『きのう何食べた?』の“うなぎと高菜と卵の混ぜご飯”を再現!

今日はハロウィンなので、あらかじめ作っていたかぼちゃの煮物とかぼちゃのパウンドケーキを食べる予定です。まだ日本には浸透しきっていませんが、本格的な冬の前に栄養満足なかぼちゃをたくさん食べて体を強化出来るこの行事、私は大好きです。是非広まって欲しいですね。
こんにちは、ハロウィンに対してちょっとズレた認識を持っているあんこです。

本日再現する漫画料理は、『きのう何食べた?』にてシロさんが土用の丑の日に作った“うなぎと高菜と卵の混ぜご飯”です!
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯図
うなぎを使った混ぜご飯というとパッと思い浮かぶのはうなぎとタレだけで作ったシンプルな物ですが、この混ぜご飯は一風変わっていて、他にも高菜・炒り卵・ゴマを具として加えます。シロさんによると、高菜の塩分が混ぜご飯にいい塩気をつけるのだそうです。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯の具
難しそうに見える割には結構手軽に出来そうな感じだったので、一気に興味が湧きました(何と、ご飯が炊けたら、後はもう混ぜるだけ!)。うなぎは値段が高いのがネックですが、好物な上おいしそうだったので「ええい!」と思って買いました。…シロさんが買ったのと同じ安い中国産を498円で…orz。
何かに負けた気がしますが、せっかくなので早速再現してみようと思います!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、ご飯の準備。お米をといだら炊飯器の釜に入れ、普通の水加減にして吸水させておきます(三十分~一時間くらい放置したら大体吸水は完了です)。吸水がすんだら、そのまま何も加えずに炊飯のスイッチを押します。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯1
次は、具の用意。
うなぎは一センチ幅に切り、高菜漬けは流水で漬け汁を流した後によく絞って大雑把に刻みます。
※作中でシロさんは市販の「刻み高菜」を準備していましたが、母に聞いたところ「刻み高菜は高菜を食べやすく切っただけの物。特に味付けは追加されてない」との事だったので、どうせならと思い好きなメ-カーの無添加高菜を「刻み高菜」風に切って使いました。再現度が低くてすみません。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯2うなぎと高菜と卵の混ぜご飯3
卵は塩少々を入れて溶き、たっぷり目の油を熱したフライパンで炒り卵にします。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯4うなぎと高菜と卵の混ぜご飯5
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯6うなぎと高菜と卵の混ぜご飯7
ご飯が炊き上がったらすぐにフタを開け、切っておいたうなぎ、うなぎのタレ、山椒を一緒に炊飯器の中に加えてフタを閉じ、約十分蒸らします。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯8
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯9うなぎと高菜と卵の混ぜご飯10
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯11
十分経過したら再度フタを開けてご飯を軽く混ぜ、そこへ刻み高菜、炒り卵、煎りゴマを投入してさっくり切るようにして混ぜます。この時、塩味が足りない時は高菜を増やして調節します。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯12うなぎと高菜と卵の混ぜご飯13
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯14
味見をして塩加減がちょうどよくなっていたらまたフタをし、ちょっと蒸らしてからお茶碗によそえば“うなぎと高菜と卵の混ぜご飯”の完成です!
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯15
山椒の清々しい香気とうなぎの香ばしさが、食欲を倍増させます。炒り卵の黄色が混ぜご飯に明るい彩りを与えているのもいい感じです。
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯16
それでは、熱々の内にいざ実食!いっただっきま~す!
うなぎと高菜と卵の混ぜご飯17

さて、味の感想ですが…これは旨し!うなぎを丸ごと楽しめる味です!!
ご飯の隅々にまでうなぎとタレの旨味が染み込んでおり、口の中で形容し難い豊かな味わいが広がります。噛み締めるごとにうなぎの力強いコクと脂が次から次へと滲み出る為、箸が止まりません。タレを炊きこむのではなくサッと混ぜるだけにとどめているせいか、ご飯粒の一粒一粒がふっくらしていてウマーでした。
フワ~ッととろけるような舌触りのうなぎはもちろん、ザクザクと小気味良い食感と塩気がきいた高菜、甘くて柔らかな炒り卵、鮮やかな風味の山椒、そして程よい甘辛さのご飯のどれもが見事に調和しており、かなりハイレベルな出来の混ぜご飯となっています。高菜とうなぎって合うんだな~と感心しました。
最初の一口はしっとりと落ち着いた感じで、そんなにガツンと濃い訳ではないのですが、二口三口と続けて食べている内にじわじわと満足感が湧き上がってきます。濃厚な旨さなんですが後口はどこかさっぱりしており、癖になりそうでした。

うなぎは高価なのでちょくちょく作る訳にはいかないですが、特別な日やお客さんが来た時のおもてなしにはうってつけの混ぜご飯だと思います。機会があれば、また作りたいです(^^)。

●出典) 『きのう何食べた?』 よしながふみ/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/407-a6301586
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ