『美味しんぼ』の“うずめめし”を再現!

最近の『範馬刃牙』にはついていけません。夢オチ漫画は絶対許せないと思っていましたが、この際それでもいいかとすら思えてきました。もしくは、ペイン博士の妄想オチでも可です。
あ、どうもあんこです。

今日作ってみる漫画再現料理は、『美味しんぼ』にて山岡さんが家庭料理に飢えていた旦那さんの為に作ったらいいと言って新米の奥さんに教えた“うずめめし”です。
うずめめし図
もともとはある地方に昔から伝わっている郷土料理で、作中の記述によると「お酒を飲んだ後のシメにいい」のだそうです。山岡さんが言うには、男性というものはおしゃれな洋食や外食風の料理より、こういう気楽な和食の方が好きなのだとか。
前々からお酒のシメにいい料理をマスターしたいと考えていたので、早速作ってみることにしました!

それでは調理開始。
まず、カツオと昆布から濃い目の出汁をとって布でこしておきます。
うずめめし1
煮出している間に豆腐を1cm角、にんじんとしいたけを出来るだけ小さく刻んでおきます(みじん切りではありません)。
うずめめし2
これらの具を出汁に加え、煮立てます。
うずめめし3
具に火が通ってきたら醤油、酒を入れてさらに煮ます(原作では味付けはこれだけでしたが、個人的に物足りなく感じましたのでみりんと塩を少量加えました)。
うずめめし4
にんじんに火が通ったら、茶碗によそっておいたご飯の上につゆと具を適量注ぎ、最後に海苔とわさびを飾りつけたら完成です。
うずめめし5
わさびと出汁と海苔の香りが食欲をそそります。
うずめめし6
では、いざ実食!いただきます。

食べてみた感想ですが、しみじみおいしいです。どことなく懐かしい味。
味付けがさっぱりしている為、出汁茶漬け感覚でサラサラいけます。にんじんのサクサクした食感と豆腐の柔らかい舌触りがつゆやご飯と一体となり、淡白ながらも奥深い味になっていました。これなら、食欲がなかったり胃が弱っている時にも食べられそうです。この深い出汁にワサビのピリリとした辛さが溶け込み、いいアクセントになっていました。
カツオと昆布の出汁の上品かつ膨らみのある味わいがご飯に何とも言えず合っており、そこへ海苔やわさびの鮮やかな風味が加わると「日本人に生まれてよかった!」と言いたくなるような旨味を実感出来ます。あっさりしているのにお腹が膨れるので、軽く何か食べたい時に最適だなと思いました。

一言で言うなら「毎日食べても飽きない料理」、そんな感じです。また作ってみようと思います!

○追記(2010/8/12)
約一年たち、再度きちんとした写真を撮ってみました;。実は三つ葉を刻んで添える方がより原作に忠実ですので、今回はそうしてみました。確かに三つ葉があった方がよりキレと香りがよくなるので、断然おすすめです!
新うずめめし1新うずめめし2
新うずめめし3

●出典)『美味しんぼ』 雁屋哲/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.10.12 Tue 18:44  |  

美味しんぼで読みましたが、多分島根県西部(浜田、益田、津和野など)で食べられている、うずめめしだと思います


広島県福山市にも、ほぼ同じ、「うずみ」という料理があります

  • #-
  • サンダー兄さん
  • URL

2010.10.12 Tue 19:05  |  サンダー兄さんさん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

なるほど、『美味しんぼ』のうずめめしは島根県西部バージョンなんですね。
今までうずめめしはこのレシピ一種類のみだとずっと思っていましたが、
考えてみれば九州名物・鶏飯も大きく分けても三種類の作り方がありますし、
作り方の流派が分かれていてもなんら不思議はないですね。
広島県のうずみはどんな料理なのか、この後調べてみます!

興味深い知識を授けてくださり、誠にありがとうございます。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2011.02.10 Thu 02:10  |  

うずめ飯が給食で出るものです。島根にいますが、うずめ飯はご飯で具材を隠すように盛り付けてます。あと、汁はとろみがあります。本当においしいです。私の大好きなメニューの1つです。

  • #-
  • 弥栄っ子
  • URL

2011.02.11 Fri 15:48  |  弥栄っ子さん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私も文献を調べていた時に「おや?」と感じましたが、
『美味しんぼ』の画像を見ると上にも乗せる方式だった為、
つい「うずめていないうずめ飯」を作ってしまいました。
ご不快になってしまったら、誠に申し訳ございません;。
今度は、本場のレシピでとろみをつけたうずめ飯を作ってみようと思います。
ご情報を教えてくださり、感謝です。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/279-91bccee0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ