『クッキングパパ』の“荒岩流手打ちうどん”を再現!

大分体調が整ってきたおかげで、食欲が戻ってきました。マサル君から福岡にある「ベントハウス」特製激ウマ和牛ステーキ弁当(お肉屋さんが経営している弁当屋さんで、安くておいしい!ハンバーグやチキン南蛮が入ったお弁当がオススメです)を差し入れしてもらったおかげもあり、何とか復活です!
どうも、あんこです。

本日再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任がうどん好きな社長の為に作った“荒岩流手打ちうどん”です!
荒岩流手打ちうどん図
用意する材料が強力粉と塩だけだけなのに、こんな立派なうどんが出来るんだな~と小さい時感心した覚えがあります。母曰く、「その分力と時間が要る」そうなので躊躇していたのですが、時間と力なら有り余っている状態な上に季節は夏なので、早速作ってみる事にしました(それにしても、「ひんやり~っ」という擬音はいつ見てもまんま過ぎると思います^^;)!

という事で、再現調理開始!
強力粉はよくふるって大き目のボウルに入れておき、塩はぬるま湯で溶かしておきます。
荒岩流手打ちうどん1荒岩流手打ちうどん2
ボウルに塩水を少しずつ注ぎながら手で軽く混ぜ、全体に塩水が行き渡ったら力を入れて十分くらいもみます(余談ですが、ふるった強力粉はとてもサラサラした儚げな手触りで、思わずうっとりしました)。
荒岩流手打ちうどん3荒岩流手打ちうどん4
次に、うどん生地を厚めの清潔な袋に二重に包み込み、かかとで強く踏みます。平たくなったら袋から出して丸める→また袋に入れて強く踏むの工程を四~五回程繰り返します。
荒岩流手打ちうどん5荒岩流手打ちうどん6
ここまでくると、最初はボロボロだったうどん生地も非常に滑らかな手触りになっています。このくらい表面にツヤが出てきたら、うどん生地をラップに包んでさらに袋に入れ、押入れの布団の間に入れるなどして二十分くらい寝かします(冬の場合は一時間くらいがいいそうです)。
荒岩流手打ちうどん7荒岩流手打ちうどん8
寝かし終わったら、取り出してラップなどをはがします。触ってみると、弾力がかなりあってもっちりしていました。
荒岩流手打ちうどん9荒岩流手打ちうどん10
もう一~二分もみ、小判型に広げて打ち粉をまぶしたら麺棒で少しずつ伸ばします。荒岩主任曰く、「均等な厚さにならなくてもいい、とにかく根気強く!」だそうです。
荒岩流手打ちうどん11荒岩流手打ちうどん12
好みの厚さになったら打ち粉をしてたたみ、好みの幅になるべく均等に切ります。…実は、私一人では切る作業が難しかったので、うどん打ち経験のある母に手伝ってもらいました(^^;)。この段階で私がやった事といえば、切り終ったうどんに打ち粉をまぶしながらはたいた事くらいです。
荒岩流手打ちうどん13荒岩流手打ちうどん14
少量の塩を入れて沸騰させたたっぷりのお湯を用意し、うどんの打ち粉を払いながら入れてちょうどいい硬さになるまで茹でます。
荒岩流手打ちうどん15
茹で上がったらザルにあけ、大量の水でザブザブ洗い、徹底的にぬめりを取ります。ぬめりがほぼ取れたらよく水気をきり、お皿に盛って麺つゆと薬味を添えたら“荒岩流手打ちうどん”の完成です!
荒岩流手打ちうどん16
きしめん風になりましたが、みるからにコシがありそうでわくわくしました(私の撮影技術が追いついていませんが…orz)。
荒岩流手打ちうどん17
では、家族みんなでいざ実食!いただきまーす!

さて、食べた感想ですが、やっぱりおいしい!荒岩主任の言う通り、自分で打ったうどんは最高の味です!
手打ちうどんの味
とにかく、コシがすごかったです!シコシコした歯ざわりがとても爽やかで、次から次へとおかわりしてしまいました。喉越しも非常に良く、一口食べるごとにどんどん涼しくなっていきました。噛めば噛むほど強力粉の素朴な旨味がにじみ出てきて、よかったです!
洗う作業を念入りにしたせいで麺がブチブチに切れているところも多々ありましたが;、ネギやわさびのたっぷり入った麺つゆをつけてすする頃にはもう気になりません。とにかく、夏らしくて旨味なうどんでした。

作るのにかなり体力がいりますが、それだけの苦労を忘れる味のうどんが出来上がります!よかったら、是非一度お試し下さい(・∀・)。

●出典) 『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/341-c7147ad7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ