『美味しんぼ』の“イタリア風ハンバーグ”を再現!

最近、「ワイルドアームズF」というゲームをクリアしました。私はどちらかと言うと、リメイク前のオリジナル作品の方をひいきしてしまう人間ですが、このソフトには大満足。いつか、「ワイルドアームズ2」のリメイクも出して欲しいです。
こんにちは、あんこです。

本日作る漫画再現料理は、『美味しんぼ』にて昔ながらの洋食屋さんに新メニューとして出してはどうかと提案された“イタリア風ハンバーグ”です!
イタリア風ハンバーグ図
正式名称は「ポルペトーネ・ナポレターノ」で、そのまま訳すと「ナポリ風ハンバーグ」です。イタリアで昔から作られた料理で、ハンバーグに酷似している事から、作中では“イタリア風ハンバーグ”と呼ばれていました。
イタリア風というだけあって、ハンバーグにみじん切りの玉ねぎの代わりににんにく・パセリ・パルミジャーノレジャーノを入れたり、サラダ油の代わりにオリーブオイルで焼いたり、和風ケチャップソースの代わりに生トマトと玉ねぎを塩のみで味付けしたソースをかけるなど、普通のハンバーグとは異なる点が多々あります。こうすると、洋食というよりはまるでイタリアンのような味になるそうです。
イタリア風ハンバーグつくりかた
最終的にはパルミジャーノレジャーノは粉チーズに、トマトソースに使う丸煮トマトはトマトピューレにするなど、かなり洋食屋風にアレンジされましたが、なかなかおいしそうだったので早速再現する事にしました。
イタリア風ハンバーグの変更点

そういうことで、再現調理開始!
最初に作るのは、ハンバーグにかけるトマトソース。まず、玉ねぎとにんにくをみじん切りにします。
イタリア風ハンバーグ1
この玉ねぎを、オリーブオイルを入れた鍋で炒めます。
イタリア風ハンバーグ2
少ししんなりしてきたらトマトピューレを入れ、塩で味付けしたら煮詰めます。トロ~っと程よいとろみが出てきたら、トマトソースの出来上がりです。
イタリア風ハンバーグ3イタリア風ハンバーグ4
次は、ハンバーグ作り。ボウルの中に合いびき肉、塩、こしょう、にんにくのみじん切り、パセリのみじん切り、牛乳に浸して絞ったパン、そして粉チーズをたっぷり入れ、よく練ります。
イタリア風ハンバーグ5 
イタリア風ハンバーグ7イタリア風ハンバーグ6
よく練って粘りと重さが出てきたら成型し、オリーブオイルを熱したフライパンで両面を焼き固めた後に蒸し焼きにします。
イタリア風ハンバーグ8
イタリア風ハンバーグ9イタリア風ハンバーグ10
中心にまで火が通ったらハンバーグをお皿に盛り付け、上に温めなおしたトマトソースをたっぷりかけたら“イタリア風ハンバーグ”の完成です!
イタリア風ハンバーグ11
やっぱり、ハンバーグをおいしそうに撮るのは難しいです…茶色がうまく写らないorz。二~三度撮り直した中で一番マシでこれでした。精進します…。
それでは、気を取り直していざ実食。いただきます!
イタリア風ハンバーグ12

さて、味の感想ですが、相当ウマママーーー(゜Д゜)な出来です!こりゃすごい!!
はっきり言って、今まで作った中でも一、二を争うくらいおいしいハンバーグです。大げさかもしれませんが、ちょっと感動してしまいました。
口に含んだ途端、濃厚なチーズのコクが口いっぱいに広がり、得も言われぬ旨味が一気に走り抜けます。それに加えて合挽き肉のジューシーさ、パセリの爽やかな匂い、にんにくの力強い風味が一体となっており、かなり完成された味になっています。ハンバーグ単品だとくどさを感じたかもしれませんが、トマトソースの甘さとサクサクした玉ねぎの食感がそれらをうまく和らげ、一段上の味わいへ仕上げていました。
正直、粉チーズを入れただけでここまで自己主張するとは思っていませんでした。卵を入れていなかったせいか、少しだけ肉質がぱさついてしまったのが残念ですが、それさえ解決すれば最強のハンバーグになると思います。合挽き肉だけしか使っていないのに、まるで牛肉100%のハンバーグを食べているみたいな不思議な旨さでした。

重厚な味が大好きな人は、病み付きになること間違いなしの味です!よろしければ、是非一度お試しあれ(´∀`*)。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.02.13 Sun 07:40  |  美味そ~!!


初めましてあんこ様、無記名コメントで申し訳有りませんm(_ _)m………っが!それにしても

なんて美味しそうなハンバーグ!!
作り方自体は、通常のハンバーグとさほど変わらないみたいなので、さっそく今日のお昼に試してみたいと思います!!


ハンバーグと言えば、『クッキングパパ』の記念すべき第100巻に掲載されている、3日掛かりの煮込みハンバーグも物凄~く美味しそうですよ!!
時間無くて作った事有りませんが(T_T)

  • #-
  • URL

2011.02.19 Sat 14:06  |  無記名さん、こんにちは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。
ご返信が滞ってしまい、申し訳ございません。

いえいえ、名前のご記入はなくても全然OKですので、
そこまでお気になさらないで下さい;。
このハンバーグはチーズの旨さで口の中がはちきれんばかり
でしたので、そうおっしゃって頂けますと大変嬉しいです。
それにしも、『クッキングパパ』100巻の煮込みハンバーグが
読んだだけでかなりおいしそうなのでびっくりしました。
もう、三日がかりと聞いただけで食欲がどんどん湧いてきます(^^)。
時間が出来たら、是非とも再現したいです(出来れば、400個目記念の時とか…って
なかなか仕事の休みが取れない状況なので難しいですが…orz)!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/339-5e9358b9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ