『旬~味彩の匠~』の“アボカドマヨのコロッケ丼”を再現!

ほぼ初対面なのに「私って自分に正直な人だからー」「私って○○じゃないですか~」と言う人は、自己中で面倒な人である確率が非常に高い事が最近分かりました。だからといって何にも役に立ちませんが…。
こんにちは、あんこです。

今日再現してみる漫画料理は、『旬~味彩の匠~』三巻で主人公の旬君が女子高の学園祭で出す丼の試作品として、準ヒロイン・谷山さんや他の女子高生達に作った“アボカドマヨのコロッケ丼”です。
アボカドマヨのコロッケ丼図
この谷山さん、顔はモデル並みにかわいいのですが性格と言い方が相当きつく、試作品のコロッケ丼をおいしいと言って食べるものの「発想が安直過ぎ」「カロリーが高い」「おいしくて太らないものじゃなきゃダメなのよ」などと言いたい放題に文句をつけてきます。まさにツンの鬼。後に主人公に対してのみデレるかわいいツンデレキャラへと変貌しますが、序盤は主人公がかわいそうでした…(´Д`;)。
ツンデレ谷山さん
以上のようにかなり酷評されているコロッケ丼ですが、潰したアボカドやレモン汁で作った手作りマヨネーズと揚げたてコロッケの描写が非常においしそうだったので、カロリーを気にせず作ってみる事にしました(´∀` )ウマイモノハカロリータカイモンダキニシナイ!
アボカド入りマヨ特製マヨネーズの作り方

それじゃあレッツ再現!
まずアボカドをみじん切りにして潰し、キャベツを千切りにしておきます。
コロッケ丼1
コロッケ丼2
次にマヨネーズ作り。
卵黄とレモン汁、塩こしょうをよく混ぜた後に菜種油を少しずつ加え、とにかくかき混ぜまくります!乳化命!!
コロッケ丼3
↓作中と同じく、このくらい気合を入れて混ぜました。
うおおお!!
油を全部入れて乳化しきったら、潰したアボカドを加えてまた混ぜまくります。ほぼ同化しきったら、特製アボカドマヨネーズの出来上がりです。
コロッケ丼4
コロッケ丼5
ここまで来たら、仕上げは目前です!
揚げたてのコロッケ(おいしいお店で買った出来合いのコロッケを使いました。再現度低くてすみません)の油をよくきったら、千切りキャベツをのせた丼ご飯の上にのっけます。
コロッケ丼6
そしてさらにその上からアボカドマヨネーズを大量にかけたら、“アボカドマヨのコロッケ丼”の完成です!
コロッケ丼完成
見た目は危なそうに見えるかもしれませんが、コロッケの香ばしい香りと炊き立てご飯の甘い香り、レモンの爽やかな香りがして食べる前からすごくおいしそうでした。
では、実食です。いただきまーす。

む…これは思っていた以上のおいしさ!ウマーーー!!
ドレスアップ
味の感想ですが、まずマヨネーズ自体が絶品でした。手作りのせいか舌触りが滑らかで、レモンの風味と酸味がコロッケの脂っこさをかなり抑えてくれています。マヨネーズがコロッケの味付けの役割も十分果たしているので、物足りなく感じさせる事もありませんでした。
また、アボカドが入っていたおかげでサッパリとしたコクがあり、普通のマヨネーズよりもずっと味わい深く仕上がっていました。これは色々応用がきくと思います。あと、千切りキャベツもシャキシャキと爽やかで箸休めとして最適でした。揚げたてコロッケと炊き立てご飯の相性も抜群によく、揚げ物好きにはたまらない味です。
キャベツとご飯とコロッケ、そしてアボカドマヨネーズの全てが調和していて、谷山さんが「揚げたての一時しかない、贅沢で華麗な美味しさ」と言うのも頷ける気がしました。
ただ、このコロッケ丼は全部出来立てを使うか、もしくは温めておくのが鉄則ですね。ご飯かコロッケのどっちかが冷めていたら、おいしさが半減していました。熱い時にさっと食べるのがおいしく食べるコツだと思います。

最終的な結論としては、“アボカドマヨのコロッケ丼”は有り!でした。確かにカロリーを気にする人には人気が出ないと思いますが、そういう事を気にしない女性や男性には十分ウケるんじゃないかなーと感じました。特にマヨラーなら大喜びすると思います。ちなみに、マヨネーズ大好き男・マサル君は「うまい」といって食べていました。

●出典)『旬~味彩の匠~』 高倉みどり/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/278-08c5d4b6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ