『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』の“魔法のサイダーしょうが焼き”を再現!

 数日前、再現料理を予定中の漫画一覧へ『3人分クッキング』『甘々と稲妻』『課長レシピ』『百姓貴族』『銀の匙』を追加しました。
 年々、積ゲーならぬ積再現予定漫画がひどくたまってきていますので;、なるべくためないようコツコツご紹介していけたらと考えております。

 どうも、コメント欄にてご助言やご感想を率直に教えて下さる皆様に、日々深く感謝している管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』にて広田先生が芝田先生から教わった革新的なおかず・“魔法のサイダーしょうが焼き”です!
魔法のサイダーしょうが焼き図
 芝田先生は料理教室を運営されているだけあり、毎日料理していてもあまり苦ではないようなのですが、広田先生は夕食作りが日々負担となっているそうで、作中でも何度か苦悩している様子を描いています;。
 ロールキャベツはキャベツを茹でたりタネを作ったりが面倒、コロッケはじゃがいもを茹でたりひき肉を炒めるのが面倒、とんかつは筋切りや衣づけする作業が手間など、考えただけでうんざりしちゃうとの事で、「よせー、何もしたくね~」と言いながら目をぐるぐる回されているシーンに「確かに…」とこっそり共感したものです(←ロールキャベツの場合、「生キャベツを破かずはぐ作業は結構難易度が高い」「芯を抜いて丸ごと茹でる手もあるけど、それだと余ったキャベツの使い道が…」という悩みが必ずついて回る為、特にゲンナリ度が高いですorz)。
 食事の手抜きはいけないと頭では分かってはいても、仕事と家事の板挟みだとたまには楽をしたくなる日があるのも現実で、実際当管理人もきつい時は切る・煮る・食べるだけのお鍋or温野菜サラダだけで夕食を済ませる事も多々ある為、両方ともこなしてしまうスーパーマンのようなお母さんは心底尊敬しています…(勿論、一日も休まず働いて大黒柱となっているお父さんにも敬礼!)。
 とはいえ、広田先生が「でもそこはホラ、お惣菜買ってくるほどの度胸はないワケですよ」とおっしゃっている通り、罪悪感がチクチクつつかれるので買って済ませる事も出来ず、結果冬は鍋ばっかり食べて過ごしている有様です;。
楽して作りたいものの、スーパーでお惣菜を買ってくるほどの度胸はないなっちゃん先生
 そんな悩みを広田先生が打ち明けている時、芝田先生が「このレシピは今日みたいな作りたいけどちゃんとした一品を出したい日にはピッタリよ」と前置きして教えて下さったのが、この“魔法のサイダーしょうが焼き”です!
 作り方はかなり簡単で、筋切りして小麦粉をまぶした豚ロース肉をフライパンで両面をさっと焼き、両面に焼き目がついたらサイダー(!?)、しょうが、にんにく、醤油を入れてフタをして数分間蒸し焼きにし、フタを開けた後はソースを煮詰めてお肉ごとそのまま器へ盛り付ければ出来上がりです(←器へ移す前に食べやすいサイズに切るのがお勧めとの事)。
 これまで数多くのしょうが焼きレシピを見てきましたが、正直サイダーで味付けする調理法は見た事も聞いたこともなかった為、初見時は一、二を争う程「…信じていいんですか?」と疑心暗鬼になったものです;。
 しかし、芝田先生曰く「サイダーの炭酸の力でお肉が柔らかくなる」、実際に食べられた広田先生がおっしゃるには「嘘みたい!この厚さの豚肉で素人の私がこんなに柔らかく焼けるなんて!!」「サイダーの甘さが爽やかな甘さ」「洋食屋さん風」との事で、当初は疑いしかなかったものの読めば読むほど信憑性が増し、最終的にはやっと半信半疑くらいの気持ちに回復したのを覚えています(←小心者なため、さすがに作る前はまだ全面的に信じられなかったです;)。
今回芝田先生が生姜焼きを味付けする時に使ったのは、何とサイダー!
 ちなみに、何故サイダーに含まれる炭酸のおかげでお肉が柔らかくなるのだと芝田先生が確信されたのかと言いますと、試作されている時に何とガリ○リ君ソーダ味でこのしょうが焼きを作ろうとし、見事に硬い仕上がりになってしまったからなのだとか(゜Д゜;)。
 なお、そのしょうが焼きは硬いだけではなくガリ○リ君その物の味がするという恐ろしい代物だったそうで、これにはさすがに付き合いが長い広田先生も「わーーー」と真顔で引いていらっしゃいました;。
 それにしても、いくら味が似ているとはいえ本当にあのガリ○リ君ソーダ味でしょうが焼きを作ってしまうとは…こんな罰ゲームすれすれな冒険をしてでも、新しいレシピの開発に余念がない芝田先生はすごいプロだな~と畏敬の念を感じたエピソードでした。
 この情熱に対抗するには、ガリガリ君コーンポタージュ味で斬新なレシピを生み出すくらいの気概がなければ到底敵わないなーとしみじみ思いました(←…と思って調べた所、失敗された方が大半だったとはいえ既に多くの方が挑戦されていました;。すごいです)。
何と、好奇心旺盛な芝田先生はガリガリ君ソーダ味でも生姜焼きを作っていました
 味の予想が全くつかないだけに好奇心が刺激された為、再現してみる事にしました。
 作中には分量つきの詳細なレシピが記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、豚肉の下処理。とんかつ用の厚さに切られた豚ロース肉の筋に、包丁で切れ込みを入れて筋切りをし、両面へ軽く小麦粉をはたきます。
 この豚肉を、中火に熱して油をひいたフライパンに並べて両面に焼き目をさっとつけます(この時、中に火が通らなくても大丈夫です)。
魔法のサイダーしょうが焼き1
魔法のサイダーしょうが焼き2
魔法のサイダーしょうが焼き3
 豚肉に大体焼き目がついたら、フライパンへサイダー(←ダイエットタイプの物は嫌な甘味になりますので、必ずオーソドックスなタイプのソーダを使用してください)、千切りしょうが、すりおろしにんにく、醤油を加えてフタをし、そのまま一~二分ほど蒸し焼きにします。
 時間が経ったらフタをとり、水分を飛ばすようにしてソースを煮詰めます。
魔法のサイダーしょうが焼き4
魔法のサイダーしょうが焼き6
 ソースが煮詰まってとろみがついてきたら火からおろして食べやすい大きさに切り分け、千切りキャベツやプチトマトを飾ったお皿へ盛って上からソースを全てかければ“魔法のサイダーしょうが焼き”の完成です!
魔法のサイダーしょうが焼き7
 ナイフでお肉を切ってみると、確かにいつものお肉とは違って刃がスッと通りやすい印象で、食べる前から手ごたえを感じていました。
 作中で推奨されていた付け合わせの刻みキャベツやミニトマトと言った色鮮やかな野菜のおかげで、見るからに食欲をそそられます。
 よーく嗅ぐと、サイダーのおかげかしょうが焼きにしては爽やかな風味が混ざっていましたので、一体どういう味がするのか楽しみです。
魔法のサイダーしょうが焼き8
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いっただっきま~す!
魔法のサイダーしょうが焼き9


 さて、味の感想ですが…サイダー入りとは思えない正当派な旨さ!お店でこれが出て来ても納得する味わいです!
 とんかつ用の厚い豚肉を使っているのに、炭酸パワーのおかげでさっくりとすぐに噛み切れる驚きの柔らかさで、脂身もホロトロッとろけるような舌触りになっていました(←脂身に限るなら、豚角煮一歩手前の溶けるような仕上がりになっています)。
 小麦粉で全体がコーティングされている為、肉汁たっぷりとはいかなくても噛むごとに旨味がにじみでてくる感じで、安い豚肉でも銘柄豚に匹敵する食べ応えになっているのに感動しました。
 一方味付けも、甘さ辛さしょっぱさのバランスが非常に巧みでしつこくなく、広田先生のおっしゃる通り「万人受けする味」「サイダーの甘味が爽やかな甘さでくどくなくて、上品な味なんです」な出来栄えで、おろしにんにくを入れた割には独特のがっつり感が表に出過ぎず、しょうがのすっきりした風味の方が際立って後味が重くないのが特徴的です。
 定食屋のしょうが焼きというよりは、レストランのポークジンジャーという印象を受ける品のよい味わいで、ご飯に合うのはもちろんなんですが、単品だけでも十分楽しめる程おいしいしょうが焼きはこれが初めてでした。
 サイダーに含まれる様々な香料か、それとも酸味料のせいなのか、サイダーと醤油と香味野菜オンリーな調味だとは信じられないくらいワンランク上の複雑な甘辛さが生まれているのがよかったです。


 サイダーを使うか使わないかでここまで差が出るとは思わなかった為、とても参考になった再現でした。
 今回はとんかつ用肉で試しましたが、正直もっと分厚い肉でも柔らかくなるのでは…とにらんでいる為、近々試してみる予定です。

●出典)『ママの味♥魔法のおかわりレシピ おかず編』 作者:広田奈都美 監修:芝田里枝/秋田書店
    (2013フォアミセス5月号別冊ふろく)
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2014.03.31 Mon 17:01  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1006-5c72915f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ