『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』の“5分で完成!!ココナッツミルクカレー”を再現!

 先日、前の号のモーニングに読みきりで載っていた猫漫画『ミーコ』を立ち読みしたのですが、隣にいた相方さん共々不覚にも涙ぐんでしまい、即その号を購入しました。
 猫漫画にしては珍しく、猫が喋るシーンや独白シーンは一切ないのですが、猫がちょっとした瞬間に見せる表情や行動がリアルに描かれており、はっとさせられます。
 十六年飼い主である青年に寄り添ってきた白猫ミーコと、青年とミーコが同じくらい大好きな青年の新しい彼女の、言葉がなくとも少しずつ心を通わせる様子が微笑ましくて、キャラだけでなく漫画の中に流れている独特の「空気」をも愛しく感じたのは、この作品が久々でした。

 どうも、近所に住む老猫が「ちょっとだけやで」と余裕半分諦め半分で構ってくれる瞬間が至福の当管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』にて広田先生が芝田先生から教わったカフェ飯風な一品・“5分で完成!!ココナッツミルクカレー”です!
5分で完成!!ココナッツミルクカレー図
 広田先生はお洒落なお店や食べ物に結構弱い方なのか、作中でもリア充達のたまり場みたいなカフェ(何故か鳥取県だけに出店しない某有名珈琲店とはまた別です;)に想いを馳せるシーンがちょこちょこ登場しているのですが、その中でも特に憧れ度が高そうに感じられたシチュエーションが、イケてるグループのママ友たちとのランチ会!
 と言いますのも、広田先生は漫画家というお仕事柄、お昼の時間帯に気軽に連絡を取り合ってランチをするママ友がいらっしゃらないらしく、「小洒落たお店で気の置けないママ友とランチをしたい」という願望が叶う機会がなかなかなくて「一人ぼっち」「孤独で死にそうだー」と少数派の苦しさに苛まれていたとの事(←当管理人も、お昼は薄暗い室内で変わり映えのしない自作弁当をモソモソ食べるだけで終了しますので、そのきつさは分かるような気がしますorz。そもそも知人達も、ランチする仲というよりは居酒屋をはしごする仲で、ママ友ランチのような健全さ、品の良さが欠片もありませんし…;)。
 しかし、そんな広田先生の悩みを聞いた芝田先生は、「大丈夫よ、なっちゃん!!このメニューで解決よー」とあるカフェ飯風のメニューを教えて下さいます。
 こういう、「行けないなら行けないで、お家でそれっぽい物作っちゃえばいい!」という発想は視野が広まるので好きですね(´∀`*)。
漫画かという職業柄、ママ友とおしゃれなカフェでランチが出来ない事を悩まれてました;
 この時、芝田先生がご紹介されていたのが、“5分で完成!!ココナッツミルクカレー”です!
 作り方は5分とおっしゃるだけあってとても簡単で、みじん切りにしたしょうがと油を熱したフライパンへ、カレー粉を練りこんだ合挽き肉・玉ネギ・にんじん・ピーマンを入れて炒め、続けてコンソメ・醤油・塩・砂糖・ケチャップ・ココナッツミルクパウダー・お湯を投入して味を調え、最後に雑穀米ライスの上へかけたら出来上がりです。
 ポイントは野菜を大きめのみじん切りにする事で、こうすると一段とシャキシャキ感が増して口当たりが俄然よくなると芝田先生は説明されていました。
 調べてみますと、ココナッツミルクパウダーは液体タイプのココナッツミルクよりも癖がなくあっさりしていて、脂肪分も少な目になっている為大分食べやすくなっているとの事で、ココナッツミルクがあまり得意でない方にも受け入れられそうなのが嬉しい一品です。

 実を言いますと、このカレーは芝田先生の娘さんの大好物で、帰省する際にはいつもリクエストされるそうなのですが、材料も家にある物ばかりですぐに対応できる為、ちょっと急な時でも「まかせて、5分で作るから!」と了解すると作中でお話されていました。
 実際に試食した広田先生がおっしゃるには、「こっこれはおいしい!ココナッツミルクのクリーミーな感じと、カレーのスパイシー感がバッチリな相性!!」「噛むたび野菜がザクザクしていて、病みつきになる食感!!」とかなり高レベルな味わいのようで、じっくり煮たカレーとはまた一味違った美味しさみたいでした(←煮込んで味をまったり熟させる欧風カレーもいいですが、こういうさっと短時間で作れるフレッシュな本場インド風カレーもいいな~と思います)。
試食したなっちゃん先生によりますと、ザクザクした野菜の食感が癖になるのだとか
 ただ、「5分で完成!!」と銘打ってはいるものの、芝田先生が実演されるのを傍で見ていらっしゃった広田先生は後に「これならすぐできますね!!…でも5分は……ないかと…」と遠慮がちにおっしゃっていましたので、余程スピーディーで手慣れた方でないと、実際に5分で作る事は無理なようです;。
 ちなみに、この他にも芝田先生は電子レンジとミキサーを駆使して作る“かぼちゃのポタージュ”や、余ったココナッツミルクパウダーを流用して作れる“いちごの超簡単デザート”のレシピもご紹介し、広田先生が家の中でも本格っぽいカフェ飯が楽しめるようにして下さっており、広田先生も少女のように喜んでいました。
 …けれども、如何にカフェ飯風のお洒落ランチが用意できた所で結局食べるのは一人、肝心なママ友とのおしゃべりランチタイム問題は解決できていないと最後の最後で気づいて落ち込まれた広田先生は、その後開き直って一人ランチを満喫されてました;。
 まあ、『孤独のグルメ』でも一人飯の達人・五郎さんは「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで…」という名言を残してますし、一人ランチだと自分のペースで100%ご飯に集中して食べられて非常に気楽ですので、ある意味究極の結論に至られたのかもしれません(←と、フォローさせて頂きます;)!
芝田先生は超人的スピードで五分以内に作れるみたいですが、よほど手際がよくないと難しそうです;カフェ飯風に作れたとしても、結局一人で食べる事には変わらないことに気づいて青ざめる先生;
 先日、ココナッツミルクパウダーをやっと輸入食材店で見つけられましたので、再現する事にしました。
 作中には分量つきの詳細なレシピが記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、食材の下準備。牛豚の合挽き肉をボウルに入れて上からカレー粉をふり、全体にスパイスがなじむまでよく揉みこみます(←後々ばらばらにして炒めますので、ハンバーグを作る時程長く揉まなくて大丈夫です)。
 にんじん、玉ネギ、ピーマンは、全て大きめのみじん切りに切っておきます。
 その間、フライパンにしょうがのみじん切りと油を入れて弱火で熱し、香りが出るまで焦がさないよう火を通します。
5分で完成!!ココナッツミルクカレー2
5分で完成!!ココナッツミルクカレー1
 次は炒め作業。
 先程のフライパンからしょうがの香りがたってきたら中火にし、カレー粉入り合挽き肉を投入して細かくほぐしながら炒め、全部茶色くなるまで火が通ってきたらにんじん、玉ネギ、ピーマンを加えて炒め合わせます(←にんじんだけ心持ち早めに入れた方が、生煮えの心配がないです;)。
 全体的に半分くらい火が通ったらコンソメ、塩、醤油、ケチャップ、砂糖を入れて味を調えます。
5分で完成!!ココナッツミルクカレー3
5分で完成!!ココナッツミルクカレー4
5分で完成!!ココナッツミルクカレー5
 そこへ間髪入れず、ココナッツミルクパウダー(ない場合は缶詰のココナッツミルクでもOKです)と熱湯を加えてざっと混ぜ合わせ、そのまま煮ます。
 ※こちらのカレーは野菜の食感が命ですので、ぐつぐつ沸騰しだしてきたらすぐに火を止めてコンロからおろした方がいいです。
5分で完成!!ココナッツミルクカレー6
5分で完成!!ココナッツミルクカレー7
5分で完成!!ココナッツミルクカレー8
 カレーが沸騰してきたら手早く火からおろし、炊き立ての雑穀米ご飯を丸く盛り付けたお皿へたっぷりよそえば“5分で完成!!ココナッツミルクカレー”の完成です!
5分で完成!!ココナッツミルクカレー9
 にんじんの赤、ピーマンの緑、玉ネギの黄色、そして雑穀米の紫のカラフルな色合いが見るからに綺麗で、テーブルに置くとその場がパッと華やぎます。
 ココナッツパウダーを結構入れた割にココナッツの匂いは気付かないくらい薄かったので、ココナッツが苦手な方でもすんなり受け入れられそうな感じがしました。
 煮込まず作るカレーは今まであまり作ったことがありませんので、どういう味に仕上がっているのか楽しみです!
5分で完成!!ココナッツミルクカレー10
 それでは、ご飯とカレーをスプーンですくっていざ実食!
 いっただっきま~す!
5分で完成!!ココナッツミルクカレー11


 さて、味の感想ですが…野菜がバクバク食べられるヘルシーカレーで旨し!ひき肉にカレースパイスがちゃんと染み渡っていて、食べやすいのがナイスです!
 玉ネギのザクザク、ピーマンのバリバリ、にんじんのサクサクした歯触りがすごく爽快で、カレーに入れて煮込んだ野菜にしてはあまりにもシャキシャキとフレッシュな野菜の食感が癖になりました←カレーの具というより、カレー風味の温野菜サラダみたいな感覚で頂けます)。
 その為、野菜の出汁は欧風カレー程は溶け込んでいないのですが、相場よりもやや多めに入っているひき肉の旨味たっぷりな油分と、ココナッツミルクのエキゾチックな風味のコクがカレーのスパイシーな味わいをうまくまとめるのに一役かっており、あっさりかつそこそこ深みのあるルーへと仕上げるのに成功していました。
 例えるなら、ドライカレーの肉々した感じと、スープカレーのサラッとしつつもエキスが濃縮された感じを足して二で割ったようなイメージですが、スープカレーにしてはほんのりとろみがついて優しい口当たりなのが特徴的です。
 意外にも、ココナッツミルクにありがちな独特の甘やかな香りは予想以上に残っていませんでしたので、エスニック料理が苦手な方でも気にせず食べられそうでした。
 ココナッツミルクによってついたほのかな甘味とクリーミーさが効いた、無国籍風の甘辛いカレー味が美味な一品で、普通のカレーとは一風違った後口を、ちょっぴりモチモチして力強い味の雑穀米がしっかり受け止めているのが相性抜群でよかったです。


 未熟な当管理人の腕では五分以内に作る事は出来ませんでしたが(準備も含めて二十分かかりましたorz)、味は短時間で作ったにしては本格派ですのでかなりおすすめです。
 ココナッツミルクを使ったり、カレースパイスをあれこれいじったらまた違った美味しさになりそうですので、近々また試してみたいと思います。

●出典)『ママの味♥魔法のおかわりレシピ おかず編』 作者:広田奈都美 監修:芝田里枝/秋田書店
     (2013フォアミセス5月号別冊ふろく)
●参考資料)『ママの味♥芝田里枝の魔法のおかわりレシピ』 著者:広田奈都美 監修:芝田里枝/秋田書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1032-7f254ccc
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ