『きのう何食べた?』の“シロさんの肉じゃが”を再現!

今回で再現料理100個達成しました!何だかあっという間だったような気がします。これからもぼちぼち更新していきますので、どうかよろしくお願いします。
どうも、現実味がわかないあんこです。

今日再現する漫画料理は、『きのう何食べた?』にて主人公・シロさんがある秋の日に作った晩ご飯“シロさんの肉じゃが”です!
シロさんの肉じゃが図
シロさんは比較的健康を気遣うタイプの人なんですが、肉じゃがだけはつゆが少ないこってりした物が好きなようで、作中では「玉ねぎたっぷりで豚肉としらたき入り」「にんじんとか入れた方がヘルシーなのは分かってるんだけど、肉じゃがは俺どうしてもこれが好きなんだよなー」と言っています。
肉じゃが味付け
肉じゃがというと、毎回ひっそり仕込むのが「一晩寝かせた肉じゃが」。カレーがおいしくなる原理と同じで、冷える事によって煮汁が具に染み込みじっくり熟成した煮物はたまらなく深~い味で、出来立てとはまたひと味違ったおいしさになります。『きのう何食べた?』内でもしっかり「一晩寝かした肉じゃが」は登場しており、多少崩れてホコホコになったじゃがいもの描写は煮物好きの私にとって垂涎物でした。
うちはケンジの家の肉じゃがに近くて「牛肉、にんじん入りでしらたき無し、つゆたっぷり」の肉じゃがなので、ずっと前からどんな風なのか気になってました。こうなったら、再現してみます!
一晩置いた肉じゃが

そういうことで、レッツ再現調理!
まずは材料の下ごしらえ。じゃがいもは四等分、玉ねぎはくし形に切り、豚ばら肉は幅三センチに切り揃えます。
シロさんの肉じゃが1シロさんの肉じゃが2
シロさんの肉じゃが3
しらたきは少な目のお湯でさっと茹で、ザルにあけて水気をきった後に上から「井」の字に切っておきます。しらたきの場合、普通のこんにゃくと違って下茹では適当でいいらしいので楽です。
シロさんの肉じゃが4シロさんの肉じゃが5
シロさんの肉じゃが6
次は炒め煮作業。
サラダ油をしいて熱した小鍋で豚ばら肉を炒め、色が変わったら玉ねぎを入れてさらに炒めます。
シロさんの肉じゃが7シロさんの肉じゃが8
玉ねぎの表面がうっすら透明になったらじゃがいもを加えて炒め、全体に油が回ったらしらたきも投入してざっと混ぜます。
シロさんの肉じゃが9シロさんの肉じゃが10
大体混ざったらじゃがいもの顔が見えるくらいの水、酒を入れ、煮立ってきたら中火にして煮込みます(しらたきから水が出るので、水は入れすぎないほうがいいみたいです)。この時、麺つゆをメインに砂糖と醤油で味を微調整しておきます。
この際、あまり触らずに放置しておいた方がじゃがいもも崩れずおいしく煮えるそうです。
シロさんの肉じゃが11シロさんの肉じゃが12
小鍋がブジュブジュいってきたら木ベラで鍋底を確認し、底が見える程度の水気になっていたら火を消します。仕上げに大きいお皿に盛り付ければ“シロさんの肉じゃが”の完成です!
シロさんの肉じゃが13
照りっ照りのじゃがいもと玉ねぎの色がたまりません(´Д`;)ハアハア。何ともいえない香ばしい香りが胃袋を刺激しまくりです。
シロさんの肉じゃが14
小皿に取り分け、いざ実食!いっただっきまーす!
シロさんの肉じゃが15

さて、味の感想ですが…ほんわかウマ~(´∀`*)。しみじみと懐かしい味。
豚肉の脂を存分に吸い込み、ほっくりホロホロと口の中で崩れるじゃがいもがすごくおいしいです。表面のつゆが染み込んだ外側の部分(粉ふき部分も含む)がまた深い味でよかったです。あと、豚ばら肉の濃い脂のコクと、玉ねぎのトロトロとした食感や甘さもたまらなく美味でした。
作中でケンジがシロさんに「しらたきに味が染みてんのが大好き」と言っていましたが、食べてみてその気持ちがよく分かりました。噛めば噛む程つゆの旨さが滲み出てきて、癖になります。今度から肉じゃがにはしらたきが欠かせないなと勉強になりました。
あっさりしているのにどこか濃厚なので、ご飯のおかずと主食どっちにもなりえます(夜食でもOKかと)。お行儀が悪いですが、つゆかけご飯にしても非常にウマーです。簡単なので、つゆ有りの肉じゃがと一緒に我が家の定番にしようと思いました。

家族全員に「おいしい!」と好評だったので、シロさんに感謝です。

●出典)『きのう何食べた?』 よしながふみ/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.07.16 Fri 19:02  |  肉じゃがパン

あんこさん、こんばんは。

最近の記事では「ヤング肉じゃが」や「肉じゃがピザ」などを再現されていて
僕も肉じゃがを食べたくなって、作っていたのですが、この肉じゃが記事を
見て思わずコメントしてしまいました。

肉じゃがは、地方や家庭ごとに違いがあって面白い料理の典型ですよね。
ウチの肉じゃがの材料は、しらたきを入れない以外はシロさんの肉じゃがと
同じです。
ただ、作り方はさらに簡単で、「醤油・酒・砂糖」を「1・2・1」の割合で
入れ、後はふたをして弱火でコトコト15~20分位煮るだけです。汁は材料が
ヒタヒタになる程は入れず、濃い味付けの少なめの汁で煮ることで、材料に
しっかり味を付けるのです。なかなか美味しいですよ。

『大使閣下の料理人』に「肉じゃがバーガー」なるものが出てきましたが、
それのマネ(という程ではないですが)をして、肉じゃがにマヨネーズを加え
トーストしたパンに挟んで食べました。肉じゃがは洋風の食べ方にも合いますね。

これからも再現料理の記事を楽しませていただきます。では、また。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.07.16 Fri 21:28  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
再度コメントをして下さり、ありがとうございます。

特に意識はしていなかったんですが、何故か連続で肉じゃが再現が続いてしまいました;。
確かに肉じゃがは各家庭ごとでレシピが違ってくるので、見ていてかなり面白いです。
居酒屋やお惣菜やさんでも結構味に違いがあるので、色んな意味で興味深いです(数店を勝手に観察した結果、居酒屋では炒め煮・お惣菜やさんでは含め煮が多かったような…って偶然かもしれませんが^^;)。
それにしても、kawajunさん方式で作った肉じゃがもしっかりした味わいでおいしそうですね~!
肉じゃがはあれこれ手を加えず、さっと煮付ける方がおいしいと思いますので共感しました。次に肉じゃがを作る時は、早速参考にさせて頂きますm(_ _)m。

『大使閣下の料理人』に出て来る肉じゃがバーガーも前からおいしそうだと思っていましたが、kawajunさんのアレンジや感想を聞いて是非再現したくなりました。
実は、私は和洋折衷というテーマに並々ならぬ関心を抱いている為、こういう和と洋がうまく混ざりあった料理は大好きなのです(^^)。
最近は肉じゃが続きでさすがにいいかな~と考えている為すぐには出来ませんが、レシピを研究していつか発表しますね。

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた時にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/374-6dd97dac
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ