『ミスター味っ子』の“味吉陽一の特製ハンバーガー”を再現!

今朝アクセス解析を開いて見てみると、いつもなら三十人前後のアクセスのはずなのに、いきなり百人以上のアクセス記録が残っていてたまげました。もうびっくり。本気でチキンハートバックバク。いい歳して、素で下の画像のように叫んでしまいました。
「えーーー!」 by嫁姑の拳
「…もしかして、これが噂のブログ炎上か…?何かマズイ事しちゃったのか…?」と不安になって色んなエンジンで検索してみたところ…何と、私が大ファンであるうさくん先生がご自身のサイトでこのブログを紹介してくださっている事が判明!(御サイト「内緒のうさぎ小屋」にて)しかも、私のブログを読んでくださっていたというだけでも有難いのに、その上お褒めの言葉まで頂戴していた様子。ある意味、炎上よりも心臓が跳ね上がりました。
うさくん先生、ありがとうございます。マサル君(相方)共々、数々の作品を読みつつ単行本を買っていつも応援していたので、すごく嬉しかったです。先生の更なるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
どうも、こういう僥倖があるのなら頑張って更新してきてよかったと感動するあんこです。

今回再現する漫画料理は、『ミスター味っ子』にて行われた第二十九回味皇GPコンテスト一回戦で主人公・味吉陽一君が出品した“味吉陽一の特製ハンバーガー”です(いけないいけない、本題を忘れかけていました)!
味吉陽一の特製ハンバーガー図
キワモノ料理が多い味っ子料理の中でも特に異彩を放つ料理として有名なハンバーガーで、前々から怖さ半分好奇心半分で興味を持っていました。
バンズの方は、干しぶどうの天然酵母にマッシュポテト、ビールを使用して作られた凝ったバンズで、これだけならまあウマー(゜Д゜)そうなんですが、具やソースがどれ一つとして普通じゃありません。一目見て「曲者!」と思うような物ばかり。
バンズの秘密1
バンズの秘密2
ハンバーガー用のハンバーグの中に豆腐をつなぎとして多量に入れた上、「肉汁をとじ込める為」と極薄の牛肉でハンバーグを包んだり(そもそも、牛3豚7のもっとも肉汁がよく出る割合は豆腐で崩れているはずなんですが…)、ソースはソースでバナナをベースにした甘い味にしたり、バナナソースなのににんじんや玉ねぎを付け合せとして加えたり…本当、凡人の目からすると無謀な事この上なしのラインナップです。
陽一パテの秘密2
陽一ソースと付け合せ
まともな考えの持ち主ならもっとアレンジして作ってみるとか、パンかハンバーグだけと限定してやってみるとか、そもそも再現自体を避けるはずなのですが、皮肉な事に私はこういう物にこそ再現熱が燃え上がるという奇癖の持ち主。こうなったら、気が済むまで再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
最初に手がけるのは、肝心の干しぶどうの天然酵母作り!ノンオイルコーディングの干しぶどうとぬるま湯を煮沸消毒した瓶の中に入れ、二十五度~三十五度前後の温度が保てる場所に三日~一週間半程放置し、毎日二回以上空気の入れ替えをしながら瓶を振って発酵を待ちます。
味吉陽一の特製ハンバーガー1味吉陽一の特製ハンバーガー2
こちらが、約一週間経過した干しぶどうです。ここまで成長したら、干しぶどうの天然酵母は出来上がりです!あとは布で漉して酵母液を取り出すだけで、いつでもパン作りに使えます。匂いを嗅いでみると、あちこちのレシピサイトで書かれているように独特のアルコール臭がぷんぷんしてきて感心しました。耳をすますと「ジュワジュワ…ブクブク…」という音が聞こえてきたので、「あー生きてるんだなぁ(´∀`*)」としみじみ嬉しかったです。
味吉陽一の特製ハンバーガー3味吉陽一の特製ハンバーガー4
味吉陽一の特製ハンバーガー5
酵母液を用意したら、今度はパン生地作り。
強力粉、マッシュポテト、塩、砂糖、バターが入ったボウルの中に温めた牛乳、酵母液、そしてビールを少量投入し、表面にツヤが出てくるまでよくこねます。
味吉陽一の特製ハンバーガー6味吉陽一の特製ハンバーガー7
味吉陽一の特製ハンバーガー8味吉陽一の特製ハンバーガー9
まとまってきていいツヤになったら丸め、ボウルに入れてラップをし、暖かい場所に置いて一次発酵させます。右画像のように、二倍以上に膨らんだら発酵OKです。
味吉陽一の特製ハンバーガー10味吉陽一の特製ハンバーガー11
柔っこくて弾力のある生地(この作業大好きです。すっごく癒されるのでおすすめ)を軽く押してガス抜きをし、六等分にして形を整えます。程よく丸まったら上に濡れ布巾をかぶせて約十分のベンチタイムをパンに与えて休ませ、生地が落ち着いたら濡れ布巾をかぶせたまま再度暖かい場所に置き、二次発酵させます。
味吉陽一の特製ハンバーガー12味吉陽一の特製ハンバーガー13
味吉陽一の特製ハンバーガー14
ちなみに、こちらが二次発酵後の生地。発酵前よりもちょっとふっくらしていて、親バカで「かわいいなー」と思いました。
味吉陽一の特製ハンバーガー15
この生地に、刷毛で卵黄をぬります(なくてもいいですが、その場合照りがなくなります)。
味吉陽一の特製ハンバーガー16
味吉陽一の特製ハンバーガー17
全ての生地に卵黄をまんべんなくぬり終わったら、180度のオーブンで約十五分焼きます。
味吉陽一の特製ハンバーガー18
いい焼き色がついて香ばしい匂いがしたら、マッシュポテト入りの天然酵母バンズの出来上がりです!触ってみると、作中にあった通りイースト菌で作ったパンよりも三割増くらいの柔らかさでおいしそうでした。
味吉陽一の特製ハンバーガー19

次は、ハンバーガーの具作り!
まず準備するのは、牛肉包みの豆腐ハンバーグ。好きな豆腐をキッチンペーパーで包み、重石を乗せて水気を取ります。水分がほとんど抜けたら漉し器で細かく漉しておきます。
味吉陽一の特製ハンバーガー20味吉陽一の特製ハンバーガー21
ボウルに合いびき肉、玉ねぎのみじん切り、塩、こしょう、溶き卵、牛乳で柔らかくしたパン粉、先程の豆腐を入れてよく練り、ハンバーグのタネを作ります。…グロイ見た目でしが、味は大丈夫です…多分。
味吉陽一の特製ハンバーガー22味吉陽一の特製ハンバーガー23
このタネを丸く成型し、牛の薄切り肉を何枚か重ねた物で全域が隠れるようにピッタリ包みます。なお、牛の薄切り肉の間と間には接着剤代わり小麦粉をつけてくっつけました。
味吉陽一の特製ハンバーガー24味吉陽一の特製ハンバーガー25
このタネを、油で熱したフライパンで火を通します。初めこんがり、途中でしっとり蒸し焼きにしたら、牛肉包みの豆腐ハンバーグの出来上がりです。
味吉陽一の特製ハンバーガー26味吉陽一の特製ハンバーガー27
二番目に用意するのは、付け合せの野菜作り。アルミホイルの上に玉ねぎとにんじんを小さめに切った物を置き、オーブントースターで軽く焼きます。中にまで熱が通ったら、出来上がりです。
味吉陽一の特製ハンバーガー28味吉陽一の特製ハンバーガー29
三番目に作るのは、バナナソース。生のバナナの皮をむき、漉し器で裏漉ししてなめらかにします。液体状になったら鍋に入れて弱火にかけ、醤油、塩、こしょう、バターで味付けをしてよく混ぜ、全体的にとろみがついたらソースの出来上がりです。
味吉陽一の特製ハンバーガー30味吉陽一の特製ハンバーガー31
味吉陽一の特製ハンバーガー32

材料がそろったら、いよいよ仕上げの組み立て作業!
バンズを均等に二つに切り分け、薄くバターをぬります。
味吉陽一の特製ハンバーガー33
バターがなじんだら玉ねぎ→にんじん→ハンバーグの順に乗せます(少しでもソースが野菜にかからないようにという、必死の抵抗です)。
味吉陽一の特製ハンバーガー34味吉陽一の特製ハンバーガー35
具を乗せ終わったら、上からバナナソースをたっぷりかけます。…う~ん、どう見てもグロイですね。グロイ見た目part2。このまま見てたら気がなえそうなので、なるたけ目をそらします。
味吉陽一の特製ハンバーガー36
上側のバンズで具を挟み込み、お皿に乗せたら“味吉陽一の特製ハンバーガー”の完成です!
味吉陽一の特製ハンバーガー37
うん、バンズには期待が持てます。バンズだけは。他は…どんな味になるのか想像もつきませんorz。まさに、ハンバーガー版「未知との遭遇」
味吉陽一の特製ハンバーガー38
…では、勇気を振り絞っていざ実食!いっただっきまーす。
味吉陽一の特製ハンバーガー39

さて、味の感想ですが…ううーーーーーーんんん(´Д`;)。…パンの旨さにかろうじて救われてる感じですね。
味吉陽一の特製ハンバーガー40味吉陽一の特製ハンバーガー41
はっきり言って、ハンバーガーとしての評価はイマイチです。全く調和が取れておらず、どこまでいってもバラバラな味。ここまでくると、むしろ見事なくらいです。何だか、「崩壊学級」みたいな印象を受けました。
ただ、単品としてならおいしい物もあります。例えば、マッシュポテト入りの天然酵母バンズ。これはかなりウマー(゜Д゜)でした!ふっくら、しっとり、ふわふわ、もっちりなど、様々な食感を楽しむ事が出来、尚かつ深い味わいです。じゃがいものホクホクした甘さ、干しぶどう独特の風味が噛むごとににじみ出てきて、一回食べたら忘れられないくらい美味でした。このバンズでなかったら、恐らくこのバーガーはもっととんでもない味になっていたはずです。
次は牛肉包みの豆腐ハンバーグ。正直、回りの牛薄切り肉はあまり必要性や意味を感じませんでしたが(固い歯ごたえの後に柔らかいハンバーグの食感がくるという意外性は面白かったですが、それだけ。肉汁も小さい隙間からドンドン流れていってましたし)、ハンバーグの方は肉や豆腐の旨味が中にしっかり取り込まれていてジューシーで、そのくせあっさりしていたので気に入りました。ご飯にもパンにも合うような便利なおいしさなので、応用がききそうです。
あと、びっくりしたのがバナナソース。ハンバーグや野菜には予想通り全然合っていませんでしたが、何故かバンズにはピッタリでした。なかなかいい仕事してます。醤油味のバナナソース自体は結構味はよかったので(みたらしだんご味のバナナといった感じ)、まだ改良の余地はありそうです。

前に作った“堺一馬の特製ハンバーガー”とどちらを選ぶかと聞かれたら間違いなく一馬君のハンバーガですが、改良すれば何とかなりそうな気がするだけに惜しい気がする再現でした。

●出典)『ミスター味っ子』 寺沢大介/講談社
     『嫁姑の拳』 函岬誉/秋田書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2009.09.15 Tue 15:04  |  はじめまして

当方も昨夜から興奮冷めやらず、おろおろしております。

様々な再現料理、大変楽しく拝見させていただきました。
貴サイトの今後益々のご発展を、心よりお祈りしております。

  • #mQop/nM.
  • sm7996068
  • URL
  • Edit

2009.09.15 Tue 17:35  |  こちらこそ、はじめまして。

当ブログ管理人のあんこです。
コメントしていただき、ありがとうございます。

楽しく読んでいただけたとのことで、大変嬉しく思っています。
拙くて読みにくいブログですが、よろしければこれからも
暇つぶしにでもして頂けると幸いです(^^)。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.04.20 Tue 18:11  |  いつも楽しくは意見しています

はじめまして、色々な再現料理楽しく見ています

物によっては、少ない情報で作ることもあると思い
大変だろうと思いますが、頑張ってください

そういえば、豆腐ハンバーグなんですが
つなぎに豆腐ということは、従来つなぎで入れている
タマゴとか牛乳パン粉がいらなくなるのかもしれませんね

では、これからも頑張ってください!!

  • #4ARdecsc
  • 乾燥トマト
  • URL
  • Edit

2010.04.20 Tue 19:47  |  乾燥トマトさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

楽しく見て下さっているとのお言葉、とても嬉しかったです!
乾燥トマトさんの仰るとおり、料理によっては資料がゼロである事も
珍しくない為、台所では毎回が戦争です(^^;)。
確かに、豆腐はつなぎとして使われるくらいですので、卵・パン粉(=小麦粉)に
アレルギーがある方でも食べられるハンバーグが製作可能かもしれませんね。
今度、十分に水気をきった豆腐で早速実験してみたいと思います。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んで下さると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2010.11.11 Thu 22:27  |  

こんばんわ

ミスター味っ子の再現を探していて、こちらのブログに出逢いました!

味っ子はもちろん、ほかの再現料理もとてもおもしろくあっという間に全部拝見させて頂きました。
そしてあんこさんの再現力、お料理のうまさには脱帽です!!

ハンバーガー懐かしいです。
子供心に「陽ちゃんバナナはないやろ~」と激しく思った記憶がありますw

味っ子は地雷料理多そうですが、是非またお料理上手なあんこさんに再現して頂けたら嬉しいですw

これからも色々な再現料理楽しみにしております。
無理をなさらず頑張って下さいね。

応援してます!!
 

 




  • #-
  • 味皇
  • URL

2010.11.13 Sat 19:25  |  味皇さん、初めまして。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

ミスター味っ子の再現ブログといえばmayuさん!と無条件に信じて
いる私にとって、当ブログが味っ子ブログとして引っかかるとは
ものすごくびっくりいたしました;。非常に光栄です!!
未熟極まりないブログですが、少しでも楽しんでいただけたのでしたら嬉しいです。
確かに、このハンバーガーは結構地雷な方だったと記憶しております;。
ただ、バナナ&醤油のソースは案外いけるので、他に活用できそうです。

またいつか、機会があったら他の味っ子料理の再現、そして
これまでに再現した漫画料理記事のリニューアル化もする予定ですので、
お手隙の際に又読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2016.04.11 Mon 22:24  |  レシピ通りでもその味の通りとは限らない

その事を知らないのか、自分の腕が絶対で不味いのは大概レシピのせいとか本気で思っちゃってるやつか

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/364-20249e1e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ