『大使閣下の料理人』の“オヤジ風サンマ丼”を再現!

 最近、『九州戦国の女たち』を拝読したのですが、びっくりするくらいたくましい姫君&城主婦人たちの姿に驚き、一気に興味を抱きました。
 家と跡継ぎを守る為に四十代後半で家臣の元へ「押しかけ女房」として嫁ぐ事を決意し、後にその話を知った家康から感心された龍造寺隆信の母・慶誾尼、圧倒的に不利な状況にも関わらず計略の限りを尽くして城を守り抜き、秀吉から「対面して恩賞をとらせたい」とまで言われた妙林尼など、自ら道を切り開いていった女性も魅力的でしたが、その中で一番親しみを覚えたのが鍋島直茂の正室・陽泰院
 というのも、お二方とも戦国の世では珍しい恋愛再婚で、前妻と別れたばかりの鍋島直茂(32)が主君と共にあるお屋敷へ昼食を取りに立ち寄った際、炊事場で未亡人の陽泰院(29)が機転をきかせて大量の鰯をあっという間に焼き上げたのを見て一目惚れし、何度かお屋敷に夜這いして通った後に結婚したというエピソードがあったからで、現代でも通用しそうな馴れ初め話に親近感を抱いたものです(ちなみに夜這いした帰り、家臣から泥棒と間違われて追いかけられ、逃げる途中に足の裏を斬りつけられて跡が残ったという「どこのコメディですか?」と聞きたくなる実話も残ってます;)。

 どうも、夫婦共に八十代になるまで生きたおかげで夫と長く一緒にいられた陽泰院に、自分もあやかりたいな~と思った当管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『大使閣下の料理人』にて主人公である大沢公さんの長女・かおりちゃんが疲れた父を元気づける為、祖父の巧さんと一緒に考えた料理・“オヤジ風サンマ丼”です!
オヤジ風サンマ丼図
 それは、ひとみさんが長男・匠君を出産するのを手助けする為に公さんが日本に帰国し、ドタバタしていたある夏の日の事。
 浅草にある老舗洋食屋・<うさぎ亭>のオーナーシェフをしている祖父の巧さんから、バイトの子が夏風邪を引いて急に休むことになったので一日だけウエイトレスをして欲しいと頼まれたかおりちゃんは、喜んでお手伝いする事にします(←一瞬、「夏休み明けに提出する作文は、職場体験レポートがナイス!」「ウエイトレスを通じて知った仕事の厳しさと、おじいちゃんの働く姿を見て感じた感想だったら、すごく書きやすそう!」と考えてしまった当管理人は、大分打算的な大人になってしまったようです…orz)。

 幸いかおりちゃんは飲み込みが早く、混雑するランチタイムでもそつなくお運びをして巧さんを喜ばせ、仕事後に「親父がうるさいから現金は渡せないけど、現物支給で欲しいものがあったら何でも言ってみろ」と太っ腹な事を言われるのですが、この時かおりちゃんがお願いしたのは「パパぐらいの年齢の人が食べる、渋い料理を教えて!<オヤジ料理>ってやつ!」という、何と公さんに関する事。
 かおりちゃん曰く、匠君が生まれてお母さんが入院して以来、毎日の食事はずっと自分が担当しているそうなのですが、最近「私の好きな料理ばっかりパパに出しちゃってた」と気づいて反省したそうで、せめて今からでも大人の男性が食べて嬉しくなるものを出して力をつけさせたいと考えたとの事で、初見時は「こんなことを娘から言われていたと知ったら、多分泣いてしまう…つД`)」と思ったものです;。
初めてのバイト代は、自分の為ではなくパパの為に使う娘さん…かおりちゃんはよくできてます。
 最初は「思いっきりオヤジ臭いのがいいな。食べるとオヤジ度120%UPするやつ」と言うかおりちゃんを、「…かおりが食べるのか?」と怪訝そうにしていた巧さんですが(←普段はあまり孫娘に干渉しない祖父ですが、こんな幼い時からオヤジっぽい少女になるのはさすがに嫌だったみたいです;)、一通り話を聞いて納得してからはその心意気を気に入り、早速調理の準備に取り掛かります。
 とはいえ、巧さんが公さんの好みを知っていたのはせいぜい子どもの頃までで、成人してからの好みは全く知らなかった為、「どの道まかないを作るところだったんだ、二人でいっしょに考えてみようや」と手探りでオヤジ料理を考えてみる事にしていました。

 実を言いますと、結局お二人は二種類のオリジナルオヤジ料理を生み出すのですが、その内の一つはズバリ、丼。
 当初はてっきり洋食系のメニューだと予想していた為、少し意外に感じましたが、巧さんが主張するには「究極のオヤジ料理。それは、ホカホカ飯の上になみなみと具をのせた丼物に尽きる!」「かつ丼、玉子丼、親子丼、うな丼、天丼、かき揚げ丼…丼の中に飯とおかずを詰め込んで豪快にかき込むその単純明快さは、まさにオヤジそのもの」だそうで、そのあまりの熱さに圧倒され、妙に納得させられたのを覚えてます;。
 しかしよくよく考えれば、某牛丼店が開店した時主な客層はサラリーマンだったとの話ですし、周囲でも丼が好きだと公言されているのは男性の方がやや多い気がしますので、感覚論なようで結構鋭い所をついている気がします(←ただ、これはオヤジの方に限った話ではなく、「全年齢層の男性」が丼物を好みやすいと言った方が、より正しい気もしますが…;)。
親父料理としてふさわしいのは、単純明快な丼料理だと語っていました。
 この時、巧さんとかおりちゃんが冷蔵庫にあったサンマにいろいろ手を加えて作ったのが、“オヤジ風サンマ丼”です!
 作り方はそこそこ簡単で、オリーブ油をひいたバットへ三枚おろしにしたサンマを並べ、生姜焼きのタレ・山椒・黒胡椒・パン粉をかけてオーブンで焼いた後に炊き立てご飯へ移し、最後ににんにくチップと、オクラ・醤油・鰹節を混ぜた和え物を乗せたら出来上がりです。
 ポイントは、サンマを焼く時必ず皮目を上にしてパリッとさせることくらいで、手が込んでそうな見た目によらずお手軽なレシピに、強い魅力を感じたものです。
 何でも、 「脂ののったサンマとにんにくチップで疲れたオヤジの体に喝!」「そして栄養満点ネバネバ食品のオクラを加えてさらに喝!」というイメージで作ったみたいで、確かにこれはスタミナがつきそうだな~と思いました。

 サンマの味付け方法と焼き方は巧さんが決めたものでしたが、サンマを手際よく捌いたり、にんにくチップやオクラをトッピングするのを思い付いたのはかおりちゃんのお手柄で、こういう所はお父さんに似たんだろうな~としみじみしました(←ひとみさんも料理はそれなりに作れるのですが、公さんにくらべるとやや不器用でそこそこの味に留まるらしい事が作中で描かれてます;。けれども、公さんは一生懸命作ってくれるひとみさんの気持ちが嬉しいようで、いつも美味しいと食べていますので、いいご夫婦だな~と思います)。
 個人的には「オクラの粘りに疲労回復効果があって、尚且つ鰹節と醤油をかけたら男性受けする事まで知ってるなんて、勉強してるな~」と感心しましたが、どうやら巧さんは「オヤジの心がわかりすぎるのも不気味だな」という感想を抱いていたみたいで複雑な表情をしており、ハッとしました;(←もしかしたら、将来オヤジ並の酒飲みになるという伏線なのかもしれません;)。

 この後、かおりちゃんは自分だけの力でもう一つのオヤジ料理を考え出して巧さんをさらにびっくりさせるのですが、今日はいつもの如くまた長文になりましたので、また次回ご紹介したいと思います。
脂がのったサンマの身と、ネバネバオクラによって疲れた体に喝を入れる親父丼完成!あまりにも親父心が分かり過ぎる孫娘の姿を、心ならずも不気味だと思ったおじいちゃん;
 安くて脂が乗った新鮮なサンマが手に入りましたので、再現してみる事にしました。
 作中には大体のレシピが絵つきで載っていましたので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、サンマの下ごしらえ。サンマの頭を落としてお腹を開き、ワタをかき出してお腹の中を流水で綺麗に洗ったら三枚おろしにし(←出来れば、小骨も丁寧にとるとさらにおいしくなります)、三等分になるよう切り分けます。
 サンマを切り終えたら、オリーブ油をひいたバット(又は耐熱器)へ皮部分が上になるよう並べます。

 ※ワタは料理に使いませんが、捨てずにボウルへ入れて醤油と日本酒で和え、フライパンで少し煮詰めたら日本酒のおつまみに最適なワタ醤油ができあがります(サンマの刺身にかけたり、カボスを絞った茸類にかけて食べるとナイスです)。ワタの苦味が大好きな方におすすめです。
オヤジ風サンマ丼1
オヤジ風サンマ丼2
オヤジ風サンマ丼3
 次は、焼き作業。
 サンマを並べた所へ、醤油、みりん、おろし生姜を混ぜて作った生姜焼きのタレを回しかけ、山椒と黒胡椒を挽いたものをふりかけます。
 調味液を味見して塩気がちょうどいいのを確認したらパン粉をふりかけ、強火のオーブンで様子を見ながら焼きます(あんまり長く焼き過ぎると身がぱさぱさになりますので、そこまで時間をかけなくて大丈夫です)。
オヤジ風サンマ丼4
オヤジ風サンマ丼5
オヤジ風サンマ丼6
 パン粉がサクッとした感じになり、サンマに火が通ったのが分かったらすぐにオーブンから取り出します。
 その間、ボウルへ茹でてヘタを取った後刻んだオクラ・醤油・鰹節を入れてよく混ぜ合わせた和え物と、油をひいた弱火のフライパンでにんにくスライスをじっくり焼いて作ったにんにくチップを用意しておきます。
オヤジ風サンマ丼9
オヤジ風サンマ丼7
オヤジ風サンマ丼8
 炊き立てご飯をよそった丼へ焼きサンマを汁ごと乗せかけ、その上にオクラの和え物とにんにくチップを飾り付ければ“オヤジ風サンマ丼”の完成です!
オヤジ風サンマ丼10
 オクラの瑞々しい緑と、焼きサンマのこんがりと美味しそうなきつね色の組み合わせもさることながら、脂が焦げた香ばしい香りが素晴らしく、喉が鳴ります。
 材料は和風ですが調理法はまるっきり洋風な為味の想像がつきませんが、かおりちゃん達を信じて食べてみようと思います!
オヤジ風サンマ丼11
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いただきまーすっ!
オヤジ風サンマ丼12


 さて、味の感想はといいますと…始めはガツンとくるのに、不思議とあっさりした後口で美味!全く新しいイタリアン丼です!
 通常、焼いたサンマは大小あれどどうしても水分が抜けてぱさっとするものですが、これはオリーブ油で半ば煮るようにして火を通しているおかげでトロトロリと滑らかな舌触りで、口に含んだ途端ホロホロと柔らかく崩れ、ジューシーな脂と共にご飯に絡んでいくのがたまりません(←例えるとするなら、「アヒージョ風しょうが焼きサンマ」というイメージでした)。
 黒胡椒のビリッと刺激な辛さと、山椒の清々しい和の辛さが複雑に入り交じり、旬のサンマ特有のこってり濃厚なのにしつこくない脂分をキリリと引き締めるのがよかったです。
 爽やかに甘辛いしょうが醤油味のサンマは白いご飯にぴったりで、タレが染みて半分カリッと半分しっかりとしたパン粉のせいか、まるで魚版のカツ煮ともいうべき味わいなのが印象的でした。
 にんにくチップを噛み締めると途端に「スタミナ抜群!」という感じの美味しさになりますが、おかか醤油をまぶしてしょっぱ旨い塩気がついたオクラと一緒に食べると、ザクザクした食感とねっとりしたとろみで急にさっぱりヘルシーな旨さに変化する感じで、組み合わせ次第で全く別物になるのが面白かったです。
 当初は丼つゆが少ないのが心配でしたが、実際に食べてみるとサンマが濃いめの味つけなせいかぴったりで、むしろちょうどいいくらいでほっとしました。


 見た目は洋風っぽいんですが、味付けは「これにはご飯、絶対ご飯!」と思わず興奮しちゃうくらいの和風味で、我を忘れてバクバク食べました;。
 ご飯なしでお酒のおつまみにしてもいけますので、また作りたいと思います。

●出典)『大使閣下の料理人』 原作:西村ミツル 作画:かわすみひろし/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2017.01.29 Sun 05:46  |  夫婦のありよう

あんこさん、おはようございます。部屋飲みしながらコメントします。
ちょうど、このお話が載ってる23巻を読みながら飲んでまして、そういえば、あんこさんがこの料理再現されてるなー、と思い出しブログに来た次第です。
この巻は公さんと巧さん、かおりちゃんやひとみさん、亡くなられた美津さんなど、様々な親子や夫婦の形が盛り込まれていますね。
そして、独身時代に書かれた記事をご結婚を控えたあんこさんがどのように読まれるのか、そこにも興味が湧きます。戦国時代の九州の女性達の話を枕に書かれているので二重に奇遇な感じがします。
男目線では生姜醤油で香ばしく焼けた秋刀魚を乗せた丼、3合飯をガツガツいきたいぜ!などと料理の美味しさばかりに目がいきますが…。
寒さも極まる昨今、温かく美味しいご飯を食べて乗り切りましょう!とりとめのない話を長々失礼しました。これからも再現料理記事を、楽しませていただきます。
では、また〜╰(*´︶`*)╯

  • #jkZ6tFIc
  • kawajun
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1073-4af802e8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ