『華中華』の“春巻きチャーハン”を再現!

 以前「キャッチコピーが個性的」とご紹介していた地元のスーパーへまた足を運んだのですが、あるお刺身の盛り合わせに「あなたの為に作りました」と太字で書かれたシールが貼られており、さすがにギョッとしました;。
 おそらく、「(ここに来られるお客さん全ての為に、そして)あなたの為に(も)作りました」という意味合いで張ったのだと思いますが、当管理人のようなすぐ真に受ける人間にとってこれはちょっと刺激的なキャッチコピーで、思わず苦笑しました;。

 どうも、他にも「これでお肌がピチピチたい!」という駄洒落キャッチコピーが書かれた鯛のお刺身を発見し、思わず脱力した管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが玄宗皇帝似のある人と楊貴妃さんの為に作った“春巻きチャーハン”です!
春巻きチャーハン図
 それは、三浦半島の義実家から横浜の上海亭へ電車と地下鉄で通勤するようになったハナちゃんが、満員電車に慣れずふうふう言っていた頃のお話。
 ある朝、ハナちゃんは元町・中華街駅に着いて一息つきつつも、急いで雑踏の中上海亭へと歩き出すのですが、そんな時楊貴妃さんが「あのお方は…!?」と慌てた様子で声をあげます。
 楊貴妃さんが指をさした先にいたのは、満点大飯店の元先輩・ノッポさんでしたので「ノッポ先輩…どうしてここに?」とハナちゃんは不思議そうに呟くのですが、楊貴妃さんがしきりに気にしていたのは隣にいた上品な初老の男性で、「お願いハナちゃん…あの方がどなたなのか、調べてくれない?」と必死にお願いしていました。
 実はこの男性、かつて楊貴妃さんが心から愛していた玄宗皇帝と瓜二つの容貌で、1255年以上経って初めて生き写しと言っていいくらいそっくりな男性を目にした楊貴妃さんは不意に昔の記憶を呼び覚まされ、居ても立っても居られなくなったと語っていました。
 正直、少し前まで徳川慶喜や源頼朝と夜通し宴会をしたり、沢庵和尚にほのかな恋心を抱いたりしていましたので、すっかり古傷は癒えたのかと思っていたのですが、やはりそれと生前の恋とは全く別物だったようで、ちょっとしんみりしました。
三馬鹿トリオの一人のノッポさんの父・玄蔵さんは、何と玄宗皇帝に生き写しでした!
 楊貴妃さんが言うには、現在でも冷凍保存するしかない程足の早い果物・ライチをわざわざ氷漬けにして運ばせるくらい玄宗皇帝は自分を愛してくれたのだそうで、当時は今のように冷静な観察力や客観的な視点もなかった為、その寵愛を疑問に思う事もなく無邪気に受け、楽しい毎日を過ごしていたとの事。
 しかし、そんな華やかながらも傲慢な日々が当然長く続くはずもなく、楊一族の急激な出世と専横に我慢が出来なくなった周囲の人々によって楊貴妃さんは死に追いやられ、幽霊となった後も美食を求めて全国をさまよい歩き、最終的にハナちゃんのいる日本に落ち着いたようでした。

 殺される直前、楊貴妃さんは回りから「この女が玄宗皇帝をたらしこんで好き勝手やっている」「謀反を起こした楊国忠は、そもそもこの女の身内だったから取り立てられた。この女がいなかったら国は荒れなかった」と憎しみを一身に受け、政治的にはむしろ無力だったのにも関わらず、親族が引き起こした不手際の責任を全て被らされて追い詰められていますが、その様子は自業自得というよりは哀れさの方が際立ちます(←強いて言いますと、政治に対してあまりに無関心すぎたという罪はありましたので、丸っきり被害者とは言えませんが…)。
 個人的に、武則天西太后のように国を牛耳ろうと野心を持つのでもなく、かと言って妲己呂后のように趣味や嫉妬の為に残酷な行為を行うのでもなく、お願い事といえば「あれが食べたい、これが食べたい」というグルメな内容や、もしくは親族をいい役職に就けさせてほしいという他愛ない内容しかねだらない、この食いしん坊で家族思いの、どことなく憎めない平凡な女性を死にまで追いやったのは、明らかにやり過ぎだったのではと思います。
 贅沢な生活が目立ったゆえに犠牲となってしまった人物といいますと、かのフランス王妃マリー・アントワネットに似ている気がしないでもありませんが、マリー・アントワネットは王妃という責任ある地位にいた事、そして贅沢以外にも散々人の気を逆撫でする失点行為をしていた事もある為、まだ納得のしようがありますが、やはり楊貴妃さんだけは未だに気の毒だと感じます。

 ちなみに、そんな薄幸の楊貴妃さんを手にかけたのは、玄宗皇帝の元で権勢を誇っていた高力士という宦官。
 高力士は楊貴妃さんを見出して玄宗皇帝の元へ侍らせただけでなく、お二人の喧嘩の仲裁をかってでたり、馬で遠乗りする時にもお供として付き従う程密接な関係を築いていますが、後に楊貴妃さんを殺して皆の気を済ませるよう進言したのも、高力士その人でした。
 若き日、三千人もの宮女達の中から自分を見出して栄光の座へと押し上げ、様々な局面でも背中を押してくれた、高力士の手。
 楊貴妃さんはどれだけその大きな手を頼もしく、ありがたく思った事でしょうか。
 けれども、その手は同時に、彼女自身の命をも奪う血塗られた手でもありました。


 最期の時、高力士の手にかかりながら己の数奇な運命を楊貴妃さんがどう思ったか、非常に興味のあるところですが、残念ながら作中には一切考察が載っておりませんでした。
玄宗皇帝と過ごした日々を未だに忘れられない楊貴妃さんは、思い出を語ります
 以上の過去話や、「出来たら、あの形と一緒にハナちゃんの作ったチャーハンを食べたいわ」「あの方がライチを食べさせてくれたように、今度はアタシがハナちゃんの作ったチャーハンを食べさせてあげたいの」という楊貴妃さんの言葉に心が動いたハナちゃんはその願いを叶えるべく満点大飯店へ直行し、「あ~らお華じゃない…どうしたの?上海亭に見切りをつけて、またうちで働きたいの?ホホホ」ときわどいジョークを飛ばす島野料理長と雑談しつつ、厨房にいたノッポさんから情報を入手しようと猛烈にアタックします。
 ノッポさんが言うには、朝一緒に歩いていた男性は息子の職場への挨拶&横浜観光に来ていた父親・玄蔵さんで、好物は春巻きだけれども満点大飯店のランチにはなくてがっかりしていた事などを聞き出します(←名前まで玄宗皇帝に似ていて苦笑;)。
 ノッポさんとしてはハナちゃんと今更親しくするのは照れくささが勝るらしく、最初は素っ気なく話していたのですが、楊貴妃さんの為を思って熱心に話しかけてくるハナちゃんに根負けし、玄蔵さんが横浜から去る前に電車の中で食べるお弁当を取りに上海亭へ立ち寄る約束を渋々ながらもしてくれていました。
 それにしても、つい先日因縁付きで辞めたばかりの職場へ、たったこれだけの用事のために立ち寄るのはとても勇気が言ったと思いますが、楊貴妃さんの為なら気にせず突撃するハナちゃんは改めてすごいな~と尊敬しました;。

 こうして、玄蔵さんを一目見るのを心待ちにする楊貴妃さんを見ながらハナちゃんが手早く作ったのが、この“春巻きチャーハン”です!
 作り方はとっても簡単で、基本チャーハンをスライスタイプのとろけるチーズと共に春巻きの皮で巻き、アルミホイルの上に置いてオーブントースターで焼くだけでもう出来上がります。
 ハナちゃん曰く、油を一切使わないので健康的な上、手で気軽につまんで食べられるので中華街を歩きながら口にしたり、電車の中で小腹が空いた時に取り出してもらうのに最適なお土産チャーハンだそうで、上海亭のおじいさんやおばあさんも「美味しそう」「お持ち帰りにいい」と褒めていました。
玄蔵さんの大好物は春巻きだと知ったハナちゃんは、早速春巻きチャーハンを作ります
 その後、ハナちゃんは上海亭へノッポさんと一緒にやって来た玄蔵さんへ“春巻きチャーハン”を手渡すのですが、見ているだけでは我慢できなくなった楊貴妃さんが体に入りこみ、何とそのまま抱き付いてしまうという仰天ハプニングを引き起こされてしまいます;。
 抱き付かれた当初はびっくりしていた玄蔵さんでしたが、「どうぞ…いつまでもお元気でいらして下さい、玄宗さま」という言葉の温かな響きにどこか懐かしさを感じた玄蔵さんは抱きしめ返し、楊貴妃さんが出てから慌てて謝るハナちゃんに「華子さん、あなたは本当にいい人ですね」とお礼を言っていました。
 本当のところはどうだったか、それは神のみぞ知る所ですが、もしかしたら玄蔵さんは玄宗皇帝の生まれ変わりで、久方ぶりの再会を本能で感じ取ったのかもしれません。

 それから玄蔵さんは実家行きの新幹線に乗り、“春巻きチャーハン”を一口食べて「…これは旨い!」と感嘆するのですが、名残惜しくてついて来ていた楊貴妃さんはそれを見て思わず実体化し(←どうやら姿を見せる事や、物を食べたりつかんだりする事は出来るようですが、人に触れようとすると通り抜けてしまうみたいです)、「あら、おいしそう…アタシにもご馳走して下さらない?」と玄蔵さんに話しかけて“春巻きチャーハン”を分けてもらい、つかの間の再会を楽しんでいました。
 とはいえ、赤の他人である玄蔵さんにこれ以上かかわりを持つ事は出来ないと悟った楊貴妃さんは、そっと姿を消して新幹線を遠くから見送り、「ありがとうハナちゃん、ありがとう玄宗さま」と胸の内で感謝していました。
 長い間、ただ一人で存在し続けるがゆえに孤独から逃れられない楊貴妃さんがほんの少しだけ救われた瞬間に、ほっとしたエピソードでした。
久方ぶりに玄宗皇帝と再会した気持ちに慣れた楊貴妃さんは、ようやく満たされてました。
 チーズとチャーハンの相性の良さは知っていた為、再現する事を決意しました。
 作中には分量つきの詳細なレシピが記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います! 


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、包み作業。熱したフライパン(又は中華鍋)でハナちゃん流基本チャーハンを作り、適度に冷ましておきます。
 その間、春巻きの皮の真ん中にスライスタイプのとろけるチーズを乗せ、ノリ代わりになる水溶き片栗粉も用意しておきます。
春巻きチャーハン1
春巻きチャーハン2
春巻きチャーハン4
 人肌程度にまで冷めたチャーハンを先程の春巻きの皮の上に細長く乗せ(真ん中のチーズよりもやや手前に置くのがポイントです)、餃子の皮を包む要領で皮の四隅へ水溶き片栗粉を塗り、ギュッギュッと強めに巻き込むようにして丁寧に包みます。
 このチャーハン入り春巻きをアルミホイルの上へ並べてオーブントースターに入れ、こんがり焼きます。
 ※意外と春巻きは端っこが焦げやすいので、こまめに様子を見ながら焼くことをお勧めします。
春巻きチャーハン3
春巻きチャーハン5
春巻きチャーハン6
 表面が狐色に香ばしく焼きあがったらオーブントースターから取り出し、そのままテーブルへ運べば“春巻きチャーハン”の完成です!
春巻きチャーハン7
 チーズの艶めかしい香りと、ちょっぴり焦げた春巻きの皮の香ばしい香りが混然と入りまじり、食欲をそそられます。
 中央をパキッと割ると、トロトロになったチーズが糸を引いてチャーハンに絡んでるのが断面から見え、居ても立っても居られなくなります。
 春巻きとチャーハンの組み合わせは初めてですので、食べる前からワクワクが止まりません。
春巻きチャーハン8
 それでは、焼きたて熱々の内にいざ実食!
 いっただっきまーすっ!
春巻きチャーハン9


 さて、味はと言いますと…結構相性がよくてびっくり!春巻の皮を噛み破った途端、チャーハンの蒸気が上がるのが温かでいいです。
 まるで薄氷のように儚くパリパリパキッと砕ける皮と、ホワッと優しくしっとりほぐれるチャーハンの組み合わせが見事で、内と外のギャップがたまらないです。
 炭水化物同士である春巻の皮とチャーハンだとくどい出来になるのでは…と心配していたのですが、市販の餃子の皮をさらに半分の薄さにしたのかと見紛う程春巻の皮が極薄だった為、炭水化物が被っている感覚は全くなく気になりませんでした(←水分が完璧に飛んでいるせいかとにかく軽い食感で、食べやすさをさらにアップさせています)。
 端っこや外側の皮はサクッカリッと香ばしいものの、真ん中のチャーハンに近い皮はフニャもちッと柔らかなのがまた違った美味しさでナイスです。
 噛むごとにチーズの塩気やミルキーな旨味がにょ~っと伸びてとろけ、チャーハンにまんべんなく絡んで全体をまろやかにまとめあげており、中華風のチャーハンがリッチな洋風ご飯へと早変わりしているのがいい感じでした。
 油を一切使わないので、揚げた春巻き程の香ばしさはないものの、その分さっぱりして油っこさが皆無で、胃にもたれないのがよかったです。


 チャーハンの塩気に負けないチーズが合いますので、モッツァレラチーズよりも今回のようにとろけるチーズか、もしくはチェダーチーズの方が相性がいいと思います。
 今回はハナちゃんのチャーハンでしたが、個人的にこれはカレー混ぜご飯&チーズの組み合わせにしたり、または他に具を巻き込んでもいけそうな気がしましたので、今度試してみようと思います。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2014.04.06 Sun 09:03  |  


確かこの話では、高力士は楊貴妃を殺した事にして逃がしてくれた筈だった気が……だから楊貴妃は中国と日本を行き来出来るとかなんとか


歩いて食べれる炒飯って発想は斬新ですよね!
真・中華一番でも春巻き風麻婆豆腐が有りましたが、中華一番は《真》になってからはこう…何というか…ですし(ゴホゴホ

  • #-
  • URL

2015.03.17 Tue 18:43  |  

このブログを見て、春巻きチャーハンに挑戦しました!
不器用なせいか、春巻きの太さが倍ぐらいになり、
春「巻き」というよりは、春「たたみ」になってしまいました;;
食べた感想は「ちゃんと作れればおいしいんだろうな~」という感じですw
自分のでもじゅうぶんおいしかったですが。
こんな料理を思いつくハナちゃんはすごいですねv

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1016-f45104b2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ