おすすめ名作漫画!~歴史漫画編~

今日ご紹介するジャンルは、「歴史漫画」です。
昔から私は歴史物が非常に好きで、小説漫画問わずによく読んでいるのですが、何故か自信を持ってオススメできる歴史漫画となるとかなり限られて以下のみにまで絞られてしまいました。
史実に忠実すぎても話自体がつまらなかったり、また話が面白くてもあまりに現実離れしていたら白けたりと、歴史物はうまく描くのが結構難しい題材なんだなあとしみじみ思いました。

●歴史漫画
○花の慶次―雲のかなたに/原作:隆 慶一郎 作画:原 哲夫
花の慶次
戦国時代末期に活躍した天下無双の傾奇者・前田慶次の活躍をつづった作品。主人公・慶次と味方敵方双方のキャラが生き生きと描かれていて、読み返すたびに力を与えられます。慶次の豪放磊落さに笑い、戦いに息を呑み、人情話に泣く、何かと忙しい作品でもあります。

○影武者徳川家康/原作:隆 慶一郎 作画:原 哲夫
影武者徳川家康
関ヶ原の合戦で徳川家康が暗殺され、影武者であった世良田二郎三郎元信が本物として生きる事を選んだという設定で話が進む異色作。荒唐無稽ですが、これが面白い!掲載誌が成人誌でなかった事が悔やまれます。

○女帝エカテリーナ/原作:アンリ・トロワイヤ 作画:池田 理代子
何となく親近感を感じる国
ロマノフ朝の第8代ロシア皇帝・エカテリーナ2世の波乱に満ちた生涯を描いた作品。皇統どころかロシア人ですらない、ドイツ人の没落貴族であった少女・ゾフィーが皇帝の座にのぼりつめるまでの描写は圧巻。池田理代子さんの漫画の中で一番好きな作品です。

○ビン~孫子異伝~/星野 浩字
孫子
中国戦国時代、兵法家として活躍した孫子の末裔・ビンを主人公とした歴史異伝。謎多き人物であるゆえに創作が多いですが、作者に力量がある為安心して楽しく読めます。

○ヒストリエ/岩明 均
ヒストリエ
紀元前300年代、アレキサンダー大王に書記官として仕えた”カルディアのエウメネス”の数奇な人生を描いた作品。最近ようやく話が動いてきたので嬉しいです。相変わらずこの方は、魅せるのが非常にうまい。

○ブッダ/手塚 治虫
ブッダ
仏教の始祖・ゴータマ=シッダールタの一生を描いた作品。人間とは、運命とは何なのかを深く考えさせられる一作。仏教に興味がない人でも面白いと思います。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/248-6579602f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ