『クッキングパパ』の“ニラとじ丼”を再現!

今更ですが、約一ヵ月前に二十四歳の誕生日を迎えました。正直、あまり祝う気にはなれません。江戸時代では二十歳を「年増」、二十五歳を「中年増」、そして三十歳を「大年増」(「姥桜」とする文献もある)と呼んでいた事を知り、余計にその想いが強まっています。何というか、いくら平均寿命が短い時代でもそりゃないよって感じです。まあ、食べ物と同じで人間も熟れてからが本番勝負だと信じて頑張ります。
どうも、味のある人間になりたいと願うあんこです。

今回再現する漫画料理は、『クッキングパパ』にて荒岩主任が一人暮らしのおじいさんにあっという間に作って出した“ニラとじ丼”です!
ニラとじ丼図
この料理の特徴は、とにかく簡単で必要な材料が少ないところ!何とニラ、卵、ご飯、酒、醤油、油さえあればすぐに作れますし、所要時間は約二~三分というかなりのスピード料理なんです。これには「料理は難しい!無理!」と言っていたおじいさんもびっくりで、それまでスーパーのお惣菜にしか手を伸ばそうとしなかったのが、一気にお料理好きへと変化させるのに成功したくらいです。
荒岩主任は策士
“ニラとじ丼”を食べるおじいさんの幸せそうな様子が本当においしそうだったので、読んでいる内に猛烈に食べたくなりました。せっかくレシピも材料もある事ですし、早速再現してみます!
博多のおじいちゃん

という訳で、レッツ再現調理!
まずは、材料の下準備。ニラは水洗いをした後に水気を切り、根元の方を約二センチ程切り落としてから、五~六センチの長さに手でちぎっておきます。卵はボウルに入れて何も加えずにさっとかき混ぜ、ご飯(蒸気があがるくらいの熱いご飯がおすすめ)は既に丼によそっておきます。
ニラとじ丼1ニラとじ丼2
ニラとじ丼8
次は、炒め作業。ここからは、手早くやるのがポイントです。
フライパンを中火で熱して油をしき、先程のニラを投入してさっとかき混ぜながら炒めます。
ニラとじ丼3
ニラの大半がまだ生っぽい内に素早く酒を入れ、ひと煮立ちさせてアルコール分を飛ばします。
ニラとじ丼4ニラとじ丼5
酒が沸騰したら醤油を入れて混ぜ(好きな濃さでOKだそうです)、すぐに溶き卵を注いでフタをとじます。この時、溶き卵はニラ全体にまぶすようにして回しかけるのがコツみたいです。フタをしたら急いで弱火にし、十五秒火にかけます。
ニラとじ丼6ニラとじ丼7
ニラとじ丼9ニラとじ丼10
十五秒経過したら火を消してさらに十秒置いて蒸らし、フタをあけて丼ご飯の上へすべらせながら汁ごと乗せたら“ニラとじ丼”の完成です!
ニラとじ丼11
ニラと醤油の素晴らしくいい香りが鼻をくすぐります。つやつやした卵とニラの鮮やかな緑がきれいで、食欲がわいてきます。
ニラとじ丼12
それでは、冷めてしまう前にいざ実食!いただきまーす。
ニラとじ丼13

さて、味の感想は…結構ウマーーー(゜Д゜)!熱々の内にバクバク食べると、最高です!
ニラを酒と醤油で味付けして卵でとじただけの物が、何故こんなに複雑な味となり、尚かつご飯に合うのか…。本当、不思議で仕方がありません。出汁も砂糖も加えていないはずなのに、ニラと卵の深い味わいが口の中で優しくふわ~っととろけ、食べると箸が次から次へと進みます。他の丼物に比べて薄めではあるものの、決して淡白過ぎるボケた味ではなく、程よく調和した旨さを持つ丼でした。
恐らくこのおいしさは、ほとんどがニラのおかげだと思います。ニラのしんなりしているようでザクザクシャキシャキした歯触り、野性味の強い香り、そして独特な甘味と風味が卵とつゆに余す所なく溶け込んだからこそ、ここまでの完成度になったんだと感じました。また、ギリギリに固まったくらいの煮卵が全体をうまくまとめているのもいい感じです。

ただ、一つ問題があるとするなら、五~六センチの長さのニラが少し食べにくかったという事です。なので、せめて三~四センチの長さにちぎった方がよさそうです。それ以外は、とってもよかったです。

P.S.昨日、豚の死肉フライ卵あえかけごはん『美少女戦士セーラームーン』の“まこちゃんの手作りお弁当”を再現!の記事に拍手コメントをしてくださった方、ありがとうございます。田中魔王君や野獣は未だに大好きなので、知っている方がいてすごく嬉しいです(相方・マサル君とその周辺でも評判良)。あと、まこちゃんのお弁当の巾着疑惑は、私はずっと傍らに置いてある手縫いらしきリボン付きのかわいい巾着袋だと解釈していました(^^;)。違うかもしれないのですね、留意しておきます…。

●出典)『クッキングパパ』 うえやまとち/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2009.12.17 Thu 15:14  |  おめでとうございました

1ヶ月前のお誕生日、おめでとうございました。

>江戸時代では二十歳を「年増」、二十五歳を「中年増」、そして三十歳を「大年増」(「姥桜」とする文献もある)と呼んでいた・・

これを読んでひそかにかなりの衝撃を受けました・・。
すでに姥桜ですが、あんこさんと同じように味のある人間になりたいと思います・・・。

ニラ玉丼おいしそうですね!
たしかに、手軽な材料でさっと作れてしまうのが良さげです。甘くないのが逆にごはんに合いそうですね。

  • #-
  • りく
  • URL

2009.12.17 Thu 19:11  |  ありがとうございます(^^)。

りくさん、こんばんは!当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。お祝いの言葉、嬉しかったです。

江戸時代の年齢認識、私もかなり衝撃的でした。挙句の果てには、「十九歳の未婚娘は売れ残り(?!)」という考えすらあったらしいので、つい「江戸の男達、調子に乗るな!」と腹を立ててしまいました(^^;)。
こんな風にまだ未熟なので、りくさんに味のある人間と言われて大変恐縮です;。精進します…。

醤油味のニラ玉とご飯は本当に相性がいいので、個人的にはイチ押しの丼です。材料費も時間もいらないので、助かります。
このままのレシピでも十分おいしいですが、麺つゆも一緒に加えて作ったのもなかなか美味だったので、それもおすすめです。

  • #xNYelOkA
  • あんこ
  • URL
  • Edit

2010.11.04 Thu 05:30  |  もうすぐですね?

あんこさん、ということは、今月がお誕生ですか?

早いかもしれませんが、おめでとうございます!!

知識も豊富で、丁寧で、料理上手で、ユーモアセンスもあって、そして、これから25歳がはじまるなんて、すばらしいです!

私の中では女性は25歳くらいからが一番いいときが始まると思っています(笑)

あまり確かな記憶ではないのですが、パタリロを家族で読んでいて、40をすぎたら猫又になると言うのを読んで、母は猫又だねと話していたのを思い出しました(笑)もう少ししたら半世紀だね、と兄が言っていましたが、その母ももう少しで赤いちゃんちゃんこです。

年は重ねていくごとにでる魅力があると思います。
聖書の中の、「しらがは栄えの冠である。正しく生きることによってそれが得られる。」は私の好きな言葉の一つです(笑)
と、長くなってしまいました。。

ニラとじ丼、私も作りました!あっという間にできて、おいしかったです!
でも、主人から一言。
「おいしかった!すごく味はいい!でも、足りない。。」
と言われた一品でした(笑)

  • #-
  • 花売り
  • URL

2010.11.04 Thu 23:07  |  花売りさん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

はい、実は今月が誕生月です(^^)。
お祝いのお言葉を頂けて、すごく嬉しかったです。ありがとうございます!
でも、その後に続けて書かれている私にはとても勿体なさすぎるお褒めのお言葉には、心から\(´Д`;)丿アワワワと狼狽してしまいました;。
いえいえ、私はそんな立派な女性ではなく、むしろ落ちこぼれのトンチンカン人間ですので恐縮しまくりです;。

私も正直、これからが本番だと考えています。
当ブログやその他の趣味の世界、結婚や子育てといった家庭生活、そして現在している仕事(と言っても、はっきり言って一生パシり決定の誰でも出来る内容なので大した事ないんですがorz)も、これからの年代だからこそ楽しめる事がてんこ盛りだと考えています。
それに、実を言いますと個人的に「柔軟な感性」はある程度歳を取らないと絶対に手に入らない宝物だと思っている為、これ以後物の見方や感じ方がどう変化していくか非常にワクワクしています。
人はよくも悪くも変わる生き物なので、私は果たしてどちら方面に進化するのか少し恐くもありますが、今はとにかく少しずつ過ぎ行く日々を慈しんでいきたいです。
そして、いずれは私も「栄えの冠」を清々しい心持ちの状態で手に入れたいな~としみじみ思いました。
それにしても、花売りさんのお母様と猫又のエピソードはかなり微笑ましく、つい頬が緩んでしまいました。

ニラ玉丼、私も初めて作って以来すっかり虜になってます(^^*)。
なので、花売りさんとご主人さんに気に入って頂けて嬉しかったです。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/427-c6a9e82c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ