『クッキングカンタンタン』の“ボンゴレピラフ”を再現!

昨日、あるテレビ番組を見ていると、ミリタリー食が紹介されていました。近頃の兵隊さんはグルメらしく、お湯で戻す食事とはいえ食べた人は「なかなかおいしい」と言っていました。軍の食事ってまずいイメージがあったので、意外です。…しかし、アメリカ人が開発した水で溶かして飲むミルキーピンクのストロベリージュースには「何かがおかしい」と思いました。戦場にあのピンクは場違いな気がします。
こんにちは、ご飯がおいしく頂ける平和な世が続いて欲しいと願うあんこです。
本日再現する漫画料理は、『クッキングカンタンタン』にて料理が上手なうさぎが料理初心者であるお猿に教えてあげた“ボンゴレピラフ”です。
ボンゴレピラフ図
これは非常に手間いらずで、大雑把に言えばレトルトのボンゴレソースを炊飯器にご飯と一緒に入れて炊くだけで出来上がるピラフです。ある意味、『セイシュンの食卓』で様々なB級レシピを生み出したたけだみりこ先生らしい料理なので、ずっと気になっていました。
せっかくレシピが手元にある事ですし、早速再現してみます!

そんなこんなで、レッツ再現調理!
まずは、シメジの根元を気って適当な大きさにほぐしておきます。
ボンゴレピラフ1
次に、炊飯器にといだお米、ボンゴレソースを入れ、さらに水を分量通りに加えてひと混ぜします。全体が混ざったら上にシメジを乗せ、そのままスイッチを入れて普通に炊きます。
ボンゴレピラフ2ボンゴレピラフ3
ボンゴレピラフ4ボンゴレピラフ5
炊けたらフタを開け、パセリのみじん切りとバターを投入して切るようにして混ぜます。
ボンゴレピラフ6
ボンゴレピラフ7ボンゴレピラフ8
もう一度フタをして蒸らし、ご飯がいい硬さになっているのを確認してお皿に盛り付ければ“ボンゴレピラフ”の完成です!
ボンゴレピラフ9
アサリとシメジの香りが湯気と一緒に立ち上ぼり、ほ~っとため息をつきました(´∀`*)。 一見しただけでは、とてもスパゲティソースで出来たようには思えません。
ボンゴレピラフ10
では、いざ実食!いただきまーす。
ボンゴレピラフ11

さて、味の感想はというと…なかなかおいしい!レトルトだけの味付けとは思えません!
ボンゴレソースに含まれているアサリの出汁と色んな旨味成分がご飯の一粒一粒に浸透していて、噛む締めるたびにアサリのエキスが滲み出てきます。肝心のアサリのむき身も、普通のバター焼きや酒蒸しなどとはひと味違った趣のある味で、この旨さはまさにボンゴレならではだなと思いました。
シメジのキュッキュッとした歯触りがいいアクセントになっており、ピラフにきのこ独特のコクをきかしているのがまたいい感じでした。バターやパセリもそれぞれがピラフに足りない所を補っていて、一口食べただけではとてもレトルトだとは思えない出来栄えです。
しかし、二つ残念な点があります。それはちょっとだけ油っぽかった点と、塩加減が少々足りなかった点です(これは、私が選んだレトルトがたまたま薄味で油が多めだったからかもしれませんが)。そのままだと塩味が薄いかもしれませんので、好みの量だけ塩をふる事をおすすめします。実際、塩をふって再度食べてみるとぐっとおいしくなっていました。

レトルトといえども、使い道はいくらでもあるんだなーと勉強になった再現でした。

●出典)『クッキングカンタンタン』 たけだみりこ/永岡書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2009.12.25 Fri 12:46  |  

こんにちは!

突然ですが教えてください。
今回のレシピではお米は何合にされましたか??

  • #-
  • にわか料理人
  • URL

2009.12.25 Fri 13:56  |  にわか料理人さん、初めまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

私の場合、お米は三カップ(600cc)で作りました。
ただ、後日二カップで作ってみても特に問題はありませんでした。
詳しいレシピは、たけだみりこ先生著『クッキングカンタンタン』をご参考にしてみて下さい。

※詳細なレシピ、全材料の分量についてはお答えしかねます。申し訳ございません。

  • #-
  • あんこ
  • URL

2009.12.29 Tue 18:36  |  

ご返答ありがとうございました。


明日にでも2カップで作ってみようと思います♪

  • #-
  • にわか料理人
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/399-33bd8fba
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ