『花のズボラ飯』の“花さん流セリまみれ蕎麦”を再現!

 先日、冷蔵庫の野菜室にうっかり放置したまま忘れていたにんじんを発見しました。
 幸い腐ってはいなかったのですが、全身に白い産毛のような根っこ(?)がいくつも張っている状態で、「生きているんだな…」と妙に生々しい気持ちになり、ありがたく全部にんじんしりしりにして頂きました。
 一瞬、「まるでスネ毛がもじゃもじゃ生えた足見たいだな~」と思ったのは家族には内緒です;。

 どうも、新鮮な玉ネギを切った時乳白色の汁がだらだら流れたのをみて「殺生してるな…」と食材に対するありがたみが否応にも増した管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『花のズボラ飯』にて花さんがピクニック先で買った新鮮なセリで作った“花さん流セリまみれ蕎麦”です!
そば花さん流セリまみれ蕎麦図
 ある晴れた春の休日、花さんは近所にある川沿いの道へ足をのばし、久々にハイキング気分でのんびり歩く事にします。
 元々ズボラなハナさんは面倒な事が苦手で、仕事以外で外を出歩くシーンはあまりなかったのですが、さすがにここ数日の春の訪れっぷりにじっとはしていられなくなったようで、歩き出してすぐに「あー気持ちいい!!出てきて正解!!」と嬉しそうに言っていました。
 この日、花さんはつぶしたコロッケと千切りキャベツをバタートーストに挟んで作ったコロッケサンドと、紅茶○伝のロイヤルミルクティーを持参していたのですが、ポカポカ陽気の青空の下で食べると美味しさもひとしおらしく、「うんま~い!!」と涙ながらに喜んでいました;(←確かに、お弁当は室内で食べるのと、外で食べるのとでは段違いに味が違うと思います。非日常的な解放感と、新鮮な空気で味がワンランク上がるからかな?と個人的に推測しています)。
 花さん曰く、「ちょっと時間がたって冷めたトーストサンドって、シナッとした香ばしさが最高にうまい。キャベツにソースもなじんでバターもきいてて」「こればかりは出来たてより、ゼーッタイウマい!!」のだそうですが、当管理人も全くの同感で、読んでて思わず「塩昆布入りのおにぎりも、そこに追加して下さい!」と要望したくなったほどでした;。
 作りたて、握りたてもいいですが、たまにはこういう「なじんだからこそ生まれる美味しさ」もいいよな~としみじみします。
サンドイッチと紅茶を持参し、久々にピクニックをしに行った花さん。
 その後、春の空気を満喫しきった花さんは帰路に就くのですが、その途中、道端で穏やかなおばあさんが販売している野菜に目が留まり、少し立ち寄ります。
 当初は特にお目当ての野菜がなかった花さんですが、おばあさんが何気なく言った「セリがもう終わりだけど、おいしいよ。セリそばにすると」「簡単でおいしいよ」という言葉に興味がそそられ、「え。どうやるんですか?」と質問責めにします。
 急に食いついてきた花さんにしどろもどろになりつつ、それでも分かりやすく説明しようと一生懸命話し出したおばあさんによりますと(←段々、「そんな大層なレシピでもないんだけど…」と言いたげにアセアセする様子に萌えました)、茹でた乾麺のそばをおつゆの鍋へ入れる際、切ったセリを入れてちょっと煮るだけですぐに出来上がるとの事で、長年培ってきた簡単でうまい物センサーが反応した花さんはすぐに作る事を決意してました;。
 今回の花さんのように、生産者の方へ直接レシピを伺う機会は残念ながらあまりないのですが、野菜の直売所に置いてあるレシピはセリそばのように意表を突かれるお手軽さ&おいしそうな料理ばかりで外れがありませんので、読んでいていいな~と羨ましくなったのを覚えています。
畑の傍にある直売所で、思わぬ美味しそうなレシピと出会ってしまいます;
 そしてその日の夕方、花さんがおばあさんから買ったセリを使い少々アレンジして作った夕食が、この“花さん流セリまみれ蕎麦”です!
 作り方はオリジナル同様簡単で、茹でた後に一旦水でしめた乾麺のそばと刻んだセリを、麺つゆを薄めて温めて用意したそばつゆへ加え、そばが温まったら器へ移して千切った海苔をかけ、最後にわさびをちょんと添えたら出来上がりです。
 ポイントはセリを一束分贅沢に使う事で、セリをたっぷり入れると香りが俄然よくなると作中で花さんが力説していました。
 ちなみに、海苔とわさびを加えるのは完全に花さんのアイディアで、両方とも食べている時に「ひらめいた!これに焼き海苔を入れる!!」「海苔かけってことは花巻蕎麦だから、これも合うはず!」と完全に勘で投入したのが大当たりしたとの事で、相変わらずの美食コーディネーターっぷりだな~と苦笑しました;。
 なお、調べてみた所、どうやらセリそばは静岡県の郷土料理だそうで、そちらの方では一緒に煮るのではなくかけそばの上に茹でたセリをたっぷり乗せるのが本式みたいでした。
 なので、もしかしたらあのおばあさんの出身地は静岡県なのかもしれません。
 こういう、言葉には出さずとも食事や習慣によって縁の地が自然と伝わってくる感覚は、何だかいいな~とほのぼのした回でした。
いつも通り神がかった花さんのアイディア力は、セリ蕎麦を倍以上の美味しさにします
 先日、セリが野菜の直売所にて安売りされていましたので、再現する事にしました。
 作中には詳細なレシピが記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、食材の下準備。セリは泥を丁寧に洗い流した後に食べやすい長さにザク切りし、おつゆは小鍋へラベルの割合表通りお水で割った麺つゆを入れておく事で用意します。
 一方、蕎麦は袋の裏面に書いてある通りの茹で方を守って茹でた後ザルにあけ、冷水でぬめりをとってしめておきます。
花さん流せりそば1
花さん流せりそば2
花さん流せりそば3
 次は、火入れ作業。
 先程のおつゆ入り小鍋を火にかけ、沸騰させたらよく水気をきった蕎麦とセリを投入し、再度沸騰してくるまで待ちます。
 数十秒後、一度下がったおつゆの温度がまた上がってきてふつふついいますので、その時蕎麦が温まっているのを確認したらざっとひと混ぜし、すぐに火を消します。
 ※セリはあっという間に火が通りますので、短すぎるくらいが頃合いです。
花さん流せりそば4
花さん流せりそば5
花さん流せりそば6
 この温まったばかりのセリ入り蕎麦をおつゆごと丼容器へ一気に入れ、仕上げに千切った海苔を上から散らして傍らにわさびを添えれば“花さん流セリまみれ蕎麦”の完成です!
花さん流せりそば7
 セリの瑞々しい緑色が茶色っぽい丼の中で輝き、食欲をそそります。
 ほんのり熱が通ったセリから漂う野趣あふれる清涼な香りが心地よく、思ったよりも蕎麦の香りを邪魔していないのにほっとしました。
 一体どういう味になるか今一つ想像できませんが、実際に食べて確認してみようと思います!
花さん流せりそば8
 それでは、麺がのびない内にわさびを溶かしていざ実食!
 いっただっきま~すっ!
花さん流せりそば9


 さて、味はと言いますと…予想以上にセリが活きてて旨し!単純な割に後引く味わいです!
 シコシコした歯応えで喉越しがい蕎麦と、半煮えでしんなりしつつも十分シャキシャキザクザクと鮮やかな食感のセリがぴったりで、一口食べると箸が止まりません。
 鰹出汁が効いた甘辛いおつゆ、海苔から薫る磯の風味、わさびのツンとくる和の辛味の絶妙な組み合わせは、例えるなら「温かいざる蕎麦味」ともいうべき美味しさでそばに合わないはずがなく、初めて食べるはずなのに何だか懐かしい気持ちになります。
 最初は花さん同様「せりは個性が強いし、こんなに入れたら多すぎなんじゃ…」と心配でしたが、セリのフレッシュなアクセントが加わる事によって蕎麦の味わい深い旨味がより引き立つのがちょうどいい塩梅で、抜群の相性でした(←野菜が美味しくたっぷり取れてヘルシーなのが体に嬉しく、むしろもっと入れてもいいくらいです;)。
 セリを噛み締めた時に鼻腔を通り過ぎる、野草を思わせる清々しい香気が春らしさを実感させるのが趣深く、癖になりました。
 不思議な事に、セリ自体は柑橘類っぽい味は全くしないにも関わらず、まるでカボスかすだちを絞ったような爽快な香りが口の中に残る感じで、それが一段とさっぱり感を強調しています。


 セリだけでここまで味に変化があるとは思わなかった為、目から鱗です。
 作り方が簡単な割にはかけそばよりもぐんと味がアップしますので、ズボラな方にもそうでない方にもおすすめな一杯です。

●出典)『花のズボラ飯』 原作:久住昌之 作画:水沢悦子/秋田書店
   (季刊「もっと!」 VOL.6 エレガンスイブ5月1日増刊号掲載分)
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2014.04.29 Tue 22:30  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2014.05.06 Tue 18:15  |  

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。「孤高のグルメ」「花のズボラ飯」の食べ物表現は独特かつ、あるあるな感じが素晴らしいと思ってます。今回のセリ蕎麦も美味そうですね。以前、東京都中野の食堂七彩(ラーメン屋)で食べたセリラーメンを思い出しました。ほとんど生のセリが鮮烈でした!
これからも無理しない程度に再現料理をよろしくお願いします。

  • #-
  • マーシー
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1030-3b6314e7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ