『3人分クッキング』の“赤きラー映えし氷結ぶっかけそば”を再現!

 昨夜、ワールドグランプリ女子バレーの日本VS中国の試合をTV観戦して日本がストレート勝ちしたのを見届け、その後にあった選手のインタビューを拝見していたんですが、その時宮下遥選手が「ブログで失敗して迷惑をかけて」と言ったように聞こえ、一瞬ギョッと動揺;。
 前々からブログやツイッターで炎上する有名人の姿を何度も目にしていた為、「もしかして、私が知らないだけで何か騒ぎがあったんだろうか…」とハラハラしていたのですが、それに気づいたバレー大好き人間の母が「違う違う、ブログじゃなくてブロック!!」と聞き違いを訂正してくれましたので、それ以上恥の上塗りをせずに済みました(←心の中で「ナイスディフェンス!」と思いましたが、冷たくあしらわれそうなので言うのはやめときました;)。
 このように呪われたイヤホンをつけた耳を持つ当管理人ですが、不思議な事に検査で引っかかった事は一度もなく、ヒソヒソ話を聞きのがしたこともありません。

 どうも、暑さがひどいと口を開くのも億劫になって、「何て言ったの?」とよく聞き返されるほど言葉が不明瞭になる当管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『3人分クッキング』にてまどりさんがマンネリ化していた夕食を変えるべく作った“赤きラー映えし氷結ぶっかけそば”です!
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば図
 それは、真夏のある日の事。
 クーラーがなかなかきかない暑い室内で長時間調理するのが面倒になったまどりさんは、作るのが楽でスルッと軽く涼しく頂ける冷たい麺類ばかり作るようになり、とうとう「ざるそば→ざるうどん→素麺→ざるそば…」という魔のループを繰り返すようになってしまいます。
 炭水化物だけで夕食を済ませると体に悪いので、「これはまずい傾向だな…」と読んでてお三方が心配になったものでしたが、考えてみれば当管理人もこの時期になると必ず乾麺の冷やし中華を具なし・付属のふりかけオンリーでツルッと頂くのをハイローテーションで繰り返していますので、内心ギクッとしたのを覚えています;←外で食べる具沢山な冷やし中華もいいですが、お店ではまずお目にかかれない、ふりかけのサクサク感だけで駄菓子っぽく食べるチープな冷やし中華は家ならではの味って感じで、好きなんです…)。

 当然、そんな日々にいい加減嫌気がさしたほずみさんは、「飽きたよ!!」「NO MORE 冷そば」と抗議するのですが、冷静なあゆむさんは「待て!ほっさん!まどりは手札に最強のカードを持っている」「全てを放棄するスペルカード<じゃあ自分で作れば!?>だ!!」ともっともな事を言って説得していた為、すぐに黙っていました;(←どこのご家庭でも、すごい効力を発揮するセリフですよね…。家に帰れば自動的においしいご飯が出来ているのは、かなり楽な事だったんだと当管理人も実感しておりますorz)。
毎日そばか素麺かうどんのループで、飽き飽きしていたほずみさんが爆発!
 しかし、幸いにも当のまどりさん自身が冷たい麺にうんざりしていたおかげで、台所ストライキ権の執行という最悪の事態は免れ、私も飽きたしいいでしょう!今回は冷たい麺類の飽きさせないアレンジ法といきましょう!」とかえってやる気を出してくれてました;。
 その際、まどりさんが家にある材料をこれでもかとばかりに総動員して作り上げたのが、この“赤きラー映えし氷結ぶっかけそば”です!
 作り方はとても簡単で、茹でてカツオ風味の麺つゆをかけたおそばの上に、冷凍スライスオニオン(←玉ネギを薄く切って冷凍するだけで出来ます)・食べるラー油・いりゴマ・卵の黄身・もみ海苔をトッピングし、最後に氷を数個飾り付けたらもう出来上がりです。

 いりゴマと卵の黄身はともかく、冷凍スライスオニオンや食べるラー油まで乗せるとは予想外だった為、初見時は「まるでパスタソースみたいな組み合わせ…」と完全に度肝を抜かれたものです←ちなみに、ネットで「そば 食べるラー油」で検索した時意外とヒットしましたので、「え、実はよくあるレシピ?!」と衝撃を受けたのですが、よく見るとそばはそばでも中華そばだった為、「そっちか!」と思わずずっこけました;)。
 まどりさん曰く、「他の冷やし麺にも合いますが、そばが一番合うんですよー」との事で、正直初めは半信半疑でしたが、よくよく思い返せばフランスではガレットというそば粉のクレープにチーズと玉子を合わせられてたり、ネパールではそばがきみたいなディロという料理に唐辛子やカレーのタレをかけられていたりと、意外とそばは個性の強い食材と調和する事がわかっていますので、これも案外ありなのかもしれない…と興味深く感じました。
「じゃあ、自分で作れ!」という攻撃は、自身も飽き飽きしていたことから避けられました;何と、ざるそばにあの「食べるラー油」をプラスするという大胆な策にでます!
 その後、あゆむさんとほずみさんは「なんだってー」とMMR風に驚きつつも恐る恐る食べるのですが、「うっ!うっま!止まらん」「刺激的な味でそばが復活!!」「無限おかわりからのデッキアウトは不可避!!」とすっかり夢中になっており、最終的には「イケる!こーゆーアレンジを駆使すればひと夏、イヤ10年はそばだけで闘えるネ!」とざるそばOK宣言をされる程気に入られていました(←結局、まどりさんはアレンジがこれのみしか思いつかなかったので、再び絶望しているのですが;)。
 ざるそばを食べるだけでも十分ひんやりしますが、これは凍った玉ネギがさらに口の中を冷やし、食べるラー油と卵黄が冷やし麺とは思えぬボリューム感をプラスしてくれそうですので、ありきたりな麺メニューに飽きがちな夏に重宝しそうなレシピだな~と感心したものです。
一見ゲテモノ風な組み合わせですが、かなりおいしかったみたいで二人ともショック!
 食べるラー油が思いがけず安く手に入りましたので、再現してみる事にしました。
 作中には大体の作り方が書かれていましたので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、材料の下準備。玉ねぎは薄くスライスしてバラバラにした後平べったくなるようジップロックに入れ、冷凍庫に丸一日以上入れてキンキンに凍らせます(←凍らせる時厚みがあると、一つに固まって使いにくいことこの上ないです;)。
 その間、卵は卵黄のみ分けておき、そばは袋の裏に書いてある時間通り茹でて流水でもみ洗いし、水気をしっかりきってお皿に移しておきます。
 ※卵白はこの料理には使いませんので、ほかの料理に使ってOKです。
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば1
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば2
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば3
 次は、盛り付け作業。
 そばへカツオ風味のめんつゆを回しかけたら、その上に冷凍スライスオニオン、食べるラー油、いりゴマをまんべんなくふりかけ、中央に卵の黄身を割らないようそっと落とします。
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば4
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば5
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば6
 調味料と具を乗せ終えたら最後にもみ海苔を散らし、食べる直前に氷をそばの回りにカランと飾れば“赤きラー映えし氷結ぶっかけそば”の完成です!
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば7
 そばというよりはユッケ風の見た目ですが、真っ赤なラー油とツヤツヤした黄身の取り合わせがとてもおいしそうで、見るからに食欲がそそられます。
 にんにくの香りがするそばキムチ味のそばは食べたことがありますが、ここまで中華風の味付けのそばを食べるのは初めてですので、一体どういう仕上がりになっているのか楽しみです!
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば8
 それでは、麺が伸びないうちにいざ実食!
 いただきまーすっ!
赤きラー映えし氷結ぶっかけそば9


 さて、感想はといいますと…イロモノかと思いきや、意外とちゃんと美味しくて衝撃!食べるラー油の新しい使い道発見です!
 食べるラー油に含まれている唐辛子のほのかな辛さ、にんにくチップのがっつりした旨味、ゴマ油の香ばしい香りが、そば独特の素朴で少し癖のある風味と相性抜群で、妙に後引く個性的な甘辛コク味に仕上がってます。
 正直、水気のない和え麺風にしてたらややくどい味わいになっていたと思いますが、卵黄と氷により程よくまろやかでスルッと頂ける濃度のつゆに変身しており、満足しました。
 例えるとするなら、「酸味を取り除いて和風仕立てにしたビビン麺風冷やしそば」というイメージで、食べ進めて氷が溶けてくるにつれ、韓国冷麺風のさっぱりした味つけに変化していくのが面白かったです。
 冷凍する事でシャリシャリとフローズンで涼しげな食感になり、不思議と生以上に濃い甘さになった玉ネギがいいアクセントになっていて、少々こってり系になったそばつゆを爽やかな後口にしているのに感心しました(←薄くスライスしたせいか、凍った物を囓った時特有のキーンとしみる感じがほとんどしないのがよかったです)。
 あと、ゴマのプチプチ感と海苔の磯風味が地味に単調さを防いでいたのがナイスで、最後まで冷たく飽きずにスルッと頂けるのにしっかりスタミナがつくのが夏バテの身には嬉しかったです。


 一度そうめんで試してみましたが、まどりさんの言う通りそばの方が断然相性がいいように感じましたので、これはそば専用のレシピといってもよさそうです。
 但し、時間が経てば経つほど冷凍スライスオニオンが溶けてふにゃっとしてしまいますので(←これはこれで美味です)、食感の鮮やかさを重視する方はすぐに食べきってしまう事をおすすめします。

●出典)『3人分クッキング』 futa/一迅社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2014.08.25 Mon 12:18  |  


ホントに面白いです。
普段ブログは友達のもみませんがあんこさんのだけは別格です!

できればミスター味っ子をもっとやって頂きたいです。

わがままですいませんがよろしくお願いします。

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1061-ffcb954d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ