具作り。フライパンへ細かく刻んだにんにくとオリーブ油を入れて弱火でじっくり火を通し、いい香りがしてきたら一口大の斜め切りにしたソーセージを加えて炒めます(←ここで少し火力を上げます)。
 やがて、ソーセージがカリッとしたらスライスした玉ネギを投入し、しんなりするまで炒め合わせます。
パスタを超える絶品ナポリタン丼1
パスタを超える絶品ナポリタン丼2
パスタを超える絶品ナポリタン丼3
 そこへ、種を取って輪切りにしたピーマンを入れてざっと混ぜ、少し火が通ったら塩水を注いで完全に水分が飛ぶまで混ぜ炒めます。
 塩水と火力によって具全体がちょうどよく炒まってきたら、ケチャップで気持ち薄めに味付けして手早く混ぜ合わせ、炊き立ての丼ご飯の上へ乗せます。
パスタを超える絶品ナポリタン丼4
パスタを超える絶品ナポリタン丼5
パスタを超える絶品ナポリタン丼6
 具とソースをご飯に乗せ終えたらパルメザンチーズをふりかけ、そのままテーブルへと運べば“パスタを超える絶品ナポリタン丼”の完成です!
パスタを超える絶品ナポリタン丼7
 香りはまさにナポリタンそのものですが、そこにご飯の甘やかな蒸気がふわりと混ざってくる為、少し戸惑います。
 しかし、見た目は間違いなしって感じのおいしそうな予感を漂わせていますので、お味の方は非常に期待が持てます!
パスタを超える絶品ナポリタン丼8
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いっただっきま~す!
パスタを超える絶品ナポリタン丼9


 さて、感想はと言いますと…パスタとはまた違った相性のよさで美味!ケチャップが控えめなおかげで、各食材の個性がくっきり浮き立ってます!
パスタを超える絶品ナポリタン丼10
 当初は「チキンライスと変わないんじゃ…」と疑ってましたが、最初から一体化しているチキンライスは味の変化がなくて飽きやすいのに対し、丼は白米の上品で優しい甘味とトマトのこってり爽やかな甘味がそれぞれ独立しており、食べる都度に異なる割合で口の中で出会って少しずつ調和していくのが楽しく、最後まで新鮮な気持ちで頂けるのがいいです。
 白ご飯とチキンライスの中間としかいいようがない不思議な味わいで、こしょうの辛味やその他隠し味の刺激がない分、ケチャップのまったりストレートな甘酸っぱさを素直に堪能できるのがナイスでした。
 ウインナーのジューシーな肉の旨味がご飯を進ませるおかずになり、玉ねぎのねっとりした複雑な甘さが全体をマイルドにまとめ、ピーマンの苦味が甘辛な味付けをキリッと引き締めるアクセントになっているのがバランスよく、この絶妙なコンビネーションを楽しむには、確かにさっぱりしているようで実は味わい深い白ご飯が一番だと感じたものです(←揚げ炒めしたにんにくの香ばしい風味が効いているせいか、ガーリックライスっぽいような、ポークチャップっぽいようなガツンとした旨さもあって、食べ応え満点でした)。
 ここに粉チーズをたっぷりかけると、「固めに炊いたトマトチーズリゾット風」ともいうべきリッチな旨さに変貌する感じで、初めから完成された味ではなく、粉チーズの粒が砕ける度に濃厚なコクがどんどん増していくのがよかったです。


 ペペロンチーノもナポリタンも、パスタをご飯に置き換えても十分美味しいことが立証でき、大いに満足しました(←ちなみに、ペペロンチーノの方の再現記事はこちら)。
 委員長と同じく興味をそそられましたので、今度はジェノベーゼで試してみようと思います!

●出典)『どんぶり委員長』 市川ヒロシ/双葉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ