『きのう何食べた?』の“鶏肉とアスパラの中華風塩炒め”を再現!

「お好み焼きにはマヨネーズはかけない方がおいしい」と唱える一派がいるらしい事を聞き、激しくショックを受けてます。近くにあるお気に入りのお好み焼き屋さんでは、スープカップになみなみと入った手作りマヨネーズ(サービス)をいつも出してくれるだけに、余計にそうでした。世界は広いなと思います。
こんにちは、かと言ってマヨラーな訳でもないあんこです。

本日再現する漫画料理は、『きのう何食べた?』にて主人公・シロさんが安売りしていた食材でチャッチャカ作った“鶏肉とアスパラの中華風塩炒め”です!
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め図
焼き鳥とかではよく鶏肉は塩味で食べるんですが、塩ベースの炒め物にして食べた事はほとんどなかったので、最初見た時は「あまりご飯のおかずにならなさそうだな~」とちょっと敬遠していました。しかし、単行本になってからもう一度詳しい作り方を見てみると、そんなに薄味でもなさそうなのが分かり、段々興味が出てきました。
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め作り方
こうなったら「一見は百聞にしかず」の精神で、実際に作って確かめてみようと思います!

そういう事で、レッツ再現調理!
にんにく、しょうがはみじん切り、アスパラは斜め切りにし、鶏もも肉は黄色い脂を取り除いてから一口大に切って塩、こしょう、酒、片栗粉をまぶしておきます(鶏肉に調味料をまぶした時の画像をうっかり撮り忘れました…orz)。
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め1鶏肉とアスパラの中華風塩炒め2
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め3
フライパンに油、にんにく、しょうがを入れて熱し、いい香りがしてきたら鶏肉を加えてよく炒めます。
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め4 
鶏肉に八割方火が通ったら、アスパラ、鶏がらスープ、砂糖少々、塩、こしょうを入れてさらに炒めます。
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め5
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め6鶏肉とアスパラの中華風塩炒め7
全体的に味がなじんできたら、仕上げにごま油をたらーっと回しかけます。
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め8
ざっと混ぜて火からおろし、お皿に盛り付けたら“鶏肉とアスパラの中華風塩炒め”の完成です!
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め9
鶏肉のツヤツヤした光沢と、鶏がらスープや香味野菜のいい香りが食欲をそそります。
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め10
それでは、冷めてしまわない内にいざ実食!いただきます!
鶏肉とアスパラの中華風塩炒め11

さて、味の感想ですが…鶏の旨さが全面に出てておいしいです!
単純なのに、どこか凝った味。片栗粉を薄くまぶす事によってますます柔らかく、よりジューシーになった鶏肉がうっとりするくらいおいしいです。ツルッとした舌触りと程よい歯ごたえで食べやすく、そこへ片栗粉によって自然にとろみがついた調味料がよく絡むのがいい感じでした。あと、珍しく塩をベースとしたシンプルな味付けのせいか、肉や脂の旨味の伝わり方がガツンとダイレクトで、醤油やソースの味付けに慣れた私には新鮮に思いました。
鶏がらスープとごま油によって香ばしさやまろやかさがプラスされており、さっぱりした後味の中にも濃厚なコクが活きて複雑な味がするのが印象的です。にんにくとしょうがの何とも言えないような清々しい風味が全体に染み込んでおり、それがさらに味わい深さを増させていました。また、アスパラのシャキシャキとした歯触りも爽やかでよく、鶏肉と相性がよかったです。

とろみと一緒にご飯にのせるとおつな味だったので、一気に好きになりました。塩炒めの良さを知れて、大満足な再現でした!

●出典)『きのう何食べた?』 よしながふみ/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.06.19 Sat 23:33  |  

「きのう何食べた?」の料理、美味しいですよね~(o^∇^o)ノ
この記事を見ながら、作ってみました♪
簡単だけど、めっちゃ美味しかったですっw

2010.06.20 Sun 00:04  |  うぃしゅかさん、初めまして。

こんばんは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、私も『きのう何食べた?』に出て来る料理はおいしいものばかりだと思います(^^)。
この中華風塩炒めは、鶏肉が柔らかくしっとりと食べられる上にあっさりした味なので、お気に入りの品です。
塩炒めにすると大抵薄味になりやすいのが欠点ですが、このレシピだとご飯にも合うしっかりした下味がつくのがいいですね。
その為、うぃしゅかさんに作ってブログ記事にして頂き、かなり嬉しかったです!

これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/413-6d63c4c8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ