よいお年を。

 今年一年、当ブログにお付き合い下さり、誠にありがとうございました。
 当ブログにご訪問して下さった方、コメントを下さった方、拍手をして下さった方、各作品の原作者の方、その縁者の方々、皆様に感謝です。

 当管理人にとって2015年は、公私で様々な出来事が一気にかさなって思いがけず忙しくなり、結果ブログ更新が間遠になってしまった、色んな意味で思うところの多い一年でした。
 こればかりは去年の自分も予測不能で、改めて人生何が起こるか分からないとしみじみ実感しております
 来年もこの先も、きっとそれは同じで、変わらぬものは何一つないのだと思います。
 けれども、だからこそ途絶えずに細々とでも続くものの大切さが、より身に沁みております。
 当ブログをご覧になってくださる皆様とのご縁も、その一つです。

 来年も、ご縁がありましたら宜しくお願い致します。
 2016年が皆様にとって、よいお年になりますように。


P.S.
 通りすがりさん、お気遣いありがとうございます。元はと言えば私のミスが発端ですので、お気になさらないで下さい。

『どんぶり委員長』の“広島風お好み焼き風丼”を再現!

 当管理人と相方さんにはもう十年以上行きつけの関西風お好み焼き屋さんがあり、ソース味の物が無性に食べたくなったらそちらへちょくちょく立ち寄っています。
 そちらは関西風とも広島風ともちょっと違う福岡風お好み焼きで、こちらの記事でご紹介されているお好み焼きが一番近いですが、フワフワ系とはまた違ったどっしり思い食べ応えがたまりません。
 福岡と言えばとんこつラーメンや明太子、最近ではうどんが注目されがちですが、個人的にはこの独特なお好み焼きもいろんな方におすすめしたいな~と思っています。

 どうも、お好み焼き屋さんで食べる焼きうどんが無性に好きな当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『どんぶり委員長』にて吉田君が委員長からムチャぶりされて試作した“広島風お好み焼き風丼”です!
広島風お好み焼き風丼図
 それは、ある晴れた休日のこと。
 本屋へ参考書を買いに行った委員長は、その帰り道で偶然吉田君とばったり出会い、家に着くまで何となく一緒に歩く事になります。
 普段は食絡みの話題で自然におしゃべりできる委員長ですが、学校も丼も関係ないプライベートの時間だと何を話していいかわからず、気まずい沈黙のムードが漂います…。
 吉田君は基本的にフリーダムな性格ですので、不自然に間が空いた空気の中でも「ま、いいか」とリラックスしている風でしたが、委員長みたいに真面目で内弁慶なタイプはこの中途半端な間に耐え切れなかったらしく、たまたま目に入った新規開店のお好み焼き屋さんについて話しだします(←以前読んだ本に、「非社交的な人間は<沈黙>を人一倍恐れる」と書かれてあったのを読んだことがありますが、私も委員長と同じタイプですので分かる気がします…)。

 日頃食のマナーについてご両親からうるさく注意されている委員長ですが、お好み焼きを自分で焼いたりするのは特に何も言われないせいかいい思い出が多いらしく、「自分で混ぜて焼くの楽しいもんね」と嬉しそうに話すのですが、混ぜて焼かない広島風お好み焼きの存在は全く知らなかったようで、吉田君から「えーっ、そんなことも知らねーのかよ!?」と驚かれていました(←内心、「もしかしたら関西ご出身のご両親で、<関西風お好み焼きにあらずんばお好み焼きにあらず>とかつての平家みたいな考えで英才教育を…!?」と勝手に妄想しましたが、多分違う…と思いたいです;)。
 そこで、吉田君は広島風お好み焼きの作り方について簡単に説明するのですが(詳しいレシピはこちら)、委員長はここでまたしても丼愛に火が付き、「アタシのために広島風お好み焼きでどんぶり作ってくれる?」「焼きそばの代わりにごはんをつかえばいいのよ!!パスタに合うものはごはんに合う!!焼きそばに合うものはごはんにも合うでしょ!?」と強引な事を言い出し、吉田君を困らせていましたorz。
 さっきまでの甘酸っぱい沈黙ムードはなんだったんだろうと、思わず苦笑したものです。

 それにしても、委員長のご両親は厳しく育てた我が娘が同級生男子に「どーしてもごはんと一緒にかっ込みたいの!!」と恥じらいもなく宣言しているのを目撃したら、一体どんな表情になるのでしょうか…非常に気になる所です(^^;)。
丼の魅力にすっかり目覚めてしまった委員長は、今回も吉田君にムチャぶりをします;
 こうして、一方的に「明日楽しみにしてるから!」と委員長から言われて「おれぜってー作んねーからなっ!!」と言い返したものの、帰宅後ツンデレ心満載で渋々吉田君が試作したのが、この“広島風お好み焼き風丼”です!
 作り方は簡単で、フライパンへキャベツ→もやし→イカ天→豚バラ肉の順に材料を重ねながら入れ、フタをして弱火で約十分程蒸し焼きにした後ご飯へ移し、最後にお好みソース・マヨネーズ・青ねぎをかけたら出来上がりです。
 ポイントは、広島風お好み焼きの本場で使われているオタフクソースのお好みソースを使うことと、途中焦げないよう火加減は必ず弱火にすることの二つで、時間も手間もそんなにかからないのが助かります。

 いつもは吉田君が創意工夫して作っていますが、「焼きそばをご飯に置き換える」「野菜を蒸し焼きにする役目を果たす小麦粉の薄皮はご飯に合わないから使わない」「その代わりフライパンにフタをして蒸し焼きにする」といったほとんどのアイディアは珍しく委員長が出しており、「かつて片手に山盛り一杯の塩でパスタを茹でようとしたあの委員長が、こんな実践的な提案を…人は成長するもんだなぁ」としみじみしたのを覚えています;。
 一見突拍子もない料理に見えるかもしれませんが、以前再現したお好み焼きとグラタンを合体させた画期的レシピ・“お好みグラタン”はとてもおいしかったので、丼も案外いけるのでは…と初見時はワクワクしたものです。
代わりにフライパンのフタで蒸気を閉じ込めて蒸せばいいと提案する委員長;
 その後、恐る恐る試食した吉田君ですが、実際に食べてみるとそのあまりのおいしさに箸と食欲が止まらなくなり、あっという間に完食していました。
 吉田君曰く、「よく蒸されたキャベツの甘み、シャキシャキのもやし、豚バラ肉の脂の旨味…そこへ濃厚なオタフクソースにマヨネーズ、さらにピリリと刺激の効いた青ネギ」「その全てがアツアツのごはんと絡み合う」「お好み焼きをおかずにごはんを食べている…という感覚ではなく、完全にこの2つが一体化している、今までに味わった事のない衝撃…!!」だそうで、最終的には「オレもしかして…すごい発明をしてしまったのかも…」と冷や汗をかいていました;。
 これまで、「お好み焼きとご飯の組み合わせはありか、なしか?」論争は時々ネットで取り上げられてはどっちつかずな結論しかでませんでしたが、もしかしたらこの“広島風お好み焼き風丼”の登場で、今後はあり派が圧倒的多数を占める日もそう遠い日ではない…かもしれませんね;。
「おれ、ひょっとしてすごい発明したのかも…」と驚いていた吉田君
 先日、偶然材料が冷蔵庫に揃っていたのを見てこの丼を思い出し、再現する事にしました。
 単行本には分量つきの詳細なレシピがきっちり記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、火を通す前の下準備。フライパンへ千切りキャベツ→もやし→小さく砕いたイカ天→食べやすい大きさに切った豚バラ肉の順に材料を重ねながら入れ、フタをして弱火で約十分程蒸し焼きにします。
広島風お好み焼き風丼1
広島風お好み焼き風丼2
広島風お好み焼き風丼3
 時間が経って中が十分蒸されているのを確認したら火を止め、あらかじめご飯をよそっておいた丼の上へ具をそっくりそのまま乗せ、オタフクのお好みソースをたっぷりかけます。
広島風お好み焼き風丼4
広島風お好み焼き風丼5
広島風お好み焼き風丼6
 そこへさらにマヨネーズを格子状にかけ、仕上げに細かく刻んだ青ネギをいっぱい散らせば“広島風お好み焼き風丼”の完成です!
広島風お好み焼き風丼7
 下のご飯はキャベツで隠れて全く見えない為、パッと見は丼に入れられたお好み焼きにしか見えず、あまり丼という感じがしません(もう少し大きい丼を使えばよかったと反省orz)。
 グラタンは試した事がありますが、丼は初めてですので、一体どんな味がするのか非常に楽しみです!
広島風お好み焼き風丼8
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いただきまーす!
広島風お好み焼き風丼9


 さて、感想はと言いますと…見た目によらず結構ヘルシーな出来栄え!回鍋肉並にご飯にぴったりなキャベツに驚きます!
 しっとりザキュザキュとしなやかな中に張りがある食感のキャベツを噛み締めると、優しい甘みと共に豚ばら肉の脂のコクがじわりと溢れ、口中をジューシーに満たしていきます。
 一見お好み焼き定食のように見えますが、小麦粉がない分胃にずっしりこない非常にあっさりした後味で、どちらかと言うと「お好み焼き風蒸し豚しゃぶ鍋定食」でご飯をワシワシ食べている感覚でした。
 お好みソースのフルーティーながらもこってり甘辛く、ばっちり塩気が効いた濃厚一直線な味付けを、マヨネーズのまろやかなクリーミーさがやんわり緩和して具やご飯とさらに調和するようバランスを整えているのがいい感じで、食べ進めるごとに「野菜たっぷりでさっぱりしたそば抜きのそばめし風」っぽい味に変化していくのが面白かったです。
 もやしのシャキシャキした歯触りと、キリッとした僅かな辛味と鮮やかな香りが特徴的な青ネギがいいアクセントとなり、いか天から出た香ばしい揚げ玉風味と魚介系の出汁が深みを出しているのがナイスで、単純なようでよく考えられたレシピだと思いました。
 お好みソースのおかげでポークチャップやしょうが焼き系統の、白米にガツンと合う旨さに仕上がった豚ばら肉がいいおかずとなって食が進みます。
 また、ご飯にキャベツから出たミルキーなおつゆがほのかにしみて肉やソースのしつこさを和らげているのが感心ものでした。


 吉田君の言う通り、これは大発明だと思います…!
 上から鰹節や青ノリをかけたり、半熟卵を乗せたりしてもいけそうなので、いつかチャレンジしてみたいです。

P.S.
 コメントを下さった皆様、そして先日つたない当ブログの補足をして下さった通りすがりさん、誠にありがとうございます。実を言いますと、ご指摘された一文はコメントを頂いてすぐに訂正した為、現在文中にはございません;。誤りを教えて頂いたり、おっちょこちょいな当管理人の代わりに色んなご意見を下さる皆様には、いつも感謝をしております。今後も、ご助言頂けますと幸いです。

●出典)『どんぶり委員長』 市川ヒロシ/双葉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ