『クッキングパパ』の“だしスパ”を再現!

家の大掃除を手伝っていると、小学校から中学校にかけて美術の時間に描いてきた絵や工作が多数出てきました。手を傷まみれにしながら木と彫刻刀で作った表札、唯一広場に飾られた事がある砂絵、中学校時代に描かされた自分の自画像などなど…。中でも自画像は、美術の先生から「もうちょっと普通に描けない?」「ふざけすぎ」と言われた曰くつきの絵だった為、感慨深かったです。
どうも、昔から絵心がなかったあんこです。

本日再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任の愛妻・虹子さんが家にある材料を思いつきで組み合わせて作った創作料理“だしスパ”です!
だしスパ図
麺を茹でる際に具も一緒に入れて同時に調理してしまうというちょっと変わったスパゲティで、元はと言えば荒岩主任の帰りが遅い時に、虹子さんが冷蔵庫の残りでとっさの機転を働かせて作った偶然の産物な料理です。ポイントなのは干ししいたけをふんだんに使う事で、何でも干ししいたけの出汁がスパゲティにいい味をつけるのだそうです。
手際の方は、事情を知らない(=虹子さんは本当は料理が苦手)ティートさんが「ダイジョーブデスカッ!?」と思わず心配してしまうくらい危なっかしいものでしたが(^^;)、出来上がってみると味は大成功!後で試食した荒岩主任に「うまいじゃないか。どうやって作ったんだこれ?」と不思議がられ、ついには「おまえ本当はすごいセンス持ってるのかもしれないな」と感心させるまでに至ります。
虹子二次災害!
ティートさんや荒岩主任が食べている様子があまりにおいしそうだったので、読んでいる内に食べたくてしょうがなくなってきました。偶然材料が家にそろっていたので、早速作ってみようと思います!

そういう事で、レッツ再現調理!
まずは、材料の用意。玉ねぎとにんじんは五ミリ角、細ねぎは小口切りにし、にんにくは薄切りに切っておきます。
だしスパ1だしスパ2
だしスパ3
小鍋でお湯を沸かしたら干ししいたけを入れ、柔らかく戻るまで煮ます。お湯が出汁色に色づいて干ししいたけも戻ったら取り出し、軸を切り取って一口大にスライスしておきます(軸は使わないので、捨てちゃって下さい)。
※実は本当の手順だと、スパゲティを茹でている時に入れて戻すのですが、私の場合虹子さんに負けず劣らず手際が悪くてスパゲティが伸びないか不安だった為、先に入れて戻してしまいました。原作に忠実でなくてすみません。
だしスパ4だしスパ5
次は、茹で作業。
先程の出汁が入った小鍋を再度沸騰させて塩を入れ、スパゲティとスライスした干ししいたけを加えます。
だしスパ6だしスパ7
だしスパ8
スパゲティが茹で上がる約二分前ににんじんとにんにく、約三十秒前に玉ねぎを投入して混ぜ、火を通します。
だしスパ9だしスパ10
スパゲティが茹で上がったらザルにあけて水気をきり、バターを入れて全体に絡め、塩・こしょうで味を調えます。
だしスパ11だしスパ12
だしスパ13
スパゲティと具をお皿に盛り、仕上げに細ねぎを上から散らせば“だしスパ”の完成です!
だしスパ14
干ししいたけとバターのふくよかな香りがあたりに漂い、ほんのり癒されます。色合いも優しく、イメージとしてはおばあちゃんちで出されるスパゲティって感じです。
だしスパ15
それでは、いざ実食!いただきまーす。
だしスパ16

さて、味の感想はというと…見た目通り、あっさりしておいしいです!
味は淡白な方なんですが決して薄い訳ではなく、一口二口と食べ進めて行く内に徐々にちょうどいい濃さに落ち着いていき、食べ終わる頃には程よい満腹感に満足します。子どもからお年寄りにまで安心して出せるスパゲティだと思いました。後味が極めてさっぱりしているので胃もたれが全くなく、最初から最後まで爽やかに食べる事が出来るのもポイントが高かったです。
スパゲティや具材に干しシイタケの出汁がほんのりと染み込んでおり、単純な味付けしかしていないにも関わらず全体的にしみじみとした深い味わいが施されていたのに感心しました。また、にんにくやバターの風味がともすれば物足りなくなりがちなスパゲティに適度なコクをプラスしており、なかなかいい仕事をしています。他にも、玉ねぎのシャキシャキ感、にんじんの甘さ、細ねぎの清々しい香りが和風ベースなスパゲティによく合っていたのもよかったです。

濃厚なスパゲティが好きな方は「うーん……」かもしれませんが、シンプルなスパゲティソースが好きな方には気に入って頂けると思います。干しシイタケは多ければ多い程おいしくなるので、たっぷり用意する事をおすすめします(^^)。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/422-77292634
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ