『西洋骨董洋菓子店』の“橘圭一郎の差し入れお弁当”を再現!

昔、コメント欄で「何でそんなに偉そうなブログ名なの?」とやんわり聞かれた事があったのを思い出しました。正確には私がつけたというより、大学時代に仲がよかった友人が返してきた言葉からとって名づけたブログ名なんですが、今見てみると確かに偉そう。無駄に生意気な名前ですみません。
一時期改名も考えましたが、すぐに頓挫しました。今更変えると私のニワトリ頭が混乱する事と、なかなか思いつかなくて脳が発熱しそうなのと、もしかしたら遠くなってしまった友人が見ているのではという考えがあったからです。なので、閉鎖するまで恥ずかしながらこのままでいさせていただきたいと思います。長ったらしいので、表記は基本「本ブロ」ですが。
どうも、相変わらず長い前置きをする管理人あんこです。

本日再現する漫画料理は、『西洋骨董洋菓子店』最終巻にて、アンティークで犯人逮捕のために張り込みをする刑事さんたちに圭さんが差し入れした“橘圭一郎の差し入れお弁当”です!
橘圭一郎の差し入れお弁当図
お弁当の中身は至ってシンプルで、「刻み葱たっぷりの卯の花、ピーマンの肉詰め、なすの糠漬け、塩むすび」の四種類が入ったお弁当です。たったこれだけなんですが妙においしそうでした。
差し入れ風景
考えてみると、ピーマンの肉詰めを久しく食べていない事に気付きました。そう思うと無性に食べたくなったので、作ってみる事に決定!

そんな訳で、レッツ再現調理!
最初に作るのは、刻み葱たっぷりの卯の花。白ねぎ(量多目)、にんじん、水で戻した干ししいたけをみじん切りにし、ごぼうはささがきにして水にさらしておきます。
差し入れお弁当1差し入れお弁当2
これらの野菜を油をしいたフライパンで炒め、あらかた火が通ったらおからを加えてよく炒め合わせます。
差し入れお弁当3差し入れお弁当4
おからがパラパラになってきたら酒、砂糖、だし汁、干ししいたけの戻し汁を加えてよく混ぜます。
差し入れお弁当5差し入れお弁当6
大分混ざったら今度は醤油を入れて混ぜ、味の調整をしながら煮ます。味がちょうどよくなっておからに調味料がしみこんだら、刻み葱たっぷりの卯の花の出来上がりです。
差し入れお弁当7
次は、ピーマンの肉詰め作りです。
まず玉ねぎをみじんぎりにし、パン粉をボウルに入れて牛乳に浸しておきます。
差し入れお弁当8差し入れお弁当9
パン粉が十分柔らかくなったら余分な牛乳を搾り、そこへひき肉、たまねぎ、卵、塩こしょうを入れてよく練ります(練る最中に、隠し味としてケチャップを少量入れます)。
差し入れお弁当10差し入れお弁当13
ひき肉を練った後は、ピーマンの準備。ピーマンを縦半分に切ったら種をとり、薄力粉を茶漉しで内側に軽くふっておきます。
差し入れお弁当11
差し入れお弁当12
このピーマンに、先程のひき肉をギュウギュウに詰めます。
差し入れお弁当14
隙間なく詰めた事を確認したら、熱して油をしいたフライパンで肉の面から強火で焼いていきます。肉にいいこげ色がついたらひっくり返し、お酒を入れてふたをして中火で蒸し焼きにします。中にまで熱が通ったら、ピーマンの肉詰めの出来上がりです。
差し入れお弁当15差し入れお弁当16
今度は、なすの糠漬けの用意です。
うちでは糠漬けをつけていないので、自家製の物は準備出来ませんでした(再現度低くてすみません)。なので今回は、近所で漬物がおいしいと評判の八百屋さんでなすの糠漬けを買って来ました。これを一口大に切ったら、なすの糠漬けの準備はおしまいです。
差し入れお弁当17
差し入れお弁当18
最後は、塩むすび作りです。
これも糠漬けと同じくらい簡単で、塩を効かせたおむすびを握って海苔を巻けば出来上がりです。
差し入れお弁当19
ここまできたら、あとは簡単!作中の描写を参考にしておかずをお弁当箱に詰め込み、塩むすびをホイルに包んだら“橘圭一郎の差し入れお弁当”の完成です!
差し入れお弁当20
派手さはないですが、見るからにおいしそうな取り合わせで食べる前からワクワクしました。
差し入れお弁当21
それでは、いただきまーす!

さて、食べた感想ですが…いかにも夜食って感じでおいしかったです(´∀`)。
塩むすびは、素朴ながらもシンプルな旨味がじんわり舌に伝わってきて和みました。お米と塩の偉大さを改めて実感。程よくシナッとした海苔がまた風味がよくて、ウマーでした(゜Д゜)。
差し入れお弁当22
ピーマンの肉詰めを食べるのは久しぶりだったんですが、やっぱりおいしかったです。ピーマンの苦甘さが肉汁たっぷりのひき肉とすごく合っていて、よく出来た調理法だなーと思いました。また、ケチャップを隠し味にしたのは母がそうしていたからですが、いつも作る肉ダネより奥深さが出ていたので感心しました。さすが主婦歴ウン十年の母、まだまだ叶いそうにありません。
差し入れお弁当23
刻み葱たっぷりの卯の花は手探りで試行錯誤しながら作ったのですが、そこそこ食べられる味になっていて一安心。ねぎの香ばしさとコク、そして干ししいたけの出汁とごぼうやにんじんの風味がフンワリしたおからに調和しており、美味でした。
差し入れお弁当24
八百屋さんの糠漬けも酸味が利いていて箸休めに最適でした。なす自体がウマーなので、バクバクいけます。多分、ビールとヨーグルトと鷹の爪を隠し味にしてるんじゃないかな?と食べていて感じました。
差し入れお弁当25

食べ終わってから出した結論は、大満足!橘さんが作ったものには叶わないかもしれませんが、甘い辛いしょっぱい酸っぱいのバランスが見事に取れた組み合わせで、最後まで飽きずに食べられました。緊張した状態で張り込みしている時にこんな気の利いた差し入れをもらったら、初対面でも「いい人だな~」とすぐに気を許しちゃいそうです。同じ釜の飯を食うとはよく言った物で、おいしい料理を一緒に食べながらあれこれ喋っていると、すぐに連帯感が生まれるような気がします(^^)。


★おまけ
作中ではお弁当のデザートとしてマカロンなどの洋菓子が一緒に出ていたので、私もマネして食後のおやつに洋菓子店で買ってきたマカロンとマドレーヌを食べました。
okasi1
okasi2
マカロンは皮がサクサクしていておいしかったです。
okasi3
マドレーヌも、オレンジピールの香りが爽やかでよかったです。
okasi4

●出典)『西洋骨董洋菓子店』 よしながふみ/新書館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/314-cda50a24
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ