肉じゃがを誇れない世に誰がした?

唐突ですが、私は肉じゃがが好きです。好物です。
単品でもご飯のお供でも万能選手、そして栄養価も高いバランス食。
子どもからお年寄りまで好かれている、まさに日本の味だと思います。

が、しかし。
最近、回りの痴れ者達のせいで、堂々と「肉じゃが好きです」とか「作るの得意」と言えなくなりました。特に、得意料理だとか絶対に言えなくなった。だって、変な噂が怖いから。
料理雑誌などで「肉じゃがで男を落とそう☆」などというおぞましいプチ特集があったり、そういう特集で勘違いした『「普通」に反抗するのが生きがい』の男女が何故か得意気に「ぶっちゃけ肉じゃが嫌いだし。んなメシのおかずにならねーのより肉焼けよ」「肉じゃが?ダサいし。好きな男いないって。ワタシそんなの鵜呑みにするほど頭悪くないの」などと薄ら笑いを浮かべたり。
本当に嫌いならいいけどさ。何かそういうのとは違う言い方をするんだよね、こういう方々って。大抵、引っかかる言い方をしている。かと思ったら、素直に本気になって「肉じゃがで釣れるんだ」とせっせと覚える女が出てきたり…(まあ、今はあまりいないでしょう)。

俗に、「肉じゃがで男を釣る」などという偏見が世の中でまかり通っています。また、「肉じゃがで家庭的アピールする女はキモイ」などとも。
確かに、そういう意味で「肉じゃがは得意料理」とか言う女はキモイですよ。あざといし。まあ、私個人の意見としては全然詳しくないくせに「ロックとか、意外とそーゆー音楽が趣味なんです。私ってオトコっぽいから」と男の気を引こうとしてアピる女の方がもっとたちが悪いと思いますが。

ただね。私は純粋に肉じゃが好きなんだよ!作るのも大好き。だから、変なアピールする気なんかこれっぽっちもないっつーの!

それを馬鹿なマスコミや一昔前の女が肯定的にも否定的にも変な思い込みを垂れ流しおって!責任取りやがれ!!バンバンバキッ!!!(←机を叩き壊した音)

大体やつらは、肉じゃががいつどこから発祥したのか知らないんだろうか。
元はといえば1880年代大日本帝国時代の海軍発祥の料理。家庭に肉じゃがが普及したのは戦後のことで、それまでは海軍の艦上食としてしか作られていなかったし、肉じゃがが初めて料理本に載ったのは1938年発行の海軍厨業管理教科書!
つまり、肉じゃがは元は根っからの熱血男料理なのだ!
それを、勝手に家庭的アピール女の舞台装置にまで格下げさせやがって!おかげで自意識過剰な女流作家(林さん。あなたですよ)に『くたばれ!肉じゃが女』という小文の題材にまでされ、文中で「肉じゃがや味噌汁をあくせく作る女はダサいし重い。おしゃれなイイ女はワイングラス片手にきれいな洋食作んなきゃ」という主張を好き勝手させる羽目に…。雑誌を鵜呑みにする人達はどの世にも存在するから、さらに勘違いした人は増えたであろう。

まあ、確かに作る姿は所帯じみて見える。出来上がっても、外見は「オシャレ」「イケてる」とやらとは無縁だろうし。人目を気にする人間からすれば、そういった部分はどうしても許せないんだろう。
料理一つとっても棲み分けが必要な時代になってる。ああ、面倒臭いな~。
でも、コレだけは言わせて欲しい。肉じゃがは男を釣るためにいいとか、そんな浅い料理じゃないって事。そして簡単に出来ておいしいって事。私が主張したいのはそれだけ。この意見が認められるなら、キモイ扱いされてもいいよもう。

Comment

2010.07.02 Fri 17:51  |  

台湾でも「日本人男性を射止めるには肉じゃが!」って有名らしいねぇ・・・

肉じゃが・・・ねぇ
個人的にはあんま好きじゃないなぁ
大体ジャガイモと米ってあわないし
酒のつまみにもならないしー

でも好みは人それぞれ

ただ、風評についてはわかるわー
俺はアキバによく逝くんだけど、若い子達に言わせると
「その歳でアキバボーイのつもりですか?」らしい

し ら ね ー よ !!
俺は25年前からアキバに通いつめてたわ!
当時は今みたいなエロい街じゃなかったんだよ!

ふぅ、失礼。

さておき
肉じゃがは熱血男の料理というよりも
むしろ洋食ですよん
東郷平八郎閣下のビーフシチュー説ですな

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.07.02 Fri 20:00  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

こういう、「○○なら××」という偽常識は昔から
個人的に好きじゃないので、この記事を書いた時は
相当に頭に来ていたのを覚えています(正直、若かったです。痛かったです)。

好みは、本当に人それぞれだと思います。

三世さんのお話を見て思いましたが、一方的な決め付けで
「●●のつもり?」って言われるのって、心からゲンナリしますよね(^^;)。
今は違っていても、後々違った意味になってくる事はたくさんあるので、
それをいちいち跳ね除けて生きていくのは結構きついことだと思います。
でも、好きな事はそう簡単にはやめられないので、
内心「違うよ…」とため息をつきつつ、うまくかわしていくしかないですね。

確かに、肉じゃがは元はといえば洋食だったそうですね。
最近、東郷平八郎閣下のビーフシチュー説を知り、ほほえましく思いました。
案外、わがままや失敗が新しい料理の発祥となるケースは多いので、料理って面白いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/206-87953c84
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ