『貧民の食卓』の“あったかトロトロどんぶり純文学風”を再現!

のりたまの原材料名の中にひっそり紛れ込んでいる「こしあん」の文字が、気になって気になって仕方がありません。餡子好きな私としては、見過ごせない公然の秘密です。生きている間に、是非謎を解明したいですね…。
どうも、小さい頃からふりかけご飯や混ぜご飯が大好きなあんこです。

今日再現する漫画料理は、『貧民の食卓』にて主人公・赤柿のおっちゃんが娘・千夏ちゃんや、その男友達の鮎川君に作った“あったかトロトロどんぶり純文学風”です!
あったかトロトロどんぶり純文学風図
鮎川君は、優等生だけど奥手な文学少年というごく普通の中学生で、千夏ちゃんにほのかな片思いをしていています(千夏ちゃんは鈍い上に食い気優先なので、全く気付いていませんが^^;)。ラテン系その日暮らしキャラの多い『貧民の食卓』では珍しく真面目で純朴な性格で、プラプラとプー生活をしている赤柿のおっちゃんにはいつも驚かされっぱなしなキャラです。
ところでこの話の際、赤柿のおっちゃんは千夏ちゃんが鮎川君から借りてきた近代文学の本(食べ物が出てくる本が中心)を興味深げに読むんですが、その時の感想が個性的です。例えば、梶井基次郎の『檸檬』には「あほらし~何がレモンの爆弾や!どーせやったらスイカくらい抱えてどーんといったれや~!」とあきれて笑ったり、志賀直哉の『小僧の神様』には「結局小僧はどんなネタ食うてん!?ウニかイクラか中トロか!?肝心なところ書いてへんやん!」と怒ったり…。正直、私も大学時代『小僧の神様』を講義で紹介された時「何で一番大切な食事描写が書いてないんだー!」と内心もどかしかったので、おっちゃんには非常に共感しました。
おっちゃん流文学論
今回作る“あったかトロトロどんぶり純文学風”は、平安時代を舞台にした芥川龍之介の小説『芋粥』に刺激された赤柿のおっちゃんが、平安時代をテーマにして作った少し変わったとろろ汁かけご飯です。とろろ汁をあまった味噌汁で味付けすると作り方が新鮮だったので、早速再現する事にしました。

という事で、レッツ再現調理!
まずは、主役である山芋の用意。山芋をさっと洗って薄く皮をむき、出来る限り細かくなるように軽~くすりおろします。
あったかトロトロどんぶり1あったかトロトロどんぶり2
山芋を必要な分だけすりおろし終えたらすり鉢に入れ、さらに滑らかになるよう丁寧にすります(この工程は原作にはありませんでしたが、口当たりがいい方が食べやすいのであえてしてみました)。
あったかトロトロどんぶり3
全体がきめ細かくなったら、温めなおした残り物の味噌汁をちょっとずつ加えてのばしながら混ぜます。ちなみに今回、私は豆腐のみの味噌汁を使用してみました。味噌はあわせ味噌、出汁は鰹節と昆布です。
あったかトロトロどんぶり4あったかトロトロどんぶり5
分離せずに混ざったら、そこへ溶き卵、梅干しから種を取ってみじん切りにした物(小梅がおすすめとの事)、ザーサイをみじん切りにした物、白ゴマを投入してさらに混ぜます。
あったかトロトロどんぶり6あったかトロトロどんぶり7
あったかトロトロどんぶり8あったかトロトロどんぶり9
あったかトロトロどんぶり10
とろろ汁がまんべんなく混ざったらあったかいご飯を盛った丼に好きなだけかけ、仕上げに万能ネギを刻んだのを散らせば“あったかトロトロどんぶり純文学風”の完成です!
あったかトロトロどんぶり11
普通のとろろ汁よりも若干粘りが薄めですが、それが逆に食べやすそうで好印象です。味噌汁の優しい香りが鼻に心地いいです…。
あったかトロトロどんぶり12
それでは、温かいうちにいざ実食!いっただっきま~す!

さて、味の感想はというと…トロ~ッと喉越しがよくておいしい(´Д`*)!
味噌汁がベースになっているせいかどこか懐かしい味で、ご飯と一緒にすすりこむとまったり和みます。味噌の優しい風味や豆腐の柔らかさ、そして卵のコクがねっとりトロトロした山芋とすごく相性がよく、後を引くおいしさへと仕上がっていました。絶妙なとろみ加減で、まるでなめこの味噌汁をもっと濃くしたみたいな感じです。正直私は山芋の匂いが苦手なのでとろろ汁がそれ程好きではなかったのですが、この緩めで味噌味のとろろ汁だとうまくいい所だけが引き出され、尚かつ匂いが目立たないので断然好きになりました。
あと、梅干しのさっぱりした酸味、ザーサイの独特の塩気とごま油の香り、万能ねぎの爽やかなシャキシャキ感がいいアクセントになっていてよかったです。色々入っている割には全体的にちゃんとまとまった味でご飯ともよく合っている為、簡素ながらも奥が深い料理だと感じました。軽く食べられるのにそこそこボリュームがあり、栄養も満点な上安あがりなので、色んな場面で重宝しそうです。

とろろ汁の見方が変わる料理なので、苦手な方にもおすすめです!

●出典)『貧民の食卓』 おおつぼマキ/新潮社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/415-def06890
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ