FC2ブログ

『裏の家の魔女先生』の“豆乳スープの素麺”を再現!

 先日、魚を通販でお取り寄せする夢を見たのですが、普通の魚に混ざって何故か小型のエイリアンも真空パックされて送られてきており、凍りつく場面がありました。
 お店に電話して返品しようとしても留守電しか通じず、どういう訳か「よし、調理しよう!」と狂った結論に至り、出刃包丁を片手に小型エイリアンと対峙した所で目が覚めました(´д`;)。
 当管理人は食の夢を見る時、毎回味も舌でリアルに再現されるタイプな為、余計なトラウマを背負わずに済んでほっとしましたが、それと同時に「どんな味で再生されるか続きを見たかったな…」と少し残念な気持ちになったのも事実で、我ながら業が深いと思ったものです。

 どうも、見た目的にエイリアンは殻が固そうだから唐揚げが妥当な調理法かな~と考えている当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『裏の家の魔女先生』にて沙希子さんがある日のお昼に作った“豆乳スープの素麺”です!
“豆乳スープの素麺”図
 前回でも少し触れましたが、蛍太君はミニ四駆の改造と読書という趣味があります。
 ミニ四駆といっても『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』←歳がバレますね)に出てくるような車型のタイプだけではなく、ラジコンロボットに近い機械も改造しており、市販のキットを自分好みに組み直しては学校の友達と『遊☆戯☆王』チックにデュエルしていました。
 作中の絵を見る限り、タチコマみたいな多脚戦車型の本格的なタイプで、素早く横飛びしたり空気砲(?)のような物を連射していたりとすごく高性能で、びっくり!
 まるでハロを大幅に改造したアムロ・レイばりの能力の高さで、将来有望な少年だと感心したものです。
 
 もう一つの趣味の読書は、漫画よりも小説や珍しい古本に興味があるそうで、小さい頃から近所にある老舗の古本屋・「水柿堂」へ通っているとのこと(←今や「ブック○フ」の台頭によって激減しましたが、昔は年季の入った個人経営の古本屋さんって町に何軒もありましたね)。
 二~三年前までおじいさんが営業されていたようですが、現在はそのお孫さんである美人なお姉さんが二代目を引き継いでおり、沙希子さんから「きれいなお姉さんだから、通いつめるのもわかります」とからかわれていました(←そしてやっぱりと言いますか、このお姉さんもしっかり眼鏡っ子;)。
 妹キャラに比べるとマイノリティな感じが否めない姉キャラですが、西川魯介先生といい、『それでも町は廻っている』の石黒正数先生といい、『中華一番!』の小川悦司先生といい、魅力的な大人のお姉さんキャラを描く作家さんも数多いので、漫画界って懐が深いな~と思います。
多脚戦車というとタチコマを思い出す世代です初代店主のお孫さんが、二代目店主のお姉さん
 しかし、こちらの本屋さんはなにやら曰くつきの古本を呼び寄せてしまう不思議なお店だったみたいで、蛍太君はある夜、買ってきたばかりの『夢魔伝承』という本に憑いていた小さなサキュバス(?!)に夢の中で襲われそうになっており、ヒヤヒヤしました。
 持っていると呪われる本は聞いた事がありますが、持っていると夜這いされる本は前代未聞な為、女性側からするとかなり恐ろしいアイテムだと苦笑したものです(←男性側だとまた感じ方は違うのか、蛍太君は困ったような悪くないような複雑な表情でした;)。
 けれども、事前に蛍太君から『夢魔伝承』を見せられていてピンときていた沙希子さんは、あらかじめ罠をしかけた術本を渡していたので、無事サキュバスを退散させるのに成功していました(←この回以外でも蛍太君達はしょっちゅう沙希子さんに陰ながら助けられている為、こういう時は心の中で密かに「魔女セコム発動!」と呼んでいます)。
 それまでは疑惑だけで魔女かどうか確証がなかった沙希子さんですが、このお話で初めて明確に術を使い本物の魔女だという証明を読者サイドにしてくれたので、何気に重要な回だと思います。
大人の階段をのぼる前に、無事先生の手によって阻止されていました;
 今回ご紹介するのは、蛍太君達が「水柿堂」で本を買って帰った日のお昼に沙希子さんが作った“豆乳スープの素麺”!
 作り方はとても簡単で、茹でて湯きりした素麺を丼へ入れ、その上からお湯・うどんスープの素・豆乳で作ったスープを注ぎ、切った青ジソ・小ネギ・鶏ハムを飾って仕上げにラー油を散らしたら出来上がりです。
 ポイントは、豆乳を入れてからは絶対グラグラ沸騰させず温める程度にすること、うどんスープの素はヒガシマルの物をしようすることの二点で、こうすると間違いのない味付けのスープに仕上がるそうです。
 豆乳と素麺という組み合わせは初見だったので驚きましたが、調べてみると割と市民権を得ている料理みたいで、坦々麺派と冷たい麺派の二タイプに大きく分かれていました(←濃い味の食材と相性がいいようで、ゴマ・キムチ・肉味噌とあわせるレシピも多かったです)。
 しかし、“豆乳スープの素麺”程簡単でシンプルなレシピは遂に見つからず、西川先生が考案される料理は相変わらず独創性がすごいな~と尊敬したものです。
このデザインから察するに、ヒガシマルのうどんスープですね味つけはスープの素だけなので、料理が苦手な方にもおすすめ
 九州では既に初夏の陽気になっているせいか、素麺が安売りされていたので再現する事にしました。
 作中には詳細な作り方が絵つきでご紹介されていましたので、早速その通りに作ってみようと思います!


 ということで、レッツ再現調理!
 まずは、具とスープの準備。
 少量のお湯を沸かした小鍋へうどんスープの素を加えて溶かし、無調整豆乳を入れて混ぜ、沸騰させないよう気をつけながら静かに温めます。
 その間、前日の内に仕込んでおいた鶏ハムを適度な厚さにスライスしておきます(←鶏ハムのレシピはなかったので、塩麹につけた鶏胸肉でこちらのレシピを参考に作りました)。
“豆乳スープの素麺”2
“豆乳スープの素麺”3
“豆乳スープの素麺”1
 次は、盛り付け作業。
 大鍋に沸かしたお湯で素麺を規定時間通り茹でてしっかり湯きりし、丼容器へ移します。
 そこへ先程用意した豆乳スープを注ぎ、鶏ハム、小口切りにした細ネギ、千切りにした青ジソを飾り付けます。
“豆乳スープの素麺”4
“豆乳スープの素麺”5
“豆乳スープの素麺”6
 具を全て乗せ終えたらスープ全体にラー油をお好みで垂らし、お箸やレンゲと一緒にテーブルへ運べば“豆乳スープの素麺”の完成です!
“豆乳スープの素麺”7
 豆乳スープの白、ラー油の赤、青ジソと小ネギの緑の取り合わせが美しく、オシャレ系カフェで出されても不思議がないくらい洗練された見た目だと思いました。 
 今まで色んな出汁で素麺を食べてきましたが、さすがに豆乳は未経験でしたので、一体どんな味がするのかワクワクします。 
“豆乳スープの素麺”8
 それでは、麺がのびない内にいざ実食!
 いただきまーすっ!
“豆乳スープの素麺”9


 さて、感想ですが…簡単さに見合わない凝った味付けで美味!初めて食べたとは思えないようなしっくりくる味です!
 最初の一口目で第一に感じたのは、「あっさり系の博多豚骨ラーメン」。
 骨髄から出たような濃厚なスープと、滑らかな口当たりが豚骨ラーメンを連想させ、後引く塩気がありました(←ただ、その割には豚骨特有の獣臭が一切しないので、小綺麗な印象)。
 うどんスープに含まれる醤油や和風出汁がラーメンにおける元ダレ的役割を果たしており、まろやかな中にも一本芯が通っています。
 しかし食べ進めると、大豆ならではのクリーミーなコクが舌にじんわり広がって主張してくる為、豆乳だとすぐに分かりました。
 ラー油のがっつり風味な油分がランダムに効くのが、尚更豚骨スープっぽさを増させると同時にいいアクセントになっています。
 スープが個性的なせいか、素麺は味よりもシコシコ食感のみが強調されているイメージで、素麺というよりは癖のない極細中華麺みたいだと感じました。
 淡泊なしっとり鶏ハムも、スープと麺の邪魔をせずさりげなくボリューム感を出すのに成功しています。
 青じそのシャリシャリした歯触りと清涼な香りが、アジアンテイストなエスニックっぽさをプラスしていたので、「東南アジアの屋台系ベジタリアン用とんこつ風ラーメン」っぽい仕上がりだと思いました。
 味は豚骨スープなのに、材料は豆乳なので後口がさっぱりして爽やかなのが嬉しく、ヘルシーなのがよかったです。


 鶏ハムさえ事前に用意しておけば味つけの失敗もなくあっという間に作れるので、料理が苦手な方でもとっつきやすいレシピだと思います。
 最初は白いスープに半信半疑な顔をしていた夫ですが、一口食べると「うん、うまい!!」とすぐに気に入り、また食べたいとリクエストされた程好評でした。
 鶏ハムがない時は、やや油っこくなりますがカリカリベーコンを入れるとより豚骨っぽい仕上がりになりますので、がっつり系がお好きな方にはそちらもおすすめです(←但し、青ジソと小ネギは重要なので絶対用意した方がいいです!)。


P.S.
 無記名さん、ほーりーさん、無記名さん、無記名さん、銀猫さん、kawajun さん、コメントを下さりありがとうございます。
 魔法使いと魔女の違いの見解をいろいろ知る事ができて、とても参考になりました(←興味深くて、何度も読み返しました)。
 コロナで「STAY HOME」週間の今、せっかくなので『魔法使いの嫁』と『ハリー・ポッター』映画でも見つつ、のんびりとすごそうと思います。
 それにしても、『魔動王グランゾート』!
 懐かしすぎて、思わず検索してしまいました…夫は『魔神英雄伝ワタル』派ですが、当管理人は幼少期に見ていた『魔動王グランゾート』派なので、嬉しい気持ちになりました(←当時はグリグリより年下でしたが、今となってはその親世代…時が過ぎるのは早いです)。
 ※無記名さんからご指摘して頂いた分量の件ですが、こちらでご説明している通り非公開となっております、申し訳ございません。あと、非公開コメントでアドバイスをして頂いた牛肉と、薄口醤油の件、了解いたしました!ありがとうございます。


◎おまけ
 「STAY HOME」のプロである我が家の猫たちです。
いつも寝てばかりのキジ白猫
何故か空を見る白黒猫と、何故か不機嫌そうなキジ白猫


●出典)『裏の家の魔女先生』 西川魯介/秋田書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

Comment

2020.05.03 Sun 15:32  |  No title

あんこさん、こんにちは。
コロナウイルスによる全国的な自粛ムードの中、自宅にいる時間を利用して、ちょっぴり凝った料理を作る機会が増えました。
あんこさんが過去に再現された料理も参考にしています(^^)v

豆乳と素麺の組み合わせは新鮮ですね~。見た目もお洒落な豚骨ラーメンみたいで美味しそうです。
こういう新しいレシピと出会うことができるのも、料理漫画の醍醐味だと思います。

これからも楽しみにしています!

  • #-
  • キンメ
  • URL

2020.05.09 Sat 01:26  |  宇宙料理人!?

あんこさん、こんばんは。関東でも連日暑さが増してきました。今回の料理のように豆乳でさっぱりいただく素麺が美味しいですね。あんこさんも再現された、「まかない君」のうーめんの豆乳サバ缶つゆにもピッタリな陽気です。
さて、先日オカルト系のまとめサイトで「夢を通じて過去へリンクし、意識だけを過去の自分に憑依させて結果若返りを行ってきた人」の話を読みました。過去へのタイムスリップの一種ですが、今いる世界の直接の過去というより、自分の記憶をもとに認識した(自分に都合よく改変された記憶も含む)並行世界へのダイブといえるもの。無数の並行世界から自分の意識で1つの世界をチョイスするという「認識することで世界は生まれる」、エヴァなどから流行った「個人の想いが世界の有り様を決定づける」法則が見て取れます。
あんこさんが夢で見た「エイリアンがパック詰めで食料として売られている世界」は、もしかしたら夢を通じてあんこさんが並行世界にアクセスした体験談なのかもしれません。(・∀・)
個人的には小型のエイリアンは殻が固そうなので、外殻を外してぶつ切りにした中身をニラなどとごま油でサッと炒め、ニンニク醤油をからめてからとき卵で閉じると美味しそう…などと考えてしまいました。
「クミカのミカク」という異星と普通に外国のように交流する地球が舞台の漫画で、主人公の異星人・クミカさんに片思いする男性・チヒロさんがまだ学生の頃、宇宙で働く両親の送る他惑星の食材がどうやっても美味しく調理出来ないというエピソードがありました。「カレーで半日煮込んでも全く味が染み込まない」というかなりの難物ばかり。もし本当に異星の食材を美味しく調理するなら、地球人の常識を超える発想や技術が必要になるのかも。
長々と失礼しました。コロナ自粛の効果が出てきましたが、これからも油断なくお気をつけておすごしください。

P.S.猫ちゃん、ふかふかツヤツヤの白毛がたまりません(*´Д`*)くりっとした瞳もキュートです!
P.S.2 グランゾートは「ワタル」と「ワタル2」の間に挟まれたせいもあり独特の世界観が楽しいですね。「各ステージをクリアするように段階的に進んで世界を救う」という物語の構造は同じなのにガラリと違う世界を作っていて良いですよね。僕はウインザートが召喚・必殺技とスタイリッシュで特に大好きです。

  • #jkZ6tFIc
  • Kawajun
  • URL
  • Edit

2020.05.29 Fri 01:34  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/1275-83d62f87
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『どんぶり委員長』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『ミスター味っ子』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『BAR・レモンハート』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ