『3人分クッキング』の“エスニックそーみんちゃんぷるー”を再現!

 最近、一人○○をデビューする機会が多いです。
 とはいっても、一人ネカフェ、一人喫茶店、一人映画、一人カラオケ、一人定食屋など、そこまで大した事ではないんですが、最初はドキドキしても実際にやってみると「何だ、全然平気だ」と目からウロコが落ちるあの清々しい爽快感が中毒になっており、最近ではどんな一人○○をしてみようかワクワクしています(←…と知人に話した所、「何、相方と別れたの?」と言われましたが、そうではありません;)。

 どうも、今のところ一人焼肉と一人居酒屋と一人バーが三大関門だと考えている当管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『3人分クッキング』にてまどりさんが素麺を消費する為に作った“エスニックそーみんちゃんぷるー”です!
エスニックそーみんちゃんぷるー図
 それは、肌寒くなって来た初秋のある日の事。
 まどりさんは大学の教授から「君ん所、ルームシェアだったな…あげる」という言葉と共に、好意で余った素麺を譲ってもらいます←当管理人も経験があるのですが、お中元のシーズンは真夏の時期と丸被りするせいか素麺が届く率が結構高かったらしく、結果素麺に飽きた教授から分けてもらう機会がそこそこ多かったです。もっとも、他にもお裾分け希望する苦学同級生は多かった為、じゃんけん争奪戦に買って初めて頂けましたが…;)。
 しかし家に帰ると、あゆむさんとほずみさんも同じ理由でバイト先の店長から素麺を大量に分けられていた事が判明し、お三方とも「毎日の夕食を素麺にしないと、賞味期限内での消費が間に合わない」という嫌な予感を感じ取って暗い雰囲気になっていました。
 素麺は乾物ですので、「数年でも持つんじゃないかな?」と思いがちですが、意外にもスーパーで売られているような半生麺は三か月程度、箱に入っているものでも一年そこそこが消費限度になっている為、一度にどっと手に入っても持て余す気持ちはよく分かったものです…。
素麺のもらいものって結構ありますので、他人事ではありませんでした…何故か被るんですよね
 数分後、気を取り直したあゆむさんは「まどり、大量の素麺を飽きずに食べられる料理のアイデアとかいつもみたいにあるんだろ?」と尋ねるのですが、百戦錬磨なまどりさんも素麺料理のレパートリーはそこまでなかったようで、少し悩んだ後「こうなったら数で勝負!みんなでアイデアを出し合って思いついた物を片っ端から試作してみましょう!」と苦し紛れに提案していました(←一品くらいなら心当たりがあるみたいでしたが、さすがに数週間飽きずに食べられる魔法のレシピは存在しなかったみたいで、「そりゃそうだよな~、どんなに美味しくても同じ味なら飽きそう」と苦笑しました)。
 その際、まどりさんがあゆむさんの「居酒屋でよく頼むそーみんちゃんぷるーをリクエストさせてもらおう!」という言葉をヒントに考えついた素麺料理の一つが、この“エスニックそーみんちゃんぷるー”です!

 作り方は簡単で、キャベツ・ニラ・ツナ・塩・こしょう・顆粒かつお出汁・カレー粉を熱したフライパンで炒め、最後に茹でた素麺を混ぜ合わせたら出来上がりです。
 ポイントは、油漬けタイプのツナ缶に入っている油で具材を炒めることと、素麺は普通に食べる物よりも固めに茹でておくことの二つで、暑い時期でも手軽に作れそうな所が嬉しかったです。
 そーみんちゃんぷるーは醤油味のレシピが多い為、カレー味はイマイチ想像が尽きませんでしたが、食材の組み合わせを考えてみれば「極細のカレーうどん」ととれなくもなかった為、これはこれでありかもしれない…と感じたものです。
全くの無策でしたが、三人寄れば文殊の知恵作戦でアイディアを出し合います
 その後、実際に試食したあゆむさんとまどりさんは「スパァイスィィィィ」「カレー粉入れて大正解ですよ!カラウマ~」と大喜びし、完全な見切り発車でも予想以上にうまくいったことに感動していました。
 実を言いますと、この他にもまどりさんはほずみさんの「こってりしてなくていいから、ラーメンっぽくできないかな」というリクエストで“鶏そば風にゅうめん”、自身の好みで“冷製カッペリーニ風冷やし素麺”も考え出していたのですが、一番独創性のあって美味しそうだったのは“エスニックそーみんちゃんぷるー”で、強く印象に残ったのを覚えています(←両方とも、『3人分クッキング』にレシピが収録されています)。

 おかげで、どのレシピで数週間を乗り切るか三人で話し合った時、「もうローテーションしなくていいよ、○○を毎日でも食べよう!」とそれぞれの推し麺(?)を巡って大激論が繰り広げられるのですが、その数秒後にまどりさんの実家から新たに素麺が届き、毎夕食と言わず毎日三食素麺でもいいくらい在庫が増えたのに皆悲鳴を上げていましたorz。
 どんなに美味しい食べ物でも、「適量」というのは大事だな~と実感したエピソードでした;。
ちゃんぷるーにカレー粉を入れるのは珍しいですが、これがなかなか合うみたいでした
 まだ初秋どころか夏すらきていませんが、ちょうど家に素麺があったので再現する事にしました。
 作中には分量つきの詳細なレシピがきっちり記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、炒め作業。油漬けタイプのツナ缶の油をフライパンへひいて火にかけ、手でちぎったキャベツとニラ、ツナを投入して炒めます(←ニラはすごく火が通りやすいので、キャベツが炒まってから入れた方がいいです)。
エスニックそーみんちゃんぷるー1
エスニックそーみんちゃんぷるー2
エスニックそーみんちゃんぷるー3
 キャベツにやや火が通ってきたら、塩、こしょう、顆粒かつお出汁で味を調え、最後にカレー粉を加えて風味と辛味をプラスします。
 全体にカレー粉が行き渡ったら、固めに茹でた素麺を足してざっと炒め合わせます(←「普通に食べたら、ちょっと気になるくらい固いかな?」がちょうどいいです)。
 この時、素麺はダマになりやすいのでブチブチ千切らないよう気を付けながらほぐし炒めます。
エスニックそーみんちゃんぷるー4
エスニックそーみんちゃんぷるー5
エスニックそーみんちゃんぷるー6
 素麺に調味料の味がなじんで来たらすぐに火からおろし、そのままお皿へ盛り付ければ“エスニックそーみんちゃんぷるー”の完成です!
エスニックそーみんちゃんぷるー7
 予想では茶色一色のイメージだったんですが、実際に作ってみると意外にもキャベツとニラの緑が主張しており、体によさそうなイメージです。
 素麺でちゃんぷるーを作った事は何度もありますが、カレー味は全く食べた事がない為、どんな感じかワクワクします。
エスニックそーみんちゃんぷるー8
 それでは、麺が冷めない内にいざ実食!
 いただきまーす!
エスニックそーみんちゃんぷるー9


 さて、感想はと言いますと…ツナと素麺の相性の良さに驚愕する美味しさ!カレー粉がいい仕事してます!
 素麺を炒めたらコシがなくなってぐにゃぐにゃになりそうで怖かったんですが、固めに茹でたせいかちゃんと歯応えは残っており、かえって独特の香ばしさと一風違うしなやかな弾力が生まれて一石二鳥な仕上がりになっています。
 口当たりはビーフンに似ているのですが、あちらはどこか乾いてモサモサした食感とざらついた表面なのに対し、こちらはもっちり滑らかな歯応えとツルツルッとした舌触りが特徴的で、豪快に見えて繊細な味わいだと思いました(←ビーフンは調味料が絡む感じなのに対し、素麺は調味料が染みている感じなのが印象的です)。
 ツナ缶の油のギュッと濃縮された野趣溢れるカツオエキスと、顆粒だしの奥深いカツオ出汁が相乗効果で濃い旨味を醸し出し、シンプルながらも癖になる和風カレー味でした。
 ビリビリッと来た後スカッと抜けていく爽やかな辛さと、スパイス特有のエキゾチックな香りがただのそーみんちゃんぷるーを刺激的で目新しい旨さにし、単調さをなくしているのがよかったです。
 ニラのにんにくっぽい風味、ツナの適度なボリューム感、キャベツの瑞々しい甘味がカレー味にぴったりで素麺によく合い、いい箸休めになっててナイスでした。


 ビールとメチャクチャ相性がよく、晩酌がすすんだ一皿です。
 このちゃんぷるーは勿論、“鶏そば風にゅうめん”も“冷製カッペリーニ風冷やし素麺”もおいしかったので、いろんな方にお勧めしたいです。

●出典)『3人分クッキング』 futa/一迅社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

Comment

2015.05.16 Sat 03:13  |  

一人焼肉はランチならよく行きます
ランチは結構一人客が多くて勇気付けられました 笑
今までで一番キツかったのは仕事の調査で行った1人ディズニーランドです
意外と平気だったのですが、乗り物に並んでいる時間が苦痛でした、、

  • #fH61reBs
  • 花咲
  • URL
  • Edit

2015.05.18 Mon 01:15  |  

居酒屋とバーは女性一人でも全然平気でしたよ!
その場にいた人や店員さんと仲良くなって帰ってきたりします。

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1141-be6a4ef8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ