『薬膳仙女マダム明』の“たけのこと鶏肉の炒め煮”を再現!

 記録的豪雨の日なのに、どうしても外に出なければならない用事があったのでやむなく出かけてきました。
 駅のホームに何度も流れる「列車の遅れをお知らせします」のアナウンスが少し憂鬱でしたが、帰る時にどこかからアマガエルの声が聞こえ、ちょっと和みました。

 こんにちは、あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『薬膳仙女マダム明』にてマダムが自信喪失気味のお客さんに気力を回復してもらう為に出した“たけのこと鶏肉の炒め煮”です!
たけのこと鶏肉の炒め煮図
 作中での説明によると、たけのこは気力を充実させてくれる食材なのだとか(知りませんでした…orz)。
 おまけに体力回復の効果もあるみたいなので、マダム明曰く「心と体の疲れに効く一品」だそうです。
 食べ物と健康を結びつける薬膳の奥深さに、改めて感嘆しました。
絵画のような一コマ
 最近疲れ気味なのでぴったりかなと思い、作ってみる事にしました。


 と言う訳で、早速再現調理を開始!
 最初に取りかかるのは、各食材の下ごしらえ。
 まずたけのこを薄切りにし、さっと湯がいてから鶏がらスープで十分程度煮ておきます。
たけのこと鶏肉の炒め煮1
 きゅうりは薄切りに、ネギはぶつ切りにします。
 本来ならこの時にしょうがも薄切りにしておくのですが、残念ながらきらしていたのでチューブしょうがを使用する事にしました(再現度低くてすみません)。
たけのこと鶏肉の炒め煮2
 干ししいたけは水で戻してから細切りにします(今回の料理はこの戻し汁を使いませんので、後でスープに流用しました)。
たけのこと鶏肉の炒め煮3たけのこと鶏肉の炒め煮4
 皮付きの鶏肉は薄切りにした後、卵白、水溶き片栗粉、塩、酒を入れて混ぜておいたボウルの中に投入してよく揉み込みます。
たけのこと鶏肉の炒め煮6
 この鶏肉を高温の油で揚げ、八割方火が通ったら取り出し余分な油を切っておきます。
 これであらかたの下ごしらえは終了です。
たけのこと鶏肉の炒め煮7
次は、合わせ調味料の準備。
 鶏がらスープ、醤油、塩、こしょうをボウルに入れてかき混ぜ、仕上げに水溶き片栗粉を加えてよく混ぜたら合わせ調味料は出来上がりです。
たけのこと鶏肉の炒め煮5
 最後に炒め作業。
 鍋に油を薄く引いて干ししいたけ、きゅうり、ネギ、しょうが、たけのこを入れて炒めていきます。
たけのこと鶏肉の炒め煮8
 野菜に火が通ったら鶏肉を加えて少し炒め、そこへ合わせ調味料と酒を入れて煮ます。
たけのこと鶏肉の炒め煮9たけのこと鶏肉の炒め煮10
 煮立ってトロミが出たら火を止め、お皿に盛りつけたら“たけのこと鶏肉の炒め煮”の完成です!
たけのこと鶏肉の炒め煮11
 奥ゆかしい茶色のあんが具材に絡まり、見るからにおいしそうです。
 香りもすごくよく、料理への期待が高まります。
たけのこと鶏肉の炒め煮12
 では、冷めない内にいざ実食!
 いただきます!


 さて、食べた感想ですが…あまりの美味しさに絶句。中華料理店で普通に出されていそうな、プロ級の味にびっくりです。
 これは私の腕がどうこうではなく、かなり完成されたレシピだからこそここまで完成度が高いと思うので、余程試行錯誤を繰り返してこの味を作り上げたんだろうな~と尊敬しました(←『薬膳仙女マダム明』は調味料の分量やコツがちゃんと載っています)。
 まず、醤油味の餡が秀逸です。
 程よくトロッとしたゆるめの餡は、鶏がらスープがベースとなったあっさりかつこっくりした醤油味で、大量の野菜を使う事によって出た野菜のエキスを存分に取り込んでおり、舌の上でまろやかに溶けていきます。
 サンマー麺にかかっているシンプルなあんに似た味わいですが、干し椎茸の出汁が混ざっているせいかぐっと深い旨味になっており、癖になりました。
 この餡が、たけのこのサクサク感と瑞々しさが両立した旨さ、ネギの強い甘さ、干ししいたけの独特の風味、きゅうりのジャクっとした爽やかな味わい、鶏の揚げ物のジューシーさを最大限にまで引き出しており、全体に統一感を与えています。
 特に、鶏肉の揚げ物はあんに油分が溶けこんだおかげで若干さっぱりした後口になり、餡もさらにコクが増していた為、まさに一石二鳥といった感じでした。
 当初、「こんなそっけない衣で大丈夫かな?」と鶏の揚げ物の出来を心配したものでしたが、極薄なのに鶏肉をしっかりガードして肉汁を封じ込めた上、卵黄抜きのせいか油物とは思えぬ程淡泊な衣に仕上がっていた為、感心です(←天ぷらとフリッターの中間のような味で、片栗粉が入っているせいか餡が絡むとツルンとした滑らかな口当たりなのが美味でした)。


 少し手間がかかりますが、それを補って余りある程の出来上がりです。
 一口食べるごとに少しずつ元気がみなぎってくるような、そんな料理でした。

●出典)『薬膳仙女マダム明』 原作:楊愛蓮 作画:花小路小町/メディアファクトリー
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/315-b235554c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ