FC2ブログ

『華中華』の“島野料理長の湘南しらすチャーハン”を再現!

 これを話すと「えー!?」と大抵驚かれるのですが、昔から「大好物や新しく買った服をぎりぎりまで寝かせる」という悪癖が当管理人にはあります(※自分用のみ)。
 どう考えても旬が過ぎ去る前に食べたり着たりした方がいいのですが、「冷蔵庫にはまだ○○がある、今日食べよっかな~どうしよっかな~?」「いざというハレの時にデビューさせたい」という一種のもったいない精神が邪魔をし、飴をなめるようにいつまでも幸せな余韻をかみ締めるのが心地よく、結果賞味期限や季節が終わる寸前に慌てて消費するという残念な使い方をしてしまいます(^^;)。
 最近はやっと服をすぐ着られるようになったのですが(急激に太りだしているのでモタモタしたら着られなくなっている可能性が高ry)、食べ物はまだまだで、今この瞬間「おととい買った限定販売のたまごプリン、今日中にちゃんと食べねば…」と悲壮な決意を固めています。

 どうも、貧乏性とドケチが板についたかまぼこみたいになっている当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にて満点大飯店が三浦海岸のビーチハウスで期間限定商品として出していた“島野料理長の湘南しらすチャーハン”です!
島野料理長の湘南しらすチャーハン図
 前回、ハナちゃん直伝のしらすチャーハンによってハナちゃんの夫・康彦さんの友達である明さんの海の家が繁盛しだしたお話をご紹介しましたが、それよりちょっと前、満点大飯店サイドのビーチハウスがどんなしらすチャーハンを出していたのかご紹介したいと思います。

 去年の夏は島野料理長が責任者としてビーチハウスの料理を担当していましたが、今年の夏は何とかつての先輩・チビ太さんがビーチハウスの調理責任者代理として腕を振るっており、ハナちゃんを驚かせます。
 連載当初は三馬鹿トリオの一人として下っ端扱いでしたが、あれからコツコツ修行し、数年前に西瓜チャーハンでビーチハウスを大繁盛させた功績もあってそこそこ評価されるようになったそうで、急激に出世したな~としみじみ思いました(←実はそのチャーハンはハナちゃんが考えた物で、お手柄を譲ってあげた形になるのですが…結局それは内緒のまま;。ドラマ『半沢直樹』の「部下の手柄は上司のもの(by大和田常務)」というセリフを思い出します)。

 とはいえ、正直なところ島野料理長もビーチハウスの料理をチビ太さんに任せるのは心配だったみたいで、チャーハンの基本を一から厳しく仕込み直したり、チャーハンに乗せる卵焼きの試験を十七回やり直させたりとかなりスパルタな事前研修をさせており、苦笑しました(←その間、チビ太さんのお昼はずーっと天津飯だったのかと考えると、涙ぐましいものがありますね^^;)。
 本来なら自分が例年通り責任者をやりたかったと思うのですが、どうやら前々回、ロー・サンチクから厳しい指摘を受けてからはもう一度初心に戻って自身の料理を見直すという職務が増えて満点大飯店に留まらざるを得なかったらしく、やむなくチビ太さんという後進を取り急ぎ育てた模様。
 『任務は遂行する』『部下も守る(育てる)』「両方」やらなくっちゃあならないってのが「幹部」のつらいところだな…って、島野料理長まるでブチャラティみたいですね。
 ある意味どのキャラよりも漢だと思います。実際はガチのオネエですが。
天津飯特有のトロトロして半熟の分厚い卵が最大の難関!
 そんな島野料理長がビーチハウスの特別メニューとして考え、チビ太さんに作ってもらっていたのがこの“島野料理長の湘南しらすチャーハン”です!
 作り方は少し凝っており、釜揚げしらす・卵・刻みネギ・ご飯・塩・胡椒で作ったチャーハンの上へ釜揚げしらす&刻みネギ入りの半熟卵焼きを乗せ、仕上げに中華スープ・砂糖・黒酢・醤油を煮て水溶き片栗粉でとろみをつけた黒酢餡をたっぷりかけたら出来上がりです。
 ポイントは、前回でもご紹介した香味油でチャーハンを炒めること、チャーハンの味付けは薄めにすること、黒酢餡は煮過ぎると酸味が飛ぶので火入れは程ほどにすること、卵焼きは天津飯の卵みたいにふわっとさせつつ厚めに焼くことの四つで、材料は単純なのに難しそうな料理だな~と尻込みしたのを覚えています;。
 特に、天津飯の卵焼きはオムレツと同じくらいキレイに焼くのが難しい卵料理四天王の一つだと思う為、それを限られた時間で何個も作れる料理人は本当に尊敬します…(←ちなみに、残りの四天王は出汁巻き卵とポーチドエッグです!…当管理人の中では)。

 ハナちゃんが言うには、「卵焼きとチャーハンの両方にしらすを入れて‘食べた感’をしっかり植え付ける」「黒酢の餡で爽快感をもたらすと同時に、疲れた体の乳酸値を下げさせる…」という計算をしているから島野料理長はすごいとの事で、相変わらずお客様のニーズに応えた手堅いレシピ作りをしているな~と感心しました。
 実際、黒酢には他の酢よりもアミノ酸の含有量が多く、汗をかいて失われたミネラルを補給し代謝を上げる効能があって夏バテ対策には最適な調味料ですので、海の家で食べるのに最も理にかなったチャーハンだといえそうです。
味のおいしさはもちろん、夏の暑さで疲れた体をも癒します
 案の定、このチャーハンは島野料理長のファンである奥様方だけではなく色んな層から大人気で、だからこそ明さんはハナちゃんに新作のしらすチャーハン作りをお願いしたのですが、勝負が始まって間もない時にとんでもない異変が三浦海岸で起こります。
 それは、何と他の海の家も一斉にしらすチャーハンを売り出し始めたこと!
 明さんが周囲にそれとなく確認したところ、ハナちゃんや満点大飯店のしらすチャーハンがあまりに人気で飛ぶように売れているのを見た他店の方々が、「これはイケる!」「うちも三浦にある有名店にレシピを提供してもらってしらすチャーハンを売り出そう!」とどんどん便乗し、最終的にはしらすチャーハンがないお店の方が珍しい事態に発展したのだとか。
 ざっと見ただけでも、フレンチ風しらすチャーハン、カレーしらすチャーハン、ヘルシーしらすチャーハン、あおさしらすチャーハン、イタリアンしらすチャーハンなどもはや何でもありな状態で、しらす縛りでよくぞここまでばらばらのチャーハンを思いついたな~とあっけに取られました;(←個人的に、フレンチ風がどんな感じか気になります。コンソメベースの味付けか、バターピラフ風か、もしやクリームソースをかけてしまうか…妄想は膨らみます)。
 実を言いますと、チャーハン対決自体はつい最近本当に実現しているのですが、流石に具までは限定していませんので、工夫して個性を出さなくてはいけなかった料理人さんたちはさぞ苦労しただろうな~と同情したものです。

 一応みんなのまとめ役でもある明さんは、こんなにしらすチャーハンばかりでは共倒れしないかと不安になりますが、ハナちゃんは皆がしらすでそれぞれ違うチャーハンを生み出したことは逆に凄い事なのだからそれを活かし、かつて横浜中華街でも行われたチャーハン対決のような一大イベントにして盛り上げてはどうでしょうかと提案して、とうとう三浦海岸チャーハンバトルが開催されることになります。
 果たして、ハナちゃんたちの暑いチャーハン勝負の行方はどうなるのか…続きは、また次の機会にご紹介しようと思います(^^)。
何と、どこもかしこもしらすを使ったチャーハンを作り出すという事態に…;
 「未だに卵焼きを焦がす不器用人間なのに、お店の天津飯みたいな卵焼きに挑戦とか無謀すぎる!」と今まで作るべきか作らぬべきか悩んでいましたが、順番的に作らないとおかしいので、思い切って再現することにしました(「ねーちゃん!あしたっていまさッ!」の精神で )。
 作中には詳細な分量つきのレシピが載っていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 ということで、レッツ再現調理!
 まずは、食材の下ごしらえ。
 小鍋に中華スープ、砂糖、黒酢、醤油を入れて一煮立ちさせたら弱火にして水溶き片栗粉を回しいれ、とろみがついたらチャーハンにかける黒酢餡は準備完了。
 その間、中華鍋(又はフライパン)へスライスした生姜と油を入れて弱火にかけ、香味油を作っておきます。
 ※香味油が出来上がる頃に取り出す生姜はカリッと程よく揚がっており、そのままチップス感覚で食べることも出来ます。これがなかなか侮れない美味しさです。
島野料理長の湘南しらすチャーハン1
島野料理長の湘南しらすチャーハン2
 次は、チャーハン作り。
 先ほど用意した香味油入りの中華鍋に生卵をそのまま落とし、間髪いれず白ご飯も投入してお玉でつぶしほぐすようにして手早く混ぜ合わせます。
 そこへ釜揚げしらすをたっぷり加え、ざっと炒め合わせます。
島野料理長の湘南しらすチャーハン3
島野料理長の湘南しらすチャーハン4
島野料理長の湘南しらすチャーハン5
 塩と胡椒で薄めに味付けした後、刻んだ長ネギを加えてもうひと炒めし、ご飯全体に具が行き渡ったのを確認したら火からおろしてお皿へ丸く盛り付けます。
 チャーハンはこれでOKです。
島野料理長の湘南しらすチャーハン6
島野料理長の湘南しらすチャーハン7
 ここまできたら、いよいよ卵焼き作り。
 ボウルに卵、釜揚げしらす、刻んだ長ネギ、塩を入れ、白身のこしを切るようにして菜ばしか泡だて器でしっかり混ぜ合わせます。
 この卵液を、油をやや多めに入れてよくなじませた中華鍋(火加減は若干強火で)へ一気に流し込んで数回軽くかき混ぜ、形を丸く整えたら中華鍋を振ってひっくり返し、ぐるぐる回して軽く火を通したらすかさずチャーハンの上へそっと乗せます。
島野料理長の湘南しらすチャーハン8
島野料理長の湘南しらすチャーハン9
島野料理長の湘南しらすチャーハン10
 焼き卵でチャーハン全体をほぼ覆えたのを確認したら熱々の黒酢餡をかけ、急いでテーブルへ運べば“島野料理長の湘南しらすチャーハン”の完成です!
島野料理長の湘南しらすチャーハン11
 原作ではチャーハンが見えないくらいトロトロの卵で覆われていたのですが、当管理人の圧倒的なスキル不足により、破れまくりの中途半端な出来になりました…orz。
 とはいえ、黒酢餡のつややかなとろみが細かい失敗を隠してそれなりに美味しそうに見せてくれているので、餡は偉大だと思いました(←破れたオムライスをケチャップで隠す感覚で、結構うまくいきます^^;)。
島野料理長の湘南しらすチャーハン12
 それでは、出来立てほやほやの内にいざ実食!
 いただきま~すっ!
島野料理長の湘南しらすチャーハン13


 さて、味の感想は…男女問わず、幅広い年代の方から支持されそうな間違いのない美味しさ!濃ゆそうな見た目に反し、意外とスルッと胃に収まります。
 ハナちゃんのしらすチャーハンに比べ、釜揚げしらすをそのまま使っている為油分が抑えられたあっさり系の塩味になっており、生姜の風味ですっきりしているせいか「口当たりがハラリとしたチャーハン風しらすの中華炊き込みご飯」と言えなくもない味わいになっています。
 噛むごとにネギのシャキシャキ感と釜揚げしらすのほわっとした淡い舌触りが一体となり、潮の旨味がしっとりとほどけていくのがたまりません。
 このやや淡白で上品なチャーハンに、ギリギリかたまったような半熟トロトロふわふわの極厚卵がコクをプラスし、さらに黒酢餡がねっとりと包み込んで全体の一体感をぐっと高めているのがナイスでした。
 この黒酢餡は従来のケチャップ餡や醤油餡と違いとてもシンプルな味付けで、普通の中華スープをベースに黒酢の酸っぱさと砂糖の甘さに醤油の塩気効いたさっぱり系のストレートな甘酸っぱさが特徴ですので、正直白ご飯だったら物足りなかったと思うのですが、チャーハン相手だとバランスがちょうどよかったです。
 黒酢だからこそ出せる奥深くて爽やかな酸味が口にも体にも優しい仕上がりで、夏場でもパクパクいけそうな新定番天津飯だと思いました。
 ただ、卵と餡で贅沢感がプラスされたのはいいのですが、惜しいことに一緒に食べると釜揚げしらすの風味が若干かき消されているのが唯一の弱点でしたので、このチャーハンにこそ揚げしらすを加えた方がより美味しくなるのでは…と感じました。


 見た目も味もすごく良かった分、肝心のしらすの存在感が薄くなっている所が本当に残念で、個人的にもっと改良を加えたいと思いました。
 黒酢の餡はチャーハンのほかにもから揚げにした魚やお肉にかけても十分いけそうでしたので、応用が利きそうなのが嬉しかったです。


P.S.
 ミトナリさん、コメントを下さりありがとうございます。
 ご質問にあった現在おすすめの気になっている料理・食べ物系の漫画ですが、既に当ブログで再現させて頂いたり、コメント欄で教えて頂いた作品を除くと『肉極道』、『中華一番!極』、『まどろみバーメイド 』、『うわばみ乙女ずかん』、『めしねこ 大江戸食楽猫物語』(←蛇足ですが、この作品に出てくる主人公猫の柄は我が家の一歳メス猫にそっくり!)です。
 ミトナリ様、そして他の皆様がコメント欄でおすすめして下さった料理漫画はどれもこれも気になるものばかりでしたので、近日中に一読してみようと思います!


●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『どんぶり委員長』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『ミスター味っ子』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『BAR・レモンハート』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ