『クッキングカンタンタン』の“中華スパ”を再現!

大学時代、「スパゲティ」と言うと「え?普通パスタって言わない?」と指摘された事がありますが、正直どちらでもいいのではと思ってます。形状や太さによって呼び名が違うそうですが、その日の気分でコロコロ変わってます。一度、正式な呼び方をイタリア人に尋ねてみたいです。
こんにちは、グルメとは程遠いあんこです。

本日再現する漫画料理は、たけだみりこさん著書『クッキングカンタンタン』内で簡単でおいしいスパゲティとして紹介された“中華スパ”です!
中華スパ図
たけだみりこさんとは、過去に有名な『セイシュンの食卓』という激安簡単料理のレシピを載せた漫画を世に送り出した漫画家で、未だに手軽でおいしいレシピを独特の漫画と一緒に書き綴った本を出版していらっしゃいます。この方の漫画とレシピはユニークでおいしそうな物が多いのでとても参考になりますし、何より缶詰やレトルト、調味料を巧みに使いこなして全く新しいオリジナルの料理を作る事が多いので、見ていて楽しいです。
中でも、この『クッキングカンタンタン』は『セイシュンの食卓』をさらに数段洗練したようなアイディア料理がたくさんの本な為、オススメの実用漫画です。
クッキングカンタンタン図
漫画というよりはレシピ本といっていい本なので、漫画再現料理の項に入れていい物かどうか迷ったんですが、ちょこちょこ入っている紹介漫画が面白い上、私自身「こんなにいいレシピがあまり広がってないのは勿体無い!」「もっと広まって欲しい!」という想いがあったので、あえて漫画再現料理として扱う事にしました。
ちなみに、今日作ってみる漫画料理“中華スパ”は、以下のような成り行きで紹介されます。

ある富豪が亡くなる寸前、金儲けばかりで子どもを放置してきたこれまでの人生を悔い、六人の子ども達を呼びよせて遺言を残そうとする所から話は始まります。
富豪パパは「こんなわしを許してくれるかのう…」とかなりしおらしく後悔している様子でしたが、案外子ども達は父から放って置かれた事を何とも思っていなかったらしく、「死ぬな父さん!」「パパ死んじゃいや~っ!」と嘆きつつも、次のコマで「で、お前達に受け継いで貰いたいものじゃけどな…」と富豪パパが口を開いた途端、「キタキタ~!」といっぺんに涙が消えていたのには苦笑させられました;。
しかし、肝心な山吹色の美味しい遺産の分配には一言も触れず、「自慢のスパゲティレシピを一人につき一個ずつ分配するから、相続を頼む」と言う富豪パパ。
そりゃ、「?」マークが飛び交うのも無理ないです;。
もしかしてわざとやってんのかと言いたくなるほど鈍感な富豪パパですが、狙ってやっているのだとしたら大した役者です(余談ですが、「山吹色のお菓子」で検索するとこんな物があって噴き出しました。こういうセンス、好きです)。
クッキングカンタンタン漫画2
その後も、えんえんと続くスパゲティソースを作る際のコツやら茹で方の説明やらに「こりゃ何かおかしいぞ」と思った子ども達は、言葉の途切れ目にすかさず「で、他のものはどうしよっか?例えば土地、建物とか、美術品とか宝石とか株とか現金とか…」というんですが、それに対して富豪パパは「その辺はいさぎよく全部寄付する事にしたよ」と爽やかに止めを刺します。
ポカーンと茫然自失になっている子ども達を尻目に、富豪パパは「愛するスパを愛するお前達に託すことが出来て…わしはもうな~んも思い残す事はない」と安らかな顔(子ども達は思い残す事ありまくりじゃ!とツッコミたげですが)。
子ども達の「キフ…?」「キフって何、兄さん…?」というセリフもあいまって、最高にシュールな流れです;。
オチを言ってしまうと、実は富豪パパは仮病ならぬ仮死に際でまだピンピンしてる事が判明し、からかわれた事を知った子どもは「そーいや、昔からあんな人だったな」とがっかりした反面ほっとした表情でゾロゾロ帰っていってお終いでした。
ベタな終わり方ですが、こういうの終り方は嫌いじゃないです(^^;)。
クッキングカンタンタン漫画4
富豪パパが子ども達に教えたスパゲティはどれもがおいしそうなのですが、今回は美容に気を配る現代的な末っ子・ヨシコさんに受け継がれた、スパゲティソースを中華ドレッシングで作るという変り種の“中華スパ”を再現してみようと思います。


と言う訳で、レッツ再現調理!
まずは下ごしらえから。豚もも薄切り肉とピーマンは千切りにし、エリンギは根元の部分を切り落としてから長さを半分に切って手で細く裂きます。あと、にんにくはみじん切りにし、しょうがはすりおろしておきます(しょうがはチューブの物でもOKだそうです。なので、お言葉に甘えさせてもらってしょうがをチューブ物にしました)。
中華スパ1中華スパ2
中華スパ3中華スパ4
フライパンにごま油をしいて熱し、ピーマンとエリンギを入れ塩こしょうで味付けしながら炒めます。程よ火が通ったら、別器に取り出しておきます。
中華スパ5中華スパ6
中華スパ7
先程のフライパンにごま油とにんにくを足して熱し、いい香りがしてきたら豚肉も加えて炒め、酒をふりかけてアルコール分を飛ばします。
中華スパ8中華スパ9
中華スパ10
全体が熱くなったらおろししょうが、中華ドレッシングも投入してよく炒めます。
なお、中華ドレッシングがない場合はポン酢とオイスターソースを混ぜた物でも代用できるそうです。
中華スパ12
中華スパ11中華スパ13
再び全体が炒まってきたら、取り出しておいたピーマンとエリンギを戻し入れ、味をみながら塩こしょうをふって炒め合わせ、火を止めます。
中華スパ14中華スパ15
そこへ茹でたてのスパゲティを加え、ごま油を少々たらしてまんべんなく混ぜ合わせます。
中華スパ16中華スパ17
中華スパ18
混ざったらお皿に盛り付け、仕上げに白ゴマを散らしたら“中華スパ”の完成です!
中華スパ19
ごま油と中華ドレッシングの香りが漂い、食べる前から既においしそうです。中華風の味付けのスパゲティを食べるのは初めてなので、どんな感じなのか楽しみです。
中華スパ20
それでは、スパゲティが伸びない内にいざ実食!いっただきまーす!
中華スパ21

さて、味の感想ですが…こりゃウマーーー(゜Д゜)!とても中華ドレッシングで作ったとは思えない味です!
食べてみる前は「ドレッシングで本当にスパゲティソースになるのかな…変に酸っぱくないかな…」とおっかなびっくりで食べたんですが、これがなかなかどうして激ウマでした!心配していた酸味はほとんどなく、逆にコクある味わいです。おそらく、ドレッシングに含まれているオイスターソースのおかげだと思います。青椒肉絲のような、中華風和え物のような不思議な味で、ピリリと程よい辛さが効いているのが印象的なおいしさでした。
ほろ苦くてサクサクした食感のピーマンと、独特の旨味やシコシコした歯触りが魅力的なエリンギ、噛み締めると肉汁がじわじわと広がる豚の薄切り肉が中華ドレッシングのソースと相性抜群で、お互いを見事に引きたてあってました。濃ゆそうな見た目によらずあっさりした後味なのもいい感じで、胃にもたれる事もありませんでした。ゴマ油の香ばしい匂いがたまらないスパゲティです。

『クッキングカンタンタン』の中でも一際目立ってレシピがおいしそうなのはこのパスタ編なので、これからもちょくちょく再現していこうと思ってます(^^)。

●出典)『クッキングカンタンタン』 たけだみりこ/永岡書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/396-9515c5a3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ