『アルプスの少女ハイジ』の“アルムおんじのチーズパン”を再現!

 最近の日本を見ていると、古代ローマ時代の高名な政治家が言った「国政は国民の義務を持つ国民が行うべきであり、外国人に任せるべきではない」という言葉を思い出します。
 
どうも、あんこです。


今回作ってみる再現料理は、アニメ『アルプスの少女ハイジ』第二話にてハイジが初めて山小屋で食べた朝食“アルムおんじのチーズパン”です!
ハイジのチーズパン図
 もはや知らない人はいないんじゃないかというくらい有名な漫画料理で、例に漏れず私も憧れていました。
 アニメのワンシーンでチーズをパンに乗せる前にあぶる場面があるんですが、段々とろけてくる瞬間が本当においしそうで、見るたびにうっとりします(´∀`*)。
 シンプルだけど、妙に食欲がそそられるシーンですね。
 ちなみにこれは、ハイジがおじいさんの家へやって来た初日に一緒に食べた朝食なのですが、動物の真似をして駆け回る(!?)子供っぽい一面がありつつも、言われる前にちゃんと食器の用意をする利発さを持ったハイジをおじいさんが「ほお!」と見直して少し心が通い合う場面がある為、余計印象に残っています。
ビフォー
アフター
ハイジの食べる様子がとっても幸せそうだったので、思い切って再現することにしました。
ハイジの朝食セット図

と言う訳で、再現調理開始!
まずはチーズの用意。調べてみたところ、アルムおんじが使ったチーズは「ラクレットチーズ」というセミハードチーズの一種だったそうなので、早速デパートまで行って入手してきました(参考URLはこちら)。
ハイジのチーズパン1
見た感じは硬そうですが、触ると意外と柔らかかったです。ヤギ乳ではなく、牛乳から出来るチーズみたいなので何となく安心。「これがハイジが食べたチーズか~」とワクワクしながら包みを開けてみて数秒後…。
クサーーーーーーーイ(´Д`;)!!!
…正直、「もうこの記事書くのやめようかな…お蔵入りがいいんじゃないかな…」と弱気になるくらい、強烈に臭かったです。
この匂いを何とたとえたらいいのか…果たして説明しきれるようなものなのか…いや、そもそも私の拙い語彙力なんかでは到底言い表せないのではないだろうかと絶望する程、すごい匂いでした。それでも強いて説明するのなら、「熟成期間を超えすぎて既に腐っていそう」「ヤギの毛皮のような野生の獣臭」「脳みそを直接殴られたような衝撃を受けてキツイ」「ワ○ガみたいな不快さ」という感じの匂いです。ハッキリ言って異臭の領域でした。
…ですが、100g750円というお高いチーズをあっさり無駄に出来るほど太っ腹な人間ではないので(腹肉と脂肪はいくらでもあるんですが)、「毒を食らわば皿まで…!毒皿だっ……!!」とカイジのような心境になりながら続行することに。
匂いのショックから立ち直れたらラクレットチーズを適度な切り取り、ごく弱火に熱したフライパンでちょうどよくとろけるまで火を通します。意外なことですが、とろければとろけるほど匂いが収まりました。原因は分かりませんが、一安心。
ハイジのチーズパン2
チーズを熱している間に、黒パン(いわゆるライ麦パンです。硬くて風味豊かなのが特徴)を薄く切っておきます。
ハイジのチーズパン3
チーズが完全にとろけたら黒パンの上に滑らすようにして乗せ、オーブントースターで軽く焼いたら“アルムおんじのチーズパン”の完成です!
ハイジのチーズパン4
台所にはまだ異臭の余韻があったので、リビングで食べる事に(母から「何この匂い!」と引かれました)。ただ、この頃には不思議と匂いがほとんどしなくなっていた上に見た目がおいしそうになっていたので、ほっとしました。
ハイジのチーズパン5
では、勇気を出していざ実食!いただきます!

さて、食べてみた感想はというと…あれれ?さっきの事が嘘みたいにおいしい(゜Д゜)!
火を通す前はあんなに臭かった匂いがほぼ消滅しており、あまり気にならなくなっていました。これにはかなりびっくり。溶ける前と後とでは、相当印象が変わるチーズだと思います。肝心のラクレットチーズのお味はというと、乳製品独特のまろやかさとコク、そして滑らかな舌触りが特徴的なチーズだと感じました。よく糸も引きますし、伸びがいいので加熱して食べるのに向いています。中でも特筆すべきなのは酸味で、今まで食べたどのチーズよりも極端に酸味がなく優しい味わいだと思いました。
このチーズに黒パンが独特の風味と素朴な甘味(驚きですが、白パンよりも甘さを感じました)をプラスし、なおかつチーズの癖を消す事にも成功しておりなかなかのお味になっていました。
黒パンなくしては、ここまで一体感が出なかったと思います。個性が強い食べ物同士だからこそうまくまとまった、そんな感じの仕上がりでした。

結果的に満足したものの、浮かれたり落ち込んだりでドッと疲れた再現でした(´∀`;)。



◎追記(2013.9.10)
 先日、近所のスーパーにて偶然にもまたラクレットを見つけた為、即座に「リメイク再現記事をアップしよう!」と考え購入しました。
 ずっとリメイクしようと思いつつ放置した期間は約四年、長かったです;。
 花畑牧場産ならば、若干日本人好みに作られているのでは…と想像しているので、どんな味と香りがするのかとっても楽しみです!
改・アルムおんじのチーズパン1
改・アルムおんじのチーズパン2
 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、材料の下準備。やや薄めに切ったしたラクレットを弱火に熱したフライパンでゆっくりとろけさせ、その間にライ麦パンを食べやすくスライスしておきます。

 実はこの時、ウキウキするあまり「さぞかしいい香りなんだろうな~(´∀`*)」とかなりの至近距離でチーズの匂いを嗅いだのですが、予想に反してかなりの臭さで吹っ飛びました(←アメリカ産ホラー映画の前半で、よく楽観的なキャラが「ハッハー!君は臆病だな、そんな化け物いる訳ないだろ☆」と不用意に外へでてあっさり殺されるシーンがありますが、まさにあれを地で行きましたlllorzlll)。
 前回使ったチーズ程ではないにしても…十分刺激臭で、思わず「グハッ!!」「花畑牧場、お前もか!?」と、まるでブルータスに討たれたカエサルみたいな言葉を吐いてしまいました;。
 さすがに野生のヤギの獣臭や脇臭とまではいきませんでしたが、炎天下の中履いて数日間放置したムレムレ靴下くらいの破壊力はありましたので、どちらにしろあまりチーズ慣れしていない方は気をつけた方がいいと思いますorz。
 ※とはいえ、火を通したら前回同様匂いはすぐ消えましたので、そこまで深刻にならなくても大丈夫です(^^;)。
改・アルムおんじのチーズパン3
改・アルムおんじのチーズパン4
改・アルムおんじのチーズパン5
 チーズがトロットロに溶けてきたら素早くライ麦パンの上へかけてオーブントースターで軽く炙り、そのまますぐにお皿へ移せば“リメイク版:アルムおんじのチーズパン”の完成です!
改・アルムおんじのチーズパン6
 艶のある真っ白な照りが如何にも美味しそうで、思わず喉が鳴ります。
 香りもびっくりするほど艶めかしい感じに変化していますし、正直加熱するか否かでここまで匂いに差が出るチーズはそうないのでは?と思います;。
改・アルムおんじのチーズパン7
 さて、味はと言いますと…やはり、火を通した途端に香りよく美味になっていて衝撃!牛乳との相性もばっちりでした!
 こってり系のゴーダチーズに遜色のない濃い旨さでありながら、匂いの癖はずっとマシになっており、初心者でもとっつきやすい味わいのチーズになっています。
 モッツァレラチーズに近いコシのある歯応えやミルキーなコク、とろけるチーズの何倍も糸引く強力な伸びが印象的で、相変わらず酸味が少なく塩気がやや濃いのが印象に残りました。
 これだけ旨味の濃いチーズなので、並のパンだったらまるで味がなくなっているところですが、ライ麦パンのどっしり力強い噛みごたえと、素朴な甘酸っぱさはラクレットに勝るとも劣らない存在感を発揮していたので、両方ともバランスよく堪能できました。
改・アルムおんじのチーズパン8
 癖の強いチーズなので万人向けはしませんが;、チーズ好きの方には是非ともおすすめしたいです!

●出典)『アルプスの少女ハイジ』 吉田義昭/ズイヨー映像
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.03.16 Tue 09:33  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2011.04.03 Sun 12:50  |  おいしそう

ハイジのチーズと黒パン私も食べたいです。
私も作ってみますね。

  • #-
  • 杜若あやめ
  • URL

2011.04.08 Fri 21:19  |  杜若あやめさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ラクレットチーズは大人しそうな外見からは
想像がつかないくらい強烈な香りでしたが、
火を通すととろけるようなおいしさと香りに変身したので
とってもよかったです(^^)。
あまり熟成させた物より、熟成期間が短い物をお勧めします。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2015.12.18 Fri 00:12  |  ラクレット

銀の匙荒川弘さんの酪農高校マンガにもラクレットって出てくるんですけど、そんなにスンゴイ匂いなんですね~。知らんかったです!

  • #-
  • まーく
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/323-8ff3c4fe
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ