『クッキングパパ』の“ポテリン”を再現!

実写ドラマ版『深夜食堂』と『サザエさん』の完成度が思っていた以上に高くて感動しました。なので、ちょくちょく録画してはよく見ています。こういうのを見ると「地デジ対応のテレビもいいかもなー」とつい心が揺れるのですが、最近のゴールデンのグダグダ加減や番組の私物化にシラケきっている為、すぐにどうでもよくなります。
こんにちは、ニュースと深夜番組と地元密着系以外テレビを見る事は滅多になくなったあんこです。

今回再現する料理は、『クッキングパパ』にて秋に作るとおいしいおやつとして紹介された“ポテリン”です!
ポテリン図
正式名称は「スイートポテトプリン」で、プリン生地の中に蒸して漉したサツマイモを混ぜて作るお菓子との事です。荒岩主任曰くプリンは元々栄養価の高いお菓子で、そこへサツマイモが入ることによってさらにビタミン・カルシウム・繊維が豊富に含まれたお菓子へと生まれ変わるのだそうです。
ちょうど蜜の入ったおいしいサツマイモが手に入ったところだったので、早速試しに再現してみようと思います!

そんなこんなで、レッツ再現調理!
まずは、カラメルソース作り。グラニュー糖と水を鍋に入れて中火で熱し、混ぜずにそのまま煮詰めます。茶色に色づいてき、煙が出てきたら火を止め、お湯を少量加えてのばします。
ポテリン1ポテリン2
液状になったら、バターをぬった型にしいて一旦冷ましておきます。
ポテリン3
その間に、サツマイモの下ごしらえ。サツマイモを蒸し器で柔らかくなるまで蒸し、皮をむいたら漉し器で丁寧に漉します。
※ミキサーを持っている方は、この漉す作業を省いても平気です。
ポテリン4ポテリン5
ポテリン6
次に、プリンダネ作り。漉しておいたサツマイモ、グラニュー糖、生クリーム、片栗粉、牛乳、少量のバニラエッセンスと塩をボウルに投入し、よ~くかき混ぜたら再度漉し器で漉し、なめらかな液体状にします。
※私の場合、家にミキサーがないのでこんな面倒くさい手順になってしまいましたが、ミキサーを持っている方でしたらミキサーに全部ぶちこんでガーッと混ぜてしまえば大丈夫です!
ポテリン7ポテリン8
ポテリン9
ここで先程とは別のボウルを用意し、全卵、卵黄、牛乳、ラム酒を入れて混ぜときます。
ポテリン10ポテリン11
卵がよく混ざったら、それをサツマイモの入ったボウルへ加えて混ぜ合わせます(レシピにはありませんでしたが、念の為にさらに漉し器で漉しておきました)。これで、プリンダネの出来上がりです!
ポテリン12ポテリン13
このプリンダネを小鍋に移し、ごくごく弱火で温めます。火の通しすぎに注意しながらかき混ぜ、全体的にサラッとしてきたら準備OK。
ポテリン14
十分に温まったプリンダネを、カラメルソースをしいておいた型に泡を立てぬよう流し入れ、中火で約二十分蒸します。この際、あんまり強火でするとスが入るので気をつけます。
ポテリン15ポテリン16
蒸しあがったら蒸し器から取り出し、ある程度冷ましてから冷蔵庫にしまって冷やしておきます。
ポテリン17
好きな冷え加減になったら型から慎重にぬき、お皿に盛れば“ポテリン”の完成です!
ポテリン18
サツマイモとカラメルソースの甘い香りがたまりません…。少し表面が割れたりしましたが、そこそこキレイに出来ていたのでほっと一安心です。
ポテリン19
それでは一人分に切り分け、いざ実食!いただきます。
ポテリン20

さて、味の感想ですが…とってもウマママーー!丸ごとサツマイモです!
スプーンですくった時は割としっかりしていてプリンケーキのようなんですが、おもむろに口に入れた途端、ぽってりと濃いサツマイモの旨味と素朴な甘さがジュワワワ~ッと優しく溶けていきます。まるでイモその物をたべているようなねっとり感で、濃厚だけど決してしつこくない自然な甘味が特徴的です。
十分に漉しているはずなのにどこかホコホコしていて、この後味はまさにお芋ならではの醍醐味って感じでした。特に、舌で押し潰れるくらいの柔らかさと、しっとりとした口当たりの滑らかさが素晴らしく、あっという間に口の中でほどけていく為うっとりさせられます。
このプリンにほろ苦いカラメルソースがよく合っており、これらが複雑にとろけ合う事によってさらに奥行きのあるお菓子になっています。うまく言えないのですが、仮に例えるとするならプリンとスイートポテトとクリームブリュレの良さを兼ね備えさせたようなデザートだなと思いました。

手間はかかりますが、本当においしいので断然気に入りました。出来立ての熱い内でも、それはそれでいいらしいので、ふかしいもに飽きたらまた作ってみます!

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.04.13 Tue 11:13  |  おいしそう!

最近あんこさんのブログを発見して、全ての再現料理を読ませていただきました。漫画も料理も大好きな私としては本当に嬉しい限りのブログです!そして何よりあんこさんの親切な写真入りのお料理の作り方が見ていて楽しいです。

そしていつも眺めていては「んまそ~」と思っていたこのポテリン!やっぱりおいしいのですね!

クッキングパパは載っている料理もおいしそうだし、お手軽に作れそうだし、漫画そのものも変な料理勝負とかプライドや理屈っぽさがなく、物語が暖かくて大好きです。しかし、紹介されている料理は作ってみたいと思いながらも実際どんな味がするのか分からないのと仕事が忙しいので中々作ってみる事に踏み出せないでいました。そんな事もありあんこさんのブログを見つけた時、即ブックマークしました!

私もクッキングパパを片手に再現料理をしてみようかと思います!長文失礼しました;

  • #-
  • 京子
  • URL

2010.04.13 Tue 12:34  |  京子さん、はじめまして。

こんにちは、当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

見ていて楽しいと言っていただけて、非常に嬉しかったです(^^)。
こういったご意見を聞くと活力が湧いてきますので、本当に感謝です。
ポテリンは、実際に作ってみると想像以上のおいしさなので感動物でした。
お芋の旨さがなめらかに溶けていくあのおいしさは、未だに懐かしく思い出すくらいです。
『クッキングパパ』は作者の方とアシスタントさんたちが試食をしているとのことで、
全くといっていいほど「おいしくない」という料理が見当たらないので
稀有な料理漫画だと思います(コーラ肉じゃがはどうなのか少し疑問ですが…;)。
ですので、京子さんのクッキングパパ再現のきっかけにこのブログがなったのでしたら、
すっごく光栄です(´∀`)。よろしければ、是非お試しください!

これからも様々な漫画料理を再現していきますので、
お時間が空いた際にまた読んでいただけると幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/414-2995381a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

マンガクッキング in 湯前 メニュー決定!

マンガクッキング in 湯前 メニュー決定!

  • Follow*M フォロー*エム
  • 2011.10.11 23:35

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ