『ミスター味っ子』の“安倍二郎の包み焼きハンバーグ”を再現!

母は料理上手なので、「今日は出し巻き卵がいい出来だよ」「この○○(大抵煮物や肉料理)はおいしいからいっぱい取って食べ」などとよく言い、おかずを多量に出してきます。肥満が心配ですが、それを上回る「いつまで母の手料理を食べる事が出来るんだろう」という想いがある為、毎回全て平らげています。おかげで順調に体重増加中です。
こんにちは、お腹が成長期のあんこです。

今回再現する漫画料理は、『ミスター味っ子』のハンバーグ勝負にて敵方のシェフ・安倍二郎が腕によりをかけて作り、勝負を賭けた“安倍二郎の包み焼きハンバーグ”です!
安倍二郎の包み焼きハンバーグ図
実を言うとこのハンバーグを見たのはコミックよりもアニメの方が先だったんですが、その絵が本当においしそうで香ばしそうで、幼き日の私は「こっちの方がいい!」と目を輝かせながらビデオを観ていました(残念ながら、ビデオはレンタル物だったみたいで家にはなく、画像も用意できませんでしたorz)。
コミックの詳しい記述によると、このハンバーグはビーフシチューをかけて紙の中に包みこみ、オーブンで焼いた物との事でした。何でも、オーブンで焼くと焦げずにふっくらと焼き上がり、肉汁でいっぱいの最高の肉質になるのだそうです。さらに言うと、シチューもハンバーグの肉汁によってさらに完成された味になるのだとか。
ハンバーグの秘密1ソースはビーフシチュー
そしてとどめが、ハンバーグの味をしめる目的で入れられたしめじ!野趣溢れるきのこの香りが、いい風味付けになるのだとか。
焼いたしめじ
今となっては珍しくない料理かもしれませんが、せっかくなので出来るだけ忠実に再現してみようと思います!

と言う訳で、再現調理開始!
最初は、地味だけど大切な付け合せ作り。作中によると、にんじんのグラッセとアスパラのバター炒めだったので、その二つを先に準備しておきます。
まずは、アスパラのバター炒めです。これは非常に簡単。アスパラの根元の硬い部分やはかまを削り、食べやすい大きさに切ったらバターと塩こしょうで炒めて出来上がりです。
包み焼きハンバーグ1包み焼きハンバーグ2
にんじんのグラッセも簡単で、水、バター、塩、砂糖などを合わせた調味料で煮詰めたらもう出来上がりです。
包み焼きハンバーグ3包み焼きハンバーグ4
お次は、主役のハンバーグ作り。ボウルに合いびき肉、みじん切りの玉ねぎ、塩、こしょう、溶き卵、牛乳に浸して絞ったパン粉を入れ、粘りが出るまでよく練ります。肉の手触りが重くなったら油を手にぬってから形を整え、空気を抜いて中心を少しへこまし、冷蔵庫で三十分程寝かせます。
包み焼きハンバーグ5包み焼きハンバーグ6
その間に、具のしめじとソースのビーフシチューの用意。
しめじは根元を切り落としてある程度ほぐし、軽く塩こしょうをして半生の状態になるまで火を通してから冷ましておきます。
包み焼きハンバーグ7包み焼きハンバーグ8
次はビーフシチューですが、作中で「一流の熟練シェフが気合を入れて作ったからうまい」「誰にも真似できない」という事がやけに強調されていたので、念には念を入れてちょっとお高いビーフシチューを購入しました。このビーフシチューを鍋で温めなおしたら、ソースは出来上がりです。
包み焼きハンバーグ9包み焼きハンバーグ10
これらの作業が終わる頃にはハンバーグダネも十分寝かしきれているので取り出し、強火のフライパンで両面の表面を焼き固めます。この時、中がほとんど生になるように気をつけました。
包み焼きハンバーグ11
ここまできたら、いよいよ仕上げです。
パラフィン紙は見つからなかったのでクッキングシートを敷き、その上にハンバーグ→ビーフシチュー→焼きしめじの順に乗せていき、両端をきっちり縛ります(クッキングシートが焼けないか不安だったので、念の為に耐熱皿を下に置きました)。
包み焼きハンバーグ12
包み焼きハンバーグ13
包み焼きハンバーグ14
包み焼きハンバーグ15
そのハンバーグの包みを210℃のオーブンに入れ、十五分~二十分焼きます。
包み焼きハンバーグ16
焼きあがったらすぐにオーブンから出し、付け合せを盛り付けておいたお皿に乗せたら“安倍二郎の包み焼きハンバーグ”の完成です!
包み焼きハンバーグ17
こちらが、包みを開けてみた様子。…肉眼で見た感じはおいしそうなのに、画像にすると何故か色が汚いですorz。何度挑戦してもこんな感じでした…残念。
包み焼きハンバーグ18
包みを開けると、居間にビーフシチューの濃厚な匂いがあっという間に広がりました。立ち上る蒸気は、包み焼きならではの醍醐味ですね。よく見てみるとハンバーグから透明な肉汁がトロトロと滲み出してきており、無茶苦茶食欲をそそりました。
包み焼きハンバーグ19
それでは、ハンバーグが熱々の内にいざ実食!いただきまーす!
包み焼きハンバーグ20

食べた感想ですが…あまりの旨さに絶句。これ、すごくおいしいです。
ハンバーグを口に含んだ瞬間、ふっくらしたひき肉が大量の肉汁を出しながら舌の上でフワッとほどけていきます。蒸し焼きにされているせいか、とても柔らかでジューシー。ソースであるビーフシチューが外側にしっかり染み込んでいるおかげで、普通のハンバーグよりもずっと深い風味が広がります。まさに絶品。あと、玉ねぎのシャキシャキ感が程よいアクセントになっているのもいい感じでした。
その次に特筆したいのは、ビーフシチュー。ハンバーグから流れ出した肉汁でさらにコクある味となっており、まろやかで味わい深い一品になっていました。高めの物を使った甲斐があり、シチューに入っていた牛肉がまたいい味で、歯に触れるか触れないかでホロホロ崩れたのが印象的。
また、安倍シェフ曰く「ハンバーグの味のしめ」であるしめじも香り高い上に食感もよく、ハンバーグとシチュー双方の旨味を高めつつ全体的な味を引き締めてくれていました。一歩間違えたら、肉と肉同士でだらしない出来になっていた事が予想出来たので、しめじは重要だと思います。付け合わせのにんじんのグラッセやアスパラのバター炒めもいい箸休めになっており、飽きが来るのを防いでいました。

こんな料理がライスつきで550円(!)で提供されるというのですから、大手の力は強いなーと思います。どうやら安倍シェフは、大人気なくて性格は悪いものの腕はよかったみたいです。ぶっちゃけ、私は陽ちゃんのよりもこっちの方を選びた(ry。
正直、「コ○スの包み焼きハンバーグと似たようなもんじゃないか」と言われたら返す言葉がないんですが(^^;)…それでも、こっちはソースがいいビーフシチューな上にしめじ入りなので、恐れながらも少しだけ完成度が高いように感じました。お腹にズシンと来る料理なので普段用の料理とは言えませんが、失敗できない特別な日のご飯におすすめです。

●出典)『ミスター味っ子』 寺沢大介/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.06.21 Mon 11:47  |  

これもうまそうだなぁ・・・

オーブン持ってる人がウラヤマス

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.06.21 Mon 19:22  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。

コメントをして下さり、ありがとうございます。
この煮込みハンバーグは想像のななめ上をいく程おいしいので、とってもおすすめですよ~。
ハンバーグ自体もふっくらジューシーに仕上がりますし、何よりハンバーグから出た肉汁がシチューと混ざって絶妙なソースになります。
二種類の味を楽しめる贅沢な料理ですので、オーブンをご購入の際はどうぞお試しください(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2012.10.29 Mon 16:14  |  

陽一のハンバーグよりこっちの方が断然うまそう(*´¬`)ジュル ですね。

  • #-
  • 粗茶
  • URL

2013.09.09 Mon 23:19  |  

こっちのほうが旨そうなんだよなwまぁ陽一の方もそれはそれで旨そうではあるんだけどw

  • #TY.N/4k.
  • 名無しの日本人
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/333-f800a545
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ