FC2ブログ

『華中華』の“三浦半島網元のしらすチャーハン”を再現!

 先日、所用があって近所を歩いていたのですが、ある家の庭先にヤギが犬のように首輪を付けられて飼われているのを目撃し、少し驚きました;(ちゃんと自由に動けるよう、スペースや小屋に細やかな愛情が見受けられるところが、また飼い犬チック)。
 家畜として飼われているところは何度か見たことがあるのですが、ペット感覚なのは初めてでしたので思わずスマホで検索したところ、手間と根気と覚悟はいるものの人懐っこくて甘えん坊でかわいいペットとして十分飼育できるらしく、こんな世界もあるんだな~と感心しました。

 どうも、ヤギというと『アルプスの少女ハイジ』のユキちゃんと、ちょっと痛い目にあったヤギ乳で作られるラクレットチーズを思い出す当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが満点大飯店のチャーハンに対抗できるよう考え出した“三浦半島網元のしらすチャーハン”です!
三浦半島網元のしらすチャーハン図
 それは、ハナちゃんがロー・サンチク(その正体は、ハナちゃんの実の大叔父・竹三郎さん)と満点大飯店へ“夏の中華風ステーキ”を食べに行ってしばらく経った時のこと。
 嫁ぎ先の近くにある三浦海岸は海水浴シーズンを迎え、満点大飯店が期間限定で出店するビーチハウスをはじめ、多くの海の家が軒を連ねます。
 ハナちゃんがまだ満点大飯店にいた頃は、毎年この時期になるとビーチハウスのお手伝いに行き、忙しい合間を縫って様々なチャーハンを舞台裏で発明していたものでしたが、今年は既に退職していたのでいつもと変わらず上海亭へ出勤し続けていました。
 ハナちゃんの作るチャーハンはいつも独創性に溢れていますが、それでも非日常な夏場の海が舞台になるとやはり想像力がより刺激されるのか、生み出されるチャーハンは一際華があってユニークなものが多い印象を受けていましたので、初見時は「上海亭も海の家を営業出来ればいいのに…」と勝手にやきもきしたのを覚えています(←ざっと挙げるだけでも、ゴーヤチャーハンをひき肉で巻いて揚げたスタミナ満点“真ん丸ゴーヤチャーハン”、スイカの皮で作る斬新な“西瓜チャーハン”、イカを丸ごと豪快に使った“イカチャーハン”、トマトジュースでご飯を炊く“イタリアンチャーハン”、熱々チャーハンに冷たい中華餡をかけちゃう“冷たい冬瓜チャーハン”など、本当に伸び伸びした発想力で面白くて、しかもおいしかったです)。
毎年なつになると、ビーチハウスで新しいチャーハン作りをしてました
 その為、ハナちゃんは最初海の家関連のお仕事をする気は全くなかったのですが、チャーハンの達人であるハナちゃんが周囲から放っておかれる訳がなく、夫・康彦さんの友人で大網元でもある漁師の明さんから、「満点大飯店が海の家で出している湘南しらすチャーハンに負けない、いや、もっと美味しいしらすのチャーハンを考えてください!」「三浦の網元は凄いんだ、横浜の店には負けてないんだって思われたくて…」と直訴され、レシピの考案だけお手伝いしますと約束していました。
 楊貴妃さん曰く、「こういう形でまた島野と対決出来るのが、嬉しいんだね」だそうで、上海亭で生きていくと決めて別の道を歩んでいる今も、師である島野料理長やかつての修行場・満点大飯店は特別な存在なんだろうな~としみじみしました。
 思いがけない形とタイミングで退職した今、対決とは言っても一種の料理指導みたいなもので、時間が足りなくて教わるのが間に合わなかった様々なことを勝負の場で学ぼうとしているのかも知れません←以前、ハナちゃんは目立つことを好んでいなかったので、お店を辞めて以来積極的に対決している事に違和感を感じていましたが、それなら納得できます)。
満点大飯店を辞め、毎年恒例の海の家イベントは関係なくなったはずですが…
 その後、ハナちゃんが中華初心者の明さんたちでも作れるよう一晩かけて考え出したのが、この“三浦半島網元のしらすチャーハン”です!
 作り方は簡単で、生姜とごま油で作った香味油で釜揚げしらすをカリカリになるまで揚げ、普通の釜揚げしらす・溶き卵・長ネギ・ご飯・塩・胡椒と一緒に炒めてチャーハンを作り、仕上げに普通の釜揚げしらすともみ海苔を飾り付けたら出来上がりです。
 ポイントは、釜揚げしらすを揚げた後は必ずキッチンペーパー等で油分をしっかりきること、チャーハンを炒める時は強火で一気に仕上げることの二つで、確かにこれなら料理の腕前に自信がなくても気軽に作れそうだと感じました。

 ハナちゃんが言うには、「下ごしらえさえ怠らなければ素人もプロに負けません!」だそうで、日頃から大雑把な素人の当管理人は頼もしいと思うと同時にギクッとしました;(←揚げ物をする時よく粉をはたいて薄くしなかったりとか、材料から浮き出た水分をふき取らなかったりとか、細かい部分で味って簡単に劣化するんですよね…orz)。

 こうして、ハナちゃんの協力で“三浦半島網元のしらすチャーハン”のレシピを得ることが出来た明さんは、満点大飯店と対抗できる程売り上げを上げることが出来るようになったのですが…続きは、また次回ご紹介したいと思います。
ごま油で香味油を作ることにより、より香ばしいアクセントがつくのだとか
 しらす入りふわふわ卵、カリカリしらす入りチャーハン、釜揚げしらすのトッピングと、三種類のしらすを使ったら一体どんなチャーハンになるのだろうと興味がわき、再現することにしました。
 作中には分量つきの詳細なレシピが記載されていますので、早速その通りに再現してみようと思います!


 ということで、レッツ再現調理!
 まずは、材料の下ごしらえ。
 中華鍋(またはフライパン)へごま油とスライスした生姜を入れ、生姜が狐色にくったりして香りが出るまで弱火~中火の間で火を通し、香味油を作っておきます。
 この香味油で、釜揚げしらすの1/3の量をカリカリになるまで揚げ、揚がったらキッチンペーパーに引き上げて余分な油分をしっかりきっておきます。
三浦半島網元のしらすチャーハン1
三浦半島網元のしらすチャーハン2
三浦半島網元のしらすチャーハン3
 次は、炒め作業。
 香味油を多めに入れて熱した中華鍋に、1/3の量の釜揚げしらすと刻んだ長ネギを加えて混ぜておいた溶き卵を一気に流し込み、ふわっとさせます(←何度かやってみて思ったのですが、やはり卵をふわっと膨らませてご飯にも旨味をつけるのには、油はそれなりの量がないとだめだと感じました。チャーハンを作る時はヘルシー度外視した方がいいです)。
三浦半島網元のしらすチャーハン4
三浦半島網元のしらすチャーハン5
 そこへすかさず白ご飯を投入して手早くパラパラになるよう炒め合わせ、何度かあおります。
 続けて塩、胡椒、先ほど用意したカリカリしらす、刻みネギを加えてさっと混ぜ合わせ、チャーハン全体に具がいきわたっているのを確認したら火からおろします。
三浦半島網元のしらすチャーハン6
三浦半島網元のしらすチャーハン7
 チャーハンをお皿へ盛り付け、最後に1/3の量の釜揚げしらす(←パックから出してそのままでも良いですが、使う直前にざるに入れて熱湯を軽く掛けて湯通しするとよりふっくらして匂いがよくなります)ともみ海苔を散らせば“三浦半島網元のしらすチャーハン”の完成です!
三浦半島網元のしらすチャーハン8
 しらす特有の潮の香りが湯気となって立ち上り、見た目もあいまってまさに海のチャーハン!という感じに仕上がっています。
 これまでしらすを具の一部としてチャーハンに使用したことは何度かありますが、主役として使うのは今回が初めてですので、どんな風な味になるのか楽しみです!
三浦半島網元のしらすチャーハン9
 それでは、出来立て熱々の内にいざ実食!
 いっただっきま~す。
三浦半島網元のしらすチャーハン10


 さて、味の感想は…かみ締めた途端、口の中に潮風がぶわっと吹いてきたような気持ちに!シンプルなのに、しらすの美味さが癖になって食が進むチャーハンです!
 ふんわりあっさりしたごま油風味の塩味卵に、しっとり柔らかなそのままタイプとさっくりパリパリした素揚げタイプの二種類のしらすの食感が複雑に入り交じり、噛むごとにホロホロッとしらすの淡白な旨味が口の中に広がっていきます。
 醤油を使わず塩と胡椒だけのさっぱりした味付けにしている為、釜揚げしらすと海苔の組み合わせだからこそ出る強烈な磯の香りが消えずにコクだけがプラスされている状態で、うまい具合に調和しているなーと感じました。
 当初は普通のごま油を使ったら臭いが強すぎるんじゃ…と不安でしたが、生姜のキリリとした香味が効いてマイルドかつ洗練された仕上がりの油になっていたせいかそんな事はなく、たったあれだけの手間でこんなに後口がスッキリするんだなーと感心です。
 まるで干しエビ風にサクサク香ばしくなったしらすが全体に何とも言えない深みを出している感じで、ねぎのシャキシャキ感と合わせてちょうどいいアクセントになっていました。
 正直、釜揚げしらすはあまり手を加えない方がよいのではと再現前は考えていたのですが、火を通した物と半々にして合わせると、微妙に違う味わいがしらす独特の塩気や旨さをよりくっきりと浮き上がらせる気がしたので、単純に見えて結構効果的な調理法だと思います。


 ほんの一手間で味がここまで違ってくるんだな~と改めて勉強になった再現でした。
 塩系チャーハンには珍しいことに冷めてもおいしいですし、濃い目なおかずの邪魔にもならないのでお弁当にもいいかも…と思いました。

P.S.
 HALさん、コメントをしてくださりありがとうございます。


●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

Comment

2018.05.26 Sat 17:55  |  

お久しぶりです。
更新再開を知って、最近の記事をまとめ読みしてました。
今回のしらすチャーハンも前回の生ハム丼も夏向けでおいしそうです。

Amazonプライムに「まほうのレシピ」っていうドラマがありまして、
1話24分の子ども向け作品なんですが、
出てくる魔法料理が色々とスッ飛んでるので
料理好き・児童文学好き・魔法少女(非戦闘系)好きなら必見です。
素材が素材なんで再現は厳しいと思いますが…

  • #mQop/nM.
  • おビール
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1174-d91c3c72
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『BAR・レモンハート』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ