『旬~味彩の匠~』の“玉ねぎソース牛丼”を再現!

最近、ハゲの遺伝子という物が発見されたそうです。本当にそんな物があった事に驚き。研究者の方々には、マサル君がお父さんに似てハゲる前に何とかして完治させる方法を見つけて欲しいものです。
こんにちは、あんこです。

今日再現する漫画料理は、『旬~味彩の匠~』一巻にて主人公が作った新しい発想の丼“玉ねぎソース牛丼”です。
玉ねぎソース牛肉丼図
牛丼の肉や具は、丼用とは別物の肉を長時間煮込んで作ったスープを醤油などで味付けした肉だしで浅く煮た物を使っています。こうする事によってコクが二倍になりつつ、肉や具も程よい食感を保つみたいです。この方法は実際にお店で使われていそうですね。
牛丼の秘密
ただ作中によると、この方法で作った牛丼は僅かにしつこい味になり、丼のバランスが崩れやすいのだそうです。そこで登場するのが、この琥珀色で半透明のトロッとした玉ねぎソース!これをかける事によって具においしそうな照りが出る上、肉やだしのしつこさを優しい甘さで包み込みまろやかな味わいにしてくれるのだそうです。
ソースの秘密1
どうやってこの玉ねぎソースを作ったかと言うと、何と三十個もの玉ねぎを十二時間以上炒め続けていたら出来たそうです。他には特に作り方のポイントは書かれていなかったので、何の味付けもされていないソース状の炒め玉ねぎといった感じです。
ソースの秘密2
何度か炒め玉ねぎを作った事がありますが、どんな弱火でもそんな風になった事はないです。不安要素が残りますが、やれる限り丁寧に作業してみます!

と言う訳で、いざ再現。
主役の玉ねぎソースを作っていきます。
まず、大二個の玉ねぎを出来るだけ細くくし切りにします(三十個もの玉ねぎはさすがに勇気がなくて準備できませんでした…)。
玉ねぎソースの牛丼1
この玉ねぎを電子レンジで軽く透明になるくらいにまで熱しておきます。こうする事によって大幅に痛め時間短縮になるという本にあったので、試しにしてみました。
玉ねぎソースの牛丼2
…しかし甘かった。たかが二個の玉ねぎでも慎重に弱火で焦げないように蒸すようにして炒める事は通常の三倍手間がかかる上に時間もかかり、やっと琥珀色になって漉し器で裏ごし(玉ねぎを裏ごしするのがまた相当な力が要ります;)し終えた時には、ほぼ三時間経過していました…orz。そりゃ、三十個もそんな事やっていたら十二時間かかりますわ。というか、もっとかかると思います。炒め玉ねぎ恐るべし…!
下の写真が全ての工程を経た玉ねぎソースですが、結局どんなに注意深く炒めても透明な液体にはなりませんでした…無念。ただ、滑らかになったのが救いです。
玉ねぎソースの牛丼3
次は牛丼の用意ですが…今回は一から作るのに時間も資金も足らず、急遽有名な牛丼チェーン店・すき家にて牛丼を調達しました。なので今回はかなり再現度が低く、閲覧者の方にとって相当つまらない内容になっていると思います。重ね重ねすみません。
玉ねぎソースの牛丼4
実を言うと、私は牛丼屋さんの中でもすき家が一番好きです。個人的な感想ですが、並で頼んでも肉やご飯のボリュームが多く味もしっかりしている感じがするので、どうしても贔屓にしてしまいます。
玉ねぎソースの牛丼5玉ねぎソースの牛丼6
この並牛丼に玉ねぎソースをかけたら、“玉ねぎソース牛丼”の完成です!
玉ねぎソースの牛丼7
一見グロくお世辞にもおいしそうには見えないので、正直とても不安ですが、食べ物を粗末にしたくないので実食してみようと思います。それでは、いただきます!
玉ねぎソースの牛丼8

ふむ…味の感想ですが、これは意外とアリかも。いや、むしろおいしいと言っていいかもしれません。
見た目はアレですが、食べてみると自然な甘味が凝縮した炒め玉ねぎソースが肉や玉ねぎの味を引き立て、牛丼特有のくどさを抑えてくれています。すごく意外ですが、玉ねぎソースって牛丼にかなり合います!でも考えてみたら、牛丼は玉ねぎが主役級の具になってる丼なので、合って当然なのかもしれません。
もう少し液体状でまろやかだったら、さらに絡んで一体感が出ていたと思います。これは研究や開発の価値があるのでは…?と感じました。
思うに、炒め玉ねぎにする事にこだわらず、薄めた肉だしでドロドロになるまで柔らかく透明感がでるまで煮込んだ玉ねぎをミキサーにかけてこしたりしたら、まさしく琥珀色の半透明なソースが出来るのではないかと。もしかしたら、その方が作中に出てきた玉ねぎソースに近い味になるかもしれません。

気が向いたら、実験してみようと思います。

●出典)『旬~味彩の匠~』 高倉みどり/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/284-2b525cb0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ