山口が産んだ狂気!恐怖の大根ゼリー

それは、ある晴れた午後の事。
一日一回は甘いものをとらないと激しい禁断症状にのた打ち回るという奇病を抑えるため、私はいつものように薬(お菓子)を探していた。
すると、冷蔵庫から奇妙な物が出てきた。

大根

…何だコレ?
だいこんゼリー?

不思議に思い、近くでヒンズースクワットをしている母に聞いてみると、山口の親戚が送ってくれた菓子折り詰め合わせの中にちょこっと入っていたゼリーだと説明してくれた。
私の親戚は少し変わった人が多く、贈り物などにもイタズラ率が非常に高い。おそらく、その中でも特に変わった物好きおじさんが「お、こりゃ面白い!よし、あいつらに食わせてうまかったなら実家用にも買おう」と面白がって贈りつけたんだろう(というか、言ってたらしいし贈ったらしい)。おいおい、身内をモルモット扱いするとはなかなかのご挨拶じゃねーか、おじちゃん。
少し抵抗感があったが、母も持て余していたようだし私も甘いもんが欲しいしと言うことで、ためしに食べてみた。

いただきます。

いただきま~す。

ぱくっ。


…ゴホゲホガハァッ!!!
もはや殺人兵器な味と匂いと食感に、思わず咳き込んでしまった。本気で。
まず、匂いが異常。まんまタクアンの匂い。もしくは、ベッタラ漬けとでもいおうか。見た目がゼリーなくせに色濃く漂う大根臭は、かなり異様である。
そして、食感もばっちり変態的。表面~1cm位はツルツルなのに、下層は大根の繊維をリアルに表現しようとしたのか、ザラッザラのガリッガリ。ちょっと見ただけでもすぐ分かる、見事なくらいのざらつきようだった。冗談じゃなく、鳥肌が立ったくらいだ。
お菓子を食べて鳥肌が立つのは、生まれて初めてです。
味の方は、正直そんなに「うわ!」となるほどまずくはありません。おいしくもありませんが。
りんごと杏を足して2で割ったような、甘ったるい味でした。
鼻をつまんで食べたら、ちょっとワイルドなりんごゼリーとして食べられるかな~と思い、鼻の穴をふさいで再度チャレンジしましたが、無駄でした。
それ程、すえたような大根臭は強烈だったのです。
どんなに息を止めても、鼻が壊死しそうになるくらいひねりあげて口にふくんでも、にっくきゼリーは容赦なく鼻腔に侵入し、脳天を直撃してきました。おかげで、また咳き込みましたよ。

根が貧乏人なので残すことも出来ず、泣く泣く完食しました。
だが恐ろしいことにこの大根臭、全て平らげた後もかすかに台所に漂ったままでした。
何だか、生物兵器でテロ起こされた気分です。


とりあえず、この恨みはおっさんが確認の電話をかけてきたときに「すっごくオイシカッタヨ~(天使の笑顔)」とにこやかに伝えるまで、そっと胸にしまいこんでおこうと思います。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/131-5db6121c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ