『花のズボラ飯』の“肉無しキムチチャーハン”を再現!

相方マサル君に好みのタイプを聞いてみた所、「小柄でクーデレ(クールでデレデレの意)で、綺麗というよりはかわいい子」と言われました。…えーと、何一つ当てはまっていません。むしろ大柄、無属性、地味顔の三重苦。ニヵ月後に交際六年目へ突入しようというのに、えらい事を知ってしまいました。
どうも、理想を凌駕する何かが自分にあるはず(多分)と必死に思おうとしているあんこです。

今日再現する漫画料理は、今月号の『花のズボラ飯』にて主人公・花さんが明後日に一時帰宅しにくる単身赴任中の夫・ゴロさんの為に心躍らせながら家を大掃除した後に作った“肉無しキムチチャーハン”です!
肉無しキムチチャーハン図
『花のズボラ飯』第六回目にあたるお話で、相変わらず花さんのかわいさが炸裂しています(^^)。
普段、一人暮らしの気ままさから家を荒れ放題にしている花さんは大急ぎで家を片付けるんですが、その描写がリアルでいいです。本の選別をしていたらつい没頭してしまってあっという間に時間が過ぎていたり、机の三分の二以上が物で埋め尽くされていたり、空っぽの空き缶が部屋の隅に溜まりまくっていたり、終いには掃除機で脱ぎっぱなしにして忘れていたパンツを吸い込んでしまったり…本当、これまでの自分の所業を目の当たりにするようで、恥ずかしくなります(´Д`;)パンツハカロウジテナイデスガ。
そうこうしている内に何とか家はキレイになり、ゴロさんを迎える準備完了!ほっとしてベッドに倒れこむ花さんですが、今度は猛烈にお腹がすいてきてこの“肉無しキムチチャーハン”をさっさか作ります。何の変哲もない調理工程で、特別な物は一切使っていないはずなんですが、見ているだけでお腹がすいてくる程おいしそう!花さんも興奮して「ウマ~」とかっこんでいました。
キムチチャーハン旨さ
花さんの言う「危険なほどにうまいキムチ味」を堪能してみたいので、早速作中に載っているレシピを忠実に再現してみようと思います!

と言う訳で、レッツ再現調理!
まずは材料の下ごしらえから。ネギはさっと洗ってからみじん切り、キムチは食べやすい大きさにザクザク切っておきます。
ちなみに、私が自信を持ってオススメするキムチは小倉協同物産の「名も無きキムチ」です。辛すぎず酸っぱすぎずで、そのまま食べても豚キムチにしてもおいしい優れもの!
ハナさんにとっての本格キムチチャーハン作り
キムチチャーハン1キムチチャーハン2
ご飯は冷やご飯を温めなおした物を用意し、そこへ生卵を投入して混ぜます。「え~、これじゃチャーハンじゃなくて卵かけご飯だよ」と言いたくなるかも知れませんが、花さんによると「いいの!」との事ですので、どうか許してください(^^;)。
キムチチャーハン3キムチチャーハン4
次は炒め作業。
熱したフライパンにごま油とネギを入れ、弱めの火でゆっくり火を通します。ネギのいい香りがしてきたら中火~強火にし、キムチを加えてさっと混ぜ、キムチとネギが混ざったらすぐに卵かけご飯を投入して炒めます。
キムチチャーハン5キムチチャーハン6
キムチチャーハン7キムチチャーハン8
キムチチャーハン9キムチチャーハン10
ご飯がパラパラになってくるまで炒まったらそばつゆ、塩、こしょうを入れ、ひとあぶりします。
キムチチャーハン11キムチチャーハン12
手早くあおったらお皿に盛り、仕上げに刻み海苔をパラパラ散らせば“肉無しキムチチャーハン”の完成です!
キムチチャーハン13
キムチの刺激的な香りと赤い色が食欲をそそります。水分が多いので心配していたチャーハンのパラパラ加減も、そこそこパラリとなっていて一安心です。
キムチチャーハン14
それでは、ホカホカの内にいざ実食!いっただっきま~す!
キムチチャーハン15

さて、味の感想ですが…ピリ辛でウマーー!ウマ過ぎます!
花さん、キムチチャーハンに感激!
塩こしょうだけでなく、キムチやそばつゆによってチャーハン全体に奥深くもしっかりした味付けがされている為、食べれば食べる程止まらない味になっています。作中で花さんが触れていますが、キムチの漬け汁に含まれている出汁のおかげで、普通のチャーハンとはひと味違ったおいしさになっているのだと思います。
あと、そばつゆと海苔でどことなく和風っぽい味になっているのがまたいい感じでした。海苔とキムチって相性がいいんだな~としみじみ実感です。卵でご飯の一粒一粒がコーディングされているので、パラッとしつつフワ~とした食感になっているのもたまりませんでした。
ザクザクしていて辛味と酸味がきいたキムチ、ごま油で香ばしくなったネギ、深い風味を感じさせるそばつゆとキムチの漬け汁、そしてそれらを存分に吸収して旨味とコクを増した卵とご飯…一見単純な材料かもしれませんが、合わさってみるとすごくおいしかったです。全てがバランスよく調和しているからこそ、これだけの一体感が生まれたんだと思いました。

身近な食材ですぐ出来るので、定番メニューとしてちょくちょく作ろうと思います(´∀`*)。

●出典)『花のズボラ飯』 原作:久住昌之 作画:水沢悦子/エレガンスイブ
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2009.10.07 Wed 08:34  |  

まだ今月号見てないっ!!

読むのが楽しみですw

  • #mQop/nM.
  • sm7996068
  • URL
  • Edit

2009.10.07 Wed 10:36  |  Re:

こんにちは!
コメントありがとうございます。
今回も花さんがかわいくて和みますよ(^^)。

  • #xNYelOkA
  • あんこ
  • URL
  • Edit

2009.10.08 Thu 11:24  |  おなかすいてきます

こんにちは。

肉無しキムチチャーハンおいしそうですね!
めんつゆを入れるというのにびっくりです。

花のズボラ飯、読んだことないので今度本屋で探してみます~

  • #-
  • りく
  • URL

2009.10.08 Thu 12:38  |  りくさん、こんにちは。

コメントありがとうございます、管理人あんこです。

おいしそうと言って頂けて嬉しかったです。
キムチチャーハンは肉なしだとあっさりおやつ感覚で食べられるので、おすすめです。
今回の『花のズボラ飯』は、エレガンスイブ11月号に載っていますのでよろしければ是非ご一読下さい(^^)。

  • #xNYelOkA
  • あんこ
  • URL
  • Edit

2010.06.11 Fri 15:34  |  作ってみました~♪

あんこさん、こんにちは。

昨日仕事で待ち時間ができてしまったため、その時に拝見し、このレシピに目が止まりました。偶然一昨日に『クッキングパパ』の「おろし卵納豆キムチそば」(65巻)を食べたので、レシピを見て「おおっ! 冷蔵庫にある残り材料で作れる!」と思い、早速昨日家に帰って晩ご飯に作りました。暗記できるくらい簡単なレシピなのもいいですね。

ご飯を炊いてしばらく蒸らし、その後ボールに移して冷ましながらその他の材料(といってもネギとキムチだけ)の準備。ここのところ使ってなかった中華鍋を洗って用意し、その頃にやや冷めたご飯に卵を混ぜて準備完了。調味料をスタンバイしていざ調理…でもご飯が炊ければ準備から完成まで15分くらいしか、かかりませんでした! さすがズボラ飯!

そのお味は…おいしい! こんがりパラッとしたピリ辛味のご飯から、ときどきキムチの白菜や、香ばしいネギが出てきて飽きの来ない味です! そばつゆの隠し味もチャーハンを奥深い味に演出していますね。ご飯の量に比べキムチがやや少なめでしたが、物足りなさはありませんでした。それに「ご飯に卵を混ぜる」という調理法はいいですね。炒める時ベタ付かず、下手くそな自分でもそれなりにパラリとしたチャーハンができるのがありがたいです。花さんブラボー!

また作ってみようと思います。長々失礼しました。では。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2010.06.11 Fri 22:12  |  kawajunさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントとチャーハン再現をして下さり、ありがとうございます。

新たな再現料理の同志が出来、とても嬉しい気持ちです(←勝手に決め付けてすみません;)。
クッキングパパのレシピも当たりばかりなので、私も大好きです(^^)。
おろし卵納豆キムチそば…聞いただけでもう私の好みにドンピシャなのが分かります。クセがある物同士を組み合わせると、まずくなる所か逆に旨さが倍増するので、想像しただけでもお腹がすきます;。今度、単行本を見て再現してみようと思いますね!
kawajunさんのおっしゃる通り、花さんのレシピは基本的に暗記してすぐに作れるものばかりなのがすごくいいですね。手間は半分、味はそれ以上…私もこうでありたいものです。
中華鍋でチャーハンを作ると、フライパンよりもパラパラになって美味しくなりやすいですよね~。最初は「そばつゆがチャーハンの隠し味とは…」とびっくりしていましたが、和風キムチチャーハンには本当に有効なので、去年からちょくちょく使っています。
卵ご飯にして炒めると、確かに自然とご飯粒が卵でコーディングされるのでかなり便利です!
温かいご飯ではなく冷たいご飯で作るのが鉄則ですが、それさえ守ればフライパンでもパラッと仕上がるので相当に手軽です。
それにしても、kawajunさんの方が私などよりすごく味の表現がうまいので、ひたすら尊敬です。その上ずっと分かりやすい文章ですし、料理の手際まで遥かに良し…orz。精進しますね!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、お時間が空いた際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/382-365d466c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ