『紅の豚』の“トマトスパゲティー”を再現!

転職活動に行き詰ると(というかいつも行き詰ってry)、Mr Childrenの「マシンガンをぶっ放せ」を聞いて気合を入れなおしてます。荒れてた時代の桜井さんの、独特なグレ方が好きです。あの頃の曲は、私にとって名作ばかりでした。
どうも、あんこです。

今回再現する料理は、ジブリ映画『紅の豚』にて倒産寸前のピッコロ社のお昼ご飯として工場のみんなが食べてた“トマトスパゲティー”です!
トマトスパゲティーと主人公の図
『紅の豚』は、私が大好きな映画のうちの一つです。元々、第一次世界大戦時の飛行機やエース達が好きなせいか、この映画に出て来る生き生きとした男達に好感を抱いています。主人公・マルコを見ていると、性格こそは正反対なものの同じく赤い機体に乗っていた悲劇の英雄・レッドバロンを思い出し、切なくなります。
さて、作品自体もとても面白いのですが、やっぱりジブリ映画の性で料理やお酒がおいしそうです。特にこの“トマトスパゲティー”の情景は秀逸で、五十人以上分のスパゲティーを茹でたり、工場で働く全員分の食卓を用意するシーンには圧倒させられます。“トマトスパゲティー”についてくる赤ワインも、イタリアならではの粋を感じます。
さすがにあんな大量には用意できませんが、一人分だけ作って気分を味わおうと思います。
トマトスパゲティーを作る皆さん

と言う訳で、レッツ再現調理!
最初は、材料の下ごしらえ。玉ねぎをみじん切り、にんにくをぶつ切り、唐辛子を輪切りにします。
トマトスパゲティー1トマトスパゲティー2
トマトスパゲティー3
トマトの水煮はザルで丁寧に漉して種や皮を取り除き、滑らかにしておきます。
トマトスパゲティー4トマトスパゲティー5
次はスパゲティーソース作り。フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れてごく弱火で熱し、香りが出てきたら玉ねぎを入れて炒めます。
トマトスパゲティー6トマトスパゲティー7
玉ねぎがしんなりしてきたら漉しておいたトマトと赤ワイン、パセリのみじん切り、塩、こしょうを入れて量がやや半量になるまでよく煮込みます。
トマトスパゲティー8トマトスパゲティー9
その間にスパゲティーをやや硬めに茹で、煮詰まってきたソースに茹で汁少量と共に入れて絡めます。
トマトスパゲティー10トマトスパゲティー11
全体的に混ざったらお皿に大雑把に盛り付け、グラスに注いでおいた赤ワインを傍に添えたら“トマトスパゲティー”の完成です!
トマトスパゲティー12
トマトと赤ワインの赤が、何とも食欲をそそります。
トマトスパゲティー13
では、スパゲティーがのびてしまわない内にいざ実食!いただきまーす!
トマトスパゲティー14

さて、食べた感想はと言うと…なかなかウマー(゜Д゜)!
トマトの程よい甘さと酸味がスパゲティーによく絡み、後を引く味に仕上がっています。そこへホクホクしたにんにく、ピリッとした唐辛子、サクサクの玉ねぎが加わって、素朴ながらも旨味溢れるおいしさでした。シンプルながらも、飽きが来ないスパゲティです。にんにくと唐辛子が丁度いい刺激を舌に与える感じで、こんな料理を食べたら確かに午後から元気に働けそうだな~とほのぼのしました。
また、作中通り添えといた赤ワイン(安物ですが…^^;)は飲むたびに渋い酸味でスパゲティーの後味を爽やかな物にさせ、平凡なトマトスパゲティーをちょっと大人でリッチな昼ご飯にする事に成功していました。

「さあ、モリモリ食べてビシバシ働こう!」というピッコロさんの言葉を思い浮かべながら完食しました(^^)。さあ、今日も頑張るぞ!

●出典)映画『紅の豚』 宮崎駿/スタジオジブリ
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/338-2df4523c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ