『喰いタン』の“牛おひつ丼”を再現!

大分前から、ファッション界で「ガーリー」というのが流行っているそうですね。セクシーだけどキュートなオシャレという意味らしいですが、つい先日まで私はこれを「にんにくみたいだな」という狂った解釈をしておりました。無知って怖いですね。ちなみに調べたところ、元々の意味合いは「売春婦」だそうですので、海外ではあまり多用しない方がよさそうです(参考URLはこちら)。
あ、また長すぎる前置きをしてすみません、あんこです。

今回再現してみる漫画料理は、『喰いタン』六巻のFile.040「死ぬ寸前でも牛丼を喰う!」というお話の中で高野先生がおいしいと力説していた“牛おひつ丼”です!
牛おひつ丼図
作り方はいたって簡単。「つゆダク」以上につゆがたっぷり入った「つゆダクダク」牛丼を注文し、おひつにいっぱいよそったご飯の上に乗せてまんべんなく混ぜたら出来上がりです。
牛おひつ丼説明1牛おひつ丼説明2
作中で高野先生が既に熱弁していますが、ご飯にじんわり染みた牛丼のつゆや甘い湯気の描写がたまらなくおいしそうです。
実を言うと、この料理(?)はかなり前からマサル君と試してみて以来定番になっているメニューなので、いつもと違って失敗の心配はありませんでした。

では、早速再現開始!
まず馴染みの牛丼屋さんに行き、人数分のつゆダクダク牛丼(並)を買ってきます。店員さんにとって面倒そうな注文「つゆダクダク」牛丼はやはり頼む時に勇気がいるものなので、馴染みの牛丼屋さんじゃないと買いにくいです(´・ω・`;)スキヤノオニイサンスミマセン。
牛おひつ丼1
今回、とてもノリがよくて感じのいい店員さんが応対してくれたので、「いつもならこれくらいですが、ギリギリまでやってみましょうか?」とわざわざ注いでいる途中に聞きに来てくれました。おかげで、今回は相当つゆに恵まれました。店員さん、ありがとうございます。
牛おひつ丼2
一人一合ずつ炊いておいたご飯(今回はマサル君と二人なので二合。胃に自信がない方は、二人分で一合のご飯に牛丼一個がちょうどいいです)を、おひつか大きいお皿(マサル君の部屋にはそういうのはないので、殺風景ですがいつも中華鍋で代用)に入れ、さらにその上からつゆダクダク牛丼を全部乗せます。
牛おひつ丼3
牛おひつ丼4
これを出来るだけ均等にきるようにして混ぜていきます。一見グロい画像ですので、気分が悪くなってしまったらすみませんm(_ _)m。
牛おひつ丼5
全体に牛丼のつゆがいきわたったら、“牛おひつ丼”の完成です!
牛おひつ丼6
一人分ずつ取り分けたら、いざ実食。いただきます!
牛おひつ丼7

味の感想は、やっぱりおいしい!牛おひつ丼万歳!
久々に作りましたが、旨さに変わりはありませんでした。牛丼の甘辛いつゆ、牛薄きり肉のコク、煮玉ねぎの滋味がご飯全体へと染み込んでおり、食べれば食べるほどおかわりが欲しくなる味に仕上がっています。香りも作中にあるとおり甘く香ばしく、食欲をそそってくれました。これ程簡単で費用も高くなく(二人分でも660円!)、お腹が破裂しそうなくらいいっぱいになって満足する料理は、そうないんじゃないかと思いました。味付けに変化を出したかったら、卵や紅しょうがもありますし(刻んだネギ、キムチも合います)。濃すぎず薄すぎず、それでいてしっかりした味付けのおいしい混ぜご飯って感じです。
見た目はアレですが、炊き込みご飯が大好きな人にはたまらないおいしさだと思います。
すき家のタレは濃い目なので、つゆダクにするとくどくなりすぎる事が欠点だったのですが、思いきってつゆダクダクにして白飯に混ぜる事により、味や風味がちょうどよくなります。逆に向いていないのは、吉野家です。吉野家は比較的薄めの味なので、以前試してみたら残念な出来になってしまいました。なので、むしろ吉野家の牛丼は普通に食べた方がおいしいと思います。もっとも、作中で高野先生が注文していたお店は吉野家っぽかったので、「あれ(^^;)?」って感じですが…まあ気にしないことにします。

高野先生程大きい胃袋ではないけど、人並み以上に大食いで「お腹いっぱいうまい牛丼食べたい!」という人には、おすすめの一品です。
そういう訳で、ごちそうさま!
牛おひつ丼8

●出典)『喰いタン』 寺沢大介/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/289-7504a235
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ