『きのう何食べた?』の“かぼちゃと豚肉のカレーうどん”を再現!

最近、夜になると急に寒くなる日が増えてきたので鍋焼きうどんをよく食べています。そのせいか、天かす、油揚げ、かまぼこ、ネギ、卵、うどんの消費量が大変な事になってます(どれも鍋焼きうどんに必ず入れる具です)。
こんにちは、どっちかと言えばうどん派のあんこです。

今日再現する漫画料理は、『きのう何食べた?』にてシロさんがお盆の時期に作って相方・ケンジさんと一緒に食べた“かぼちゃと豚肉のカレーうどん”です!
かぼちゃと豚肉のカレーうどん図
カレー汁の服への被弾率が半端じゃないので面倒な食べ物なんですが、結構好きなので少し前までお店でちょくちょく食べていました(犠牲になった服は数え切れず…orz)。がっつり濃い味だけど、後味があっさりしている所が気に入ってます。
おいしいカレーうどんの店がなくなってしまってからは遠ざかっていたんですが、『きのう何食べた?』二巻を読み返している内にまた食べたくなってきたので、早速再現してみる事にしました。
カレーうどんの作り方

そういうことで、レッツ再現調理!
まずは材料の用意。玉ねぎは少し厚めのくし切り、長ネギは斜め薄切り、かぼちゃは薄めのくし切り、豚肉は幅三センチに切ります。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん1かぼちゃと豚肉のカレーうどん2
かぼちゃと豚肉のカレーうどん3かぼちゃと豚肉のカレーうどん4
小鍋に水、酒、先程の玉ねぎ、出汁昆布を入れて火にかけ、玉ねぎに熱が通っていたら豚肉を加えて沸騰させ、アクを取りながら煮ます。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん5かぼちゃと豚肉のカレーうどん6
この時、昆布が柔らかくなっていたら一旦取り出して細く刻み、かぼちゃと一緒に鍋に戻し入れます。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん7かぼちゃと豚肉のカレーうどん8
すぐ後に麺つゆと出汁の素で味付けし、かぼちゃに火が通るまでそのまま煮ます。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん9かぼちゃと豚肉のカレーうどん10
かぼちゃの固さがいい具合になっていたら、一回火を消してからカレールウを入れて溶かし、溶けきったらまた火をつけます(こうすると、溶け残りが発生しません)。そこへみりんを加えて味を調え、うどんを投入してさらに煮ます。何でも、うどんをそのまま入れる事によって勝手にとろみがつくのだそうです。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん11かぼちゃと豚肉のカレーうどん12
かぼちゃと豚肉のカレーうどん13
四分程たったら、長ネギを入れてさっと火を通します。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん14
全体的に熱が通ったら火を止め、汁が飛ばないよう器にそっと盛り付ければ“かぼちゃと豚肉のカレーうどん”の完成です!
かぼちゃと豚肉のカレーうどん15
カレーの香りをした熱気がたまりません(´Д`*)。この熱々でスパイシーな湯気は、カレーうどんならではの醍醐味ですね。
かぼちゃと豚肉のカレーうどん16
では、いざ実食!いただきまーす!
かぼちゃと豚肉のカレーうどん17

さて、味の感想ですが…すごくおいしい!辛ウマです!
かぼちゃと豚肉のカレーうどん18
全体的に和風な味付けですが、カレールーのおかげで刺激的な味になっています。ホクホクした甘~いかぼちゃがピリッとしたつゆによく合っていて、一旦食べ出すと止まらなくなります。かぼちゃとカレーがこんなに相性がいいとは思っていなかったので、驚きました。
シャキシャキした食感の長ネギ、じんわりした甘さの玉ねぎ、しっかりしたコクがある豚肉、磯の風味がする昆布など、全ての具の旨味がカレー出汁に溶け出しており、器から直に飲むとしみじみおいしかったです。あと、トロっとしたつゆをまとわせたうどんもツルツルシコシコした歯ごたえと喉越しで、とってもよかったです。

辛い!熱い!でも旨し!湯気でむせつつ汗をかきながらすするカレーうどんは、予想以上のおいしさでした(^^)。手軽に出来るので、また作ろうと思います。

●出典)『きのう何食べた?』 よしながふみ/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/368-44399102
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ