『中華一番!』の“プロバンス風シーフードピラフ”を再現!

ひょんなことで漫画版『ひぐらしのなく頃に』にハマってしまい、只今マサル君と単行本を買い漁っています。絵で敬遠していましたが、読むとかなり面白かったです。まだ途中ですが、ストーリー的に一番面白かったのは「綿流し編」の出題編と解答編です。
こんにちは、あんこです。

本日再現する料理は、料理漫画『中華一番!』にてチンケな悪役として登場したフランス人シェフ、ジャン・バジャールが主人公マオとの料理対決で作った“プロバンス風シーフードピラフ”です。
プロバンス風シーフードピラフ図

このジャン・バジャール、『中華一番!』の中に出てくる悪役の中でも指折りの悲惨な末路をたどっている為、その姿は涙なしでは語れません…。
最後の登場シーンなんて、放火の罪を問われて役人に引きずられておしまいですからね。

輝いていた頃のバジャール
パリNo.1レストランの名シェフ

浮浪者になったバジャール
マオに負けて解雇され無職

犯罪者になったバジャール
店に放火しちゃって犯罪者

ドナドナバジャール
そして異国の囚人へ…

…みごとな転落人生だなあ(´д`;)。
クラスチェンジしていく度に荒んでいっているのがよく分かります。人間、落ちるだけ落ちる前にストッパーをかけないとこうなるという典型的な例ですね。勉強になります。
願わくば、彼には塀の中の生活を乗り越えて無事出所してもらい、是非ムショグルメ本を出して欲しいです。

…さて、勝手に一人で盛り上がった所で料理再現に移りたいと思います。
今回、頭に「プロバンス風」とついていたので、まずその意味合いから調べてみました。
初めはたいした意味はないのではと思っていたのですが、意外にもしっかりした定義付けがされている事が判明。
そもそもフランスにはプロバンス地方という南東部の地域があり、昔からイタリアの隣に位置して絶えず影響を受けていた為、フランスにしては珍しくオリーブオイルやハーブ、トマトやニンニクなどの野菜を豊富に料理に使う事が多かったそうです。なので、これらの素材を多用したフランス料理を「プロバンス風」と呼ぶようになったそうです。(正直、適当にそれっぽい単語をつけてるだけかと思ry)。
バジャールのピラフにはトマト、マッシュルーム、エシャロットやオリーブなどがメインに使われているので、あながち間違いではないと思います。さすが(元)フランス一の名シェフ!

では、長い前置きが終わったところで早速ピラフ作成!…といきたかったのですが、何を隠そう私は「ピラフは手作りよりも、味の素のエビピラフが世界一ィィイ!!!」派ですので、かなり手抜きですが市販のものを使用しました。だらしなくてすみません。
プロバンス風シーフードピラフ1
ピラフの具を確認したところ、メインの具であるエビの他にも(シーフードピラフと名づけられている割にはエビ以外海産物は何も入っていません。バジャールさんって大雑把ですね)マッシュルーム、玉ねぎ(=エシャロット)が入っていたので追加の具はなしです。
このピラフを袋の裏の記述通りにレンジで温めて形を整え、薄切りにしたトマトとレモン、ローリエ(オリーブの葉の代用です)をそれぞれ飾り付けたら、“プロバンス風シーフードピラフ”の完成です!
プロバンス風シーフードピラフ2
盛り付けだけは原作にほぼ忠実に出来たと思います。量が少なめなのは、晩御飯でまだお腹が一杯だった深夜に作ったからです。静まり返った台所でなるべく音を立てないように作業をするのは予想以上に虚しかったです。
プロバンス風シーフードピラフ3
食べた感想ですが、市販のエビピラフですから普通においしかったです。トマトとピラフの相性もかなりよく、これならまた試してみたいと思いました。

最後に一言。
アンパンマンの創造主にそっくり
帽子をかぶったジャン・バジャールがア○パンマンのジャムおじさんに見えてしまう私は、疲れているのかもしれません。

●出典)『中華一番!』 小川悦司/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/242-824837a6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ