『クッキングカンタンタン』の“クラーブラックス”を再現!

寒い時、お布団に猫が入っているとぬっくぬくで癒されるという事をネットでよく見ますが、私には味わえない幸福なので羨ましいです。何故なら、私は猫好きなのに強烈な猫アレルギー持ち(鼻水、くしゃみ、目や肌の痒みなど)という悲劇を体現している人間なので…orz。
こんにちは、我慢できない時はくしゃみや痒みをもろともせずに猫をモフるあんこです。

今回再現する漫画料理は、『クッキングカンタンタン』内のある一話にて熊の親子がバイキングから教わって以来作っている鮭料理“クラーブラックス”です!
クラーブラックス図
これはたけだみりこ先生が北欧のバイキング料理から着想を得て考え出したレシピで、つきつめて言ってしまうと「簡易版鮭のハーブ風味の塩漬け」です。本格的に“クラーブラックス”を作ろうとすると、高いハーブを何種類も用意したり、最低でも二~三日の漬け込み時間が必要になったりと、お金も時間もそこそこかかるそうなのですが、その点『クッキングカンタンタン』はとても簡単!ハーブはパセリのみでもいいですし(あるならディルでも可)、時間も約一日で済みますのでうんと楽に作れます。もちろん、元はと言えば保存食料なので一週間の冷蔵保存も出来ます。
作中では「生でもない…スモークサーモンでもない…」と表現されていた為、どんな味なのかすごく気になっていました。
生でもスモークサーモンでもない
思い立ったが吉日なので、早速再現してみます!

という事で、レッツ再現調理!
まずは、鮭の下準備。小皿に入れて混ぜておいた塩・砂糖・荒挽きこしょうを、生食用の鮭にまぶしてよくすりこみます(鮭は刺身用のサクでもいいそうです。皮はついたままでも大丈夫との事)。
クラーブラックス1クラーブラックス2
クラーブラックス3
ラップを長めに切ったら、その上に洗っておいたパセリ→鮭→パセリの順にのせ、ラップでくるんでポリ袋の中に入れます。要は、鮭をパセリでサンドすればOKなのだそうです。
クラーブラックス4
クラーブラックス5
クラーブラックス6
クラーブラックス7
クラーブラックス8
この鮭入りポリ袋を、バットやスチロールトレーといった平らな容器の間に挟み(私の場合、平らなお皿と鮭の入っていた容器で代用しました)、缶詰などの重しをのせて冷蔵庫に約二十四時間入れておきます。
クラーブラックス9
クラーブラックス10
時間がたったらポリ袋から出し、ラップとパセリを鮭から取り除きます。
クラーブラックス11クラーブラックス12
クラーブラックス13
鮭についている余分な水分をキッチンペーパーで軽くふいたら、よく切れる包丁を少し寝かせながらななめにそぐようにして薄く切ります。
クラーブラックス14
この鮭を放射線状になるようにお皿へ盛り付け、傍らにレタス、粒マスタード、レモンを添えたら“クラーブラックス”の完成です!
クラーブラックス15
見た目は驚く程スモークサーモンにぴったりで、強いて言うなら少々色が鮮やかな?というくらいです。切っている時、しっとりとした手触りが印象的でした(ちなみに、レモンはうっかりしていて家になかったので、代わりにポッカレモンを小皿に入れて添えときました;)。
クラーブラックス16
それでは、いざ実食!いただきますっ!
クラーブラックス17

さて、味の感想ですが…ウマーーー!まさしく新食感です(・∀・)!
口に含んで噛んだ途端、クニュッとした弾力の後に鮭のコクや風味が柔らかく溶けだす為、思わずうっとりします。スモークサーモンと果てしなく似ているのですが、それよりは肉質がはるかに瑞々しく、十分に旨味のエキスが残っていると思いました。作中では、「トロリとした舌触りと飲み込む時のなめらかさは、スモークサーモンとはまた違うおいしさ」と表現されているのですが、本当にそんな感じです。
この切り身に、ほのかな辛さと独特の風味を持つ粒マスタード、サッパリとした酸味のレモン汁をつけて食べると、単に塩こしょうしてパセリに挟んで寝かしただけとは到底思えない、まるでマリネに一仕事したような複雑な旨さを味わえます。傍らに添えられているレタスも箸休めとして最適ですし、見事な一品料理でした。まだ試してはいませんが、ワインやビールのおつまみにしてもよく合いそうですし、お客様用としてお出ししても喜ばれそうです。

手間と実費を考えると、恐ろしい程得をした気分に浸れる料理です。鮭が安い時に、また作ろうと思いました。

●出典)『クッキングカンタンタン』 たけだみりこ/永岡書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2010.08.03 Tue 12:28  |  

今日はなんかレスしまくりDay

晩酌のつまみなんだけど
卵の味噌漬けも今夜なくなるからこれを仕込んでおくか!
スモサ大好物なんでwktk

しっかしこのサイト実用度高いなー
さんきゅさんきゅ

  • #-
  • 三世
  • URL

2010.08.03 Tue 20:14  |  三世さん、こんばんは。

当ブログの管理人・あんこです。
コメントをして下さり、ありがとうございます。

本日は沢山ご意見やご感想を頂けて、私も非常に嬉しく感じた一日でした(^^)。
卵の味噌漬けは、おつまみに最適なこっくりした旨味とねっとりした舌触りがいいですよね~。
ストックしたのを食べ終わる時、私はいつも(´・ω・`)な顔になってます;。
クラーブラックスはスモークサーモン程の燻製臭やコクはありませんが、瑞々しい身質や独特のしっとりした旨さが半端ない鮭料理ですので、すごくおすすめです!
パセリの香味が染み込んでて、生ともスモークサーモンとも違った新しい味が特徴的ですよ~。

実用度が高いと言って頂けて、すごく嬉しかったです(^^*)。
これからも色々な漫画料理を再現していきますので、
お手隙の際にまた読んで頂けますと幸いです。

  • #-
  • あんこ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/432-d053c517
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ