『神様』の“大根の味噌雑炊”を再現!

二十五年後を舞台にした、実写版サザエさん一家のCMでのタラちゃんとイクラちゃんのあまりの格差に、今更ながら驚いた今日この頃。イクラちゃんは「~ですぅ」「はぁい!」と言ってる方がいいなと改めて思いました。いえ、大人になってもそうしてろって言うわけじゃないんですが…。
こんにちは、十年前の自分に今の自分を見せたら確実に失望されそうなあんこです。

今回作る再現料理は、小説『神様』にて主人公が仕事から帰ってきてぐったりしながら手早く用意した夜食“大根の味噌雑炊”です!
神様/川上弘美
『神様』とは、作家・川上弘美さんのデビュー作も含んだ短編集です。妙齢から足が出たくらいの年齢の女性主人公が、各話でおかしな生き物(喋る熊に河童、梨の精、幽霊等)と近過ぎず遠過ぎず関わっていき、ふと気がついたら深く交流しているという不思議であたたかなお話が主となっています。
独特の世界観で語られる現代版おとぎ話といった感じで、うっかり読んだが最後、時間を忘れて没頭します。一話一話が短いので気軽に読めますし、おすすめの一作です。
ところでこの『神様』、お話もさる事ながら時折ちょこっと出て来る食べ物や料理描写が素晴らしくて(「結局それかい!」という突っ込みはなしでお願いします^^;)、読んでいるとお腹がすきます。熊と一緒にハイキングに行った時に食べたお弁当、幽霊になった叔父と食べた最後の晩餐、「猫屋」の梅焼酎など、さり気ないんですがどれもおいしそうなので読む度食べたくなります。

今日紹介する“大根の味噌雑炊”が出てきたのは、第五話「クリスマス」。あらすじは以下の通りになります。ある日、主人公は友人から青空市で買ったという貝殻があちこち張り付いた壺をプレゼントされます。しばらくはそのまま放置していたんですが、気が向いて壺をキュッキュッと拭いてみると、何と煙と共にコスミスミコさんという女幽霊が登場!痴情のもつれで刺されて幽霊になり、ひょんな事で壺に入って住家としていたとの事で、どうやら壺をこすられる事によって出たり入ったりするのだそうです。この日から、主人公とコスミスミコさんの奇妙な生活が始まります。
このコスミスミコさん、天然なぶりっ子でかわいくて憎めない性格。刺されて死んだ割には恨み節は全くなく、それどころか詳しい事情は忘れてしまってのほほんとしている始末です(^^;)。意図せずに回りを振り回す天性の小悪魔といったキャラで、恐らく男性には一番モテるタイプ。幽霊なのにご飯をいっぱい食べ、うっかり冷蔵庫の中身を空っぽにしてしまう所もご愛嬌と許したくなってしまいます(主人公にはきっちり怒られてしまいますが)。抜けているように見えて実は料理が上手で、クリスマスに壺に隠しておいた(!?)とっておきの食材でスパゲティやサラダを作ってくれるんですが、その描写がとてもウマー(゜Д゜)そうなので、是非いつか再現してみたいです。
“大根の味噌雑炊”は、コスミスミコさんが現われて間もない頃に主人公が夜中にクタクタになって帰ってきた時に作った夜食です。千切りにした大根を煮た湯にカツオ節の粉と味噌を溶き入れ、冷やご飯を入れて卵を落としただけの雑炊なんですがやけにおいしそうで、前から気になっていました。身近な材料ですぐに出来そうなので、早速再現してみます!

そんなこんなで、レッツ再現調理!
まず大根の皮をむいて大き目の千切りにし、水を入れた小鍋の中に入れて火をつけます。
大根の味噌雑炊1大根の味噌雑炊2
大根が煮えたらカツオ節の出汁の素と味噌を溶きいれ、混ぜます。
大根の味噌雑炊3大根の味噌雑炊4
混ざったらすぐに冷やご飯を入れてほぐし、ご飯がばらけたら卵を落とします。
大根の味噌雑炊5大根の味噌雑炊6
卵に火が通ったら(好みでいいそうです。ちなみに私の場合、半熟にしました)火を止め、お椀に盛って上からあさつきと一味唐辛子を散らせば“大根の味噌雑炊”の完成です!
大根の味噌雑炊7
大根の苦甘~い香りと味噌の優しい香りが混じった湯気が立ち、見るからに温かな感じです。
大根の味噌雑炊8
それでは、熱い内にいざ実食!いただきまーす!
大根の味噌雑炊9

さて、味の感想ですが…ほのぼのおいしいです(´∀`)。
カツオだし特有のキレの良さが活かされた味噌汁に大根の優しい甘さが溶け出しており、一口すするとしみじみ癒されます。また、大根の味噌汁を存分に吸収したご飯も味わい深くて良かったです。
サクサクした大根の食感、半熟卵の黄身のまろやかさと白身のふわふわ加減、そして一味のほのかな辛さが見事に合わさっていたので、完成度が高いおじやだな~と感じました。秋から冬にかけて、夜中に小腹がすいた時にぴったりな夜食だと思います。

作中には味噌の種類まで語られていませんが、私は合わせ味噌が一番合うんじゃないかと思いました。よろしければ、是非お試しください(^^)。

●出典)『神様』 川上弘美/中央公論新社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/376-bf7b4713
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ