『クッキングパパ』の“鉄火パン”を再現!

 先日、母や帰省した妹と一緒に地元で美味しいと評判の焼肉屋さんへ行き、奮発してAランクのお肉を沢山頼んだのですが、予想以上に脂がのっていて胃にずっしりきた為、結局予定した時間よりも早く切り上げてしまいました;(←お肉自体は甘くてジューシーで、今思い出しても「また食べたい!」とうっとりするくらい夢のような美味しさだったんですが、三人で二皿食べれば十分な濃さだったのですorz)。
 それまで、安くてあまり脂がのっていないお肉ばかり食べてきた当管理人にとってこれはちょっとショックな出来事で、「小さい一切れのAランクカルビは、大ぶりで十切れ以上の激安ロースに匹敵するくらい、存在感が強い食べ物なんだな~」と、帰宅後胃薬を飲みながらしみじみしました。

 どうも、おかげで牛の赤身肉の魅力を再認識できた当管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩課長がデーモン岩に変身して某TV番組で作った“鉄火パン”です!
鉄火パン図
 それは、みゆきちゃんが小学六年生になってしばらく経ったある日の事。
 夕食の後片付けをしている荒岩課長の元へ、大学時代の同期で某TV局のプロデューサー・酒本康喜さんから、久しぶりに電話がかかってきます(←MHKという、どう考えてもNH○のパロディっぽいTV局に所属;。実は、学生時代に虹子さんと出会うきっかけを作ったありがたい友人でもあります)。
 酒本さんが担当している番組の収録中にトラブルがあった時、「そこを頼む!」と何度か拝み倒されては根負けして現場に駆け付け、料理の腕がプロ級な博多のロックシンガ-・デーモン岩に変装してガチガチに緊張しながら料理をしてきた荒岩課長は当初警戒しており、「じつはちょっと頼みがあってな、カカカ…」と言われるや否や「やだよ」「おまえの頼みを聞いてろくな目にあったためしがない」「いつも妙なかっこうで妙なことさせられてー」とにべもなく断り、酒本さんを苦笑させます(←幸い、デーモン岩の秘密は夢子さんと家族以外にはバレていないようでしたが、日頃から「もっとしゃんとせんか、バータレ!」と雷を落としている田中君に知られようものなら、ここぞとばかりに「真面目な課長だって、随分お茶目な事してるじゃないっすか~♪」とずっといじられ続ける事は確実ですので、つくづくバレなくて良かったと思います;)。

 しかし、人のいい荒岩課長は長年の友である酒本さんから「その通りワルイな~と思ってるんだ、そこをなんとか…緊急事態なんだ!!」「たのむっ!荒岩もう一度だけ…」と懇願されるとどうしても断り切れなかったらしく、最終的には渋々OKしていました;。
 どんなに気が進まなくても、昔からの友人にお願いされたら放っておけずに助けてしまう荒岩課長は超がつく程お人よしだな~と少し気の毒になりましたが、一度冗談っぽくはあったものの「(デーモン岩の変装を)うむ、だんだん気に入ってきたゾ」と不敵にほほ笑んだり、何回か出演していく内にぎこちなさがとれてスムーズに話せるようになっていたりしてましたので、もしかしたら心のどこかでデーモン岩の出番を楽しんでいるのかもしれない…と、ちょっと邪推したものです;。
久々に同期の酒本さんから電話が来て、またデーモン岩に返信してほしいと助っ人要請;
 こうして翌日、荒岩課長は実に数年ぶりにデーモン岩に変装して酒本さんが担当する番組「博多いきいきクッキング」の最終回に出演し、ゲストの押間マリちゃんのリクエストに応えて料理を作る事になります。
 台本では「卵が好きだからオムレツを作ってください!」とお願いされる予定で、荒岩課長…もといデーモン岩もそのつもりでレシピを用意していたのですが、どうやらマリちゃんはいわゆる天然系芸能人だったらしく(←例えるとするなら、ローラさん水沢アリーさんのような;)、いきなり「マリねえ、このごろ少し貧血気味なの。今朝も起きたらなんだかフラフラしちゃって~」「そんなマリにピッタリの体によくておいし~い料理を作ってくださ~い」とアドリブを突っ込み、現場をざわつかせます。
 本当に天然なのか、それとも事務所に求められて仕方なく天然キャラになったのかは分かりませんが、どちらにしろ現場でいきなり台詞を変更するのはすごく勇気がいる事だと思うので、結構大物だな~と少し感心したのを覚えています;。

 正直、デーモン岩として初登場した頃の荒岩課長だったら冷凍したカツオのように硬直し、無言で立ち尽くすしかできなかったと思うのですが;、これまでの経験で大分度胸がついたらしく、「うむ…貧血なら鉄分を多く含むホウレン草や小松菜…それにマグロの赤身などを」と少しも慌てずアドリブ返しをしており、酒本さん達をほっとさせていました。
 実を言いますと、この後もマリちゃんは「あたしマグロだ~い好き!!」「でもあたし…ご飯にがてなんですぅ~」とさらに難題をデーモン岩にぶつけていたのですが(←『深夜食堂』に出てくる、帰国子女でパンしか食べない奥さんの話を思い出しました;)、デーモン岩はまたしても動じず新たな買い物メモをスタッフに渡して対応しており、ほっとしました。
マリちゃんはローラ系の天然っ子で売っている芸能人らしく、いきなり予定変更していました;
 それから数十分後、ご飯が苦手で鉄火丼が食べられないマリちゃんの為にデーモン岩が即興で作ったのが、この“鉄火パン”です!
 作り方はそこそこお手軽で、細切りにしたマグロをオリーブ油・お酢・塩・こしょう・レモン汁・オレガノを混ぜたボウルへ入れてマリネにした物を、軽くくトーストしてマスタードマヨをぬったパンへレタスと共に挟み、全体をなじませて食べやすく切ったら出来上がりです←「レタス・きゅうり・マグロ」を挟んだきゅうりバージョン、「海苔・わさび醤油アボカド・レタス・マグロ」を挟んだアボカドバージョンもおすすめされてました)。
 ポイントは、マグロを漬け汁に絡めてマリネにする時は十分前後に留めることと(←あんまり漬け過ぎると酸っぱくなりすぎます)、きゅうりは挟む前に塩を薄く振って水気を拭いてから使うことの二つで、道具をそんなに使わないのでお手軽なのが魅力的です。

 レシピ欄に登場した荒岩課長曰く、「パンと生魚?と思うかもしれないが、これがうまいのだ。マリネしたマグロはポッテリとまろやかでくさみはまったくなく、トーストしたパンは香ばしくじつに合うのだ」との事で、マグロとパンは調理法次第で相性ピッタリに生まれ変われることを強調していました。
 初見時は、ネットで調べてみても同じ組み合わせは存在しなかったのでいまいちどんな感じなのか予想がつかなかったのですが、考えてみれば似たような組み合わせの「マグロのタルタル乗せブルスケッタ」は今まで食べた事がありますし、魚&パンが相性抜群なのはトルコ名物・サバサンドが証明していますので、これはひょっとすると…と非常に興味を抱いたものです。
マグロは好きだけどご飯が苦手なマリちゃんの為に、パンを使た鉄火パンを作ります
 その後、マリちゃんに“鉄火パン”を食べてもらい、「おいしいーっ!デーモン岩さん、グッです!」という満面の笑みを引き出せた酒本さんは無事撮影を終了し、荒岩課長はちゃっと元の姿に戻れていました(←デーモン岩になりきった荒岩課長は、番組のラストで普段なら絶対しない「グッ!」と親指を立てるしぐさをしており、おお~っと思いました;。成長したな~と感慨深いです)。
 いつもなら、撮影が終わり次第ほっとした顔になる荒岩課長ですが、撮影中「全然緊急事態じゃないじゃないか。収録だしどうとでも変更がきく―」という疑問が徐々に出ていたせいか、どこか腑に落ちない顔をしており、とうとう控え室へ労いにやってきた酒本さんへその疑問をぶつけます。

 すると、酒本さんは苦笑いして「バレたか」「荒岩、オレ出世してさー。今度、ゲンバはなれて編成部に異動することになってなー」と打ちあけ、どこか哀しげな表情を浮かべます。
 出世するのは自分や家族にとっても嬉しい事ですし、新旧の入れ替えができるのはむしろ組織内の循環がうまくいっていることの証でもありますので、ちっとも悲しむことではないのですが、そうだと分かってはいても現場が好きな酒本さんはどうしても一抹の寂しさを感じずにはいられなかったみたいで、「プロデューサー時代いろいろ楽しいことがあったが―最後におまえともうひと仕事したくてな…」という想いで無理を言い、今回の撮影が実現したと話していました。
 数年前まで、酒本さんの「もう一度だけ頼む!」という言葉は、竜ちゃんの「絶対に押すなよ!」並に逆説的な言葉として知られており、読者としては「そうは言っててもまた来るんだろうな~」とほろ苦く眺めていたものでしたが、今回ばかりは本当に最後なのだと思うと、しんみりするものがありました。

 …が、そんな風に湿っぽい空気になっていたのもつかの間、いきなり「あっ、荒岩紹介しよう。新しい統括チーフプロデューサーの前原くんだ」「どーもー」と新キャラを披露し、「今後ともデーモン岩のことよろしくな」「はいぜひっ」と目の前で勝手に話を進めていた為、荒岩課長同様「コラコラーッ」と激しく突っ込んでしまいました;。
 この分なら、まだまだ大丈夫そうです;。
本当は全然ピンチではないのに呼んだのは、自身が出世して現場から離れるからでした
 近所のスーパーで、珍しく生マグロが安く売られていましたので再現する事にしました。
 作中には詳細な分量つきレシピが記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、マグロの下ごしらえ。刺身用のマグロ赤身のサクを用意し、繊維を断ち切るようにしてスライスしたらさらに細く拍子切りにします。
 このマグロを、オリーブ油、お酢、塩、こしょう、レモン汁、オレガノを泡立て器でよく混ぜ合わせて作った漬け汁へ加え、ざっと和えて約十分放置します。 
鉄火パン1
鉄火パン2
鉄火パン4
 次は、他の材料の準備。
 きゅうりは縦に薄くカットした後軽く塩を振ってしっかり水気を拭き、アボカドは皮と種を取り除いてスライスしたらわさび醤油に漬けて下味をつけます(←この時、レタスも水洗いして水分をきり、海苔もさっと炙っておくと後々楽です)。
 一方、別のボウルへマヨネーズと粒マスタード(←黄色いマスタードも足すと尚グッドです)を入れ、よく練り合わせたマスタードマヨも作っておきます。 
鉄火パン5
鉄火パン6
鉄火パン7
 ここまできたら、いよいよサンドイッチ作り。
 サンドイッチ用の食パンを軽くトーストして片面だけマスタードマヨを塗り付け、レタスとマリネしたマグロを挟んで重しをし、全体をなじませます。
 これで、基本バージョンは準備OKです。
鉄火パン8
鉄火パン9
鉄火パン10
 続けて、同じくマスタードマヨを塗ったトーストパンで「レタス・きゅうり・マリネしたマグロ」、そして「海苔・レタス・アボカド・マリネしたマグロ」をそれぞれ挟んで、先程同様重しを乗せて全体をなじませます。
 これで、きゅうりバージョンとアボカドバージョンも用意完了です。
鉄火パン11
鉄火パン12
鉄火パン13
 少し時間が経ってパンと具がなじんだら耳を切り落として食べやすい形に切り、そのままお皿へ盛り付ければ“鉄火パン”の完成です!
鉄火パン14
 当初は「パンにマグロ…違和感を感じそう」と思っていましたが、実際に作ってみると意外にしっくりきててびっくりしました。
 トーストされた香ばしいパンの風味とハーブ系の香りが強く、全体的にオシャレなイメージでワクワクする感じで、味はどんな風なのかとても楽しみです!
鉄火パン15
 それでは、出来立てほやほやの内にいざ実食!
 いっただっきま~す!


 さて、感想はといいますと…お店で出されてもおかしくない程完成度が高くて美味し!マグロの赤身とパンがここまで合うとは衝撃です!
 生マグロは血の気を帯びた生臭さがある為、醤油抜きではきついんじゃ…と心配でしたが、オレガノのやや渋み混じりで清涼感溢れる香りが臭みを完全にシャットアウトし、レモン汁のフルーティでスカッと爽やかな酸味が独特の癖を封じ込め、パンによく合うお洒落でハーブソルト味に仕立てたおかげで、全く違和感がありません。
 マリネ液で洋風酢締め状態になったマグロは、まるでたたきにした牛肉みたいに力強い弾力のある食感になり、余分な水分が抜けて旨味がギュッと凝縮された事によって噛むごとに深みが増すのがたまりませんでした。
 正直、セオリー通りそのままの食パンとバターを使っていたらマグロの濃い味わいに押しつぶされていたと思いますが、軽く焼いて小麦の香ばしい風味を引き立たせ、ピリッとした中にマイルドなコクのあるマスタードマヨを塗ったパンはマグロに力負けしておらず、しっかり調和しています。
 基本バージョンは、レタスのシャキシャキ感がマグロのマリネをシンプルながらも一番効果的に引き出していて、飽きない旨さ。
鉄火パン16
 きゅうりバージョンは、浅漬け風になったパリパリと小気味良い食感と、程よい塩分が効いたきゅうりが後口をさっぱりさせる乙な美味しさ。
鉄火パン17
 アボカドバージョンは、アボカドのこってりかつあっさりした油分と、海苔の上品な磯風味が効いた唯一の和風サンドで、わさび醤油の辛さがマグロによくなじんでいて、これぞ鉄火!といいたくなる出来栄えでした。
鉄火パン18


 残念ながら、時間が経つにつれて水分が出てきて湿気てしまうので、外出時に持ち歩くのには向いていません;。
 しかし、その弱点を補って余るほどすごくよく出来たサンドイッチですので、いろんな方にお勧めしたいです。

P.S.
 無記名さん、先日はご質問ありがとうございます。はい、ご推測通り、あの後『風流つまみ道場』のアレを作りました(^^)。


●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

Comment

2014.12.17 Wed 01:50  |  

いつも楽しく見させてもらってます
ありがとう

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1100-59357c9a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ