『クッキングカンタンタン』の“イタリア風ソーセージスパ鍋”を再現!

ゲーム『サイレントヒル2』を出来るだけ忠実に実写映画化して欲しいなーと思う今日この頃。映画『サイレントヒル』もそこそこ面白かったので個人的にはアリなんですが、2はあの独特の雰囲気をスクリーンで観たいので、あまり手を加えないシナリオ希望です。
どうも、ホラーもサスペンスもスプラッタもどんと来ーい!なあんこです。

今日再現する漫画料理は、『クッキングカンタンタン』にて簡単でおいしいオススメスパとして紹介された“イタリア風ソーセージスパ鍋”です!
イタリア風ソーセージスパ鍋図
以前に再現してみた“中華スパ” “ホタテのペペロンチーノスパ”と同時に紹介されたスパゲティで、これは富豪パパの古風で真面目そうな次女・ヨシエさんに受け継がれたレシピです。
一見普通のスープスパに見えますが、その作り方はかなり変わっています。例えば、スープは野菜ジュースで作ったり、スパゲティは折ってからソーセージと一緒に鍋に入れたり、スパゲティを茹でるのはお湯ではなくスープでだったりなど、かなり個性的。しかし、味はそうやって作ったとは思えないほどよく出来ているのだそうです。
手順が面白かったので、好奇心が沸いてきました。さっそく再現してみます!

そういう訳で、レッツ再現調理!
まずは、ベースのスープ作り。鍋にトマトベースの野菜ジュース、ジュースの三倍くらいの量の水、スープの素を入れて強火にかけます。※私の場合、野菜ジュースが食塩無添加の物しか見つからなかったので、ここで塩を少々ふりました。
イタリア風ソーセージスパ鍋1イタリア風ソーセージスパ鍋2
イタリア風ソーセージスパ鍋3
グツグツと煮立ってきたら、あらびきソーセージとほぐしたシメジを加えます(あるなら、二~三種類のきのこを入れると尚よいそうです)。
イタリア風ソーセージスパ鍋4
イタリア風ソーセージスパ鍋5イタリア風ソーセージスパ鍋6
再び煮立ってきたら、そこへボキッと半分に折ったスパゲティを投入し、スパゲティが好みの硬さになるまで煮ます。
イタリア風ソーセージスパ鍋7イタリア風ソーセージスパ鍋8
イタリア風ソーセージスパ鍋9
スパゲティが程よい硬さに煮えたら、味を見ながら塩、こしょう、パセリのみじん切りを入れ、オリーブ油を少々たらします。この際、オレガノやドライハーブを加えてもおいしいみたいです。
イタリア風ソーセージスパ鍋10イタリア風ソーセージスパ鍋11
塩加減がよくなったらすぐに火を消し、なるべくキレイになるようお皿に盛り付けたら“イタリア風ソーセージスパ鍋”の完成です!
イタリア風ソーセージスパ鍋12
ソーセージが大きめだった為、ちょっと盛り付けを失敗してしまいました(^^;)。トマトとパセリのいい香りがおいしそうです。
イタリア風ソーセージスパ鍋13
それでは、スパゲティがのびない内にいざ実食!いただきま~す!
イタリア風ソーセージスパ鍋14

さて、味の感想ですが…ちゃんとスープスパになってる!結構おいしいです!
自然なとろみがついたスープに野菜ジュース、ソーセージ、きのこの旨味が溶け出しており、複雑な味がします。スパゲティの茹で汁が意外にもスープに深い味わいを与えており、とても優しい風味に仕上がっていました。とろみ加減が本当に絶妙で、スパゲティにちょうどいい分だけ絡んで来るのがよかったです。
ソーセージの強いコクとシメジのシコシコした歯触りがスパゲティによく合っていて、いくらでも食べられます。トマトの甘さが全体にうまくなじんでいて、ほんわか癒されるおいしさでした。全ての材料を鍋にぶち込むだけという一見乱暴な調理法ですが、案外繊細な味付けですごくびっくりです。作中で富豪パパが「一つの鍋の中でそれぞれの材料のうまみが溶け出し、それをスパの茹で汁まとめているのだ」と言っていましたが、まさしくそんな感じの料理です。
真っ二つにしてフォークに巻き付くか心配していたスパゲティもすんなり巻き付き、むしろ食べやすい量だけ口に入って来るので楽でした。ただ、スパゲティの押し切り(フォークに幾重にも巻かれたスパを歯で一気に噛み切る行為。ブログ主の造語です)を楽しめないのが難点ですね。

「型破りな作り方でも、おいしく出来ればそれでいい!」という事を実感した再現でした(・∀・)。

●出典)『クッキングカンタンタン』 たけだみりこ/永岡書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/397-5d5a43ca
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ